宝塚記念2018予想|最終結論|買わない人気馬は?

宝塚記念2018予想|最終結論|買わない人気馬は?

【宝塚記念枠順考察】

これをLINE@で今週無料配信!
(配信以降に追加された方はホーム画面に記載してあるので、いつ追加でも問題ありません)

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

最新入手情報やワンポイントアドバイスを
随時無料メルマガにて配信中!

▼過去の主な的中実績

2018-6-03
東京09R[ホンコンJCT]
三連複 06-08-03
配当:1,488,300円

2018-5-20
京都11R[下鴨ステークス]
三連単 01-04-06
配当:282,550円

2018-5-13
新潟12R[飛竜特別]
三連単 10-14-06
配当:1,814,400円

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【宝塚記念】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

無料登録はこちらです

出走馬分析

サトノダイヤモンド

持続性能が武器だが、そのタイプ特有の加速の悪さやスピードの低さなどといった操縦性の低さがない事で、

常に安定して自らの土俵に引きずり込むことが可能なのが強みで、これはほぼコース不問で活きてくるでしょう。

あまりにも瞬発力特化になったりする新潟あたりは走る馬ではありませんし弱点は小さいと思います。

しかし近走はその競馬に持ち込む事なく敗れています。

これは前半~中盤要素に不安要素が出てきたというよりは乗り方や展開という外因的な要素によるもの。

今回にしてもある程度早めから動いていく競馬をすればチャンスでしょう。

とにかく直線勝負での出し抜きだけは喰らわない意識で乗ってくれれば。

詳細分析はこちら↓
サトノダイヤモンドは復活なるか?

ダンビュライト

ベストバウトだと考えている皐月賞では淡々とした流れのレースで内をすくったアルアインとペルシアンナイトに次ぐ3着。

4角で外目から一気にポジションを奪いに行った当馬に対してアルアインは内目を通っていきラスト1F付近の脚で付けた差を残しきって1着。

それに対して最後は再度着差を詰めての3着で内容は上位2頭にも匹敵する内容で持続性能は高く評価できます。

直線でのスムーズさを考えれば勝っていてもおかしくない能力まで見せました。

ただここで勝ち切れなかったのは瞬発力がやや劣ったという事。

流れたペースでも一脚を使えて、持続性能も平均よりは高くで瞬発力も脚を引っ張るレベルではない。

これがこの安定はするものの勝ち切れない理由。

ラスト5Fからレースを動かしていってという程尖った馬であれば嵌れば勝つのだが、

高水準でまとまっているがレースを支配できるレベルの要素がないので、

まとめては来るが嵌った馬にやられて3着というのがこの馬のキャラ。

サトノ2騎が理想のロンスパ戦というよりは淡々と流していく形が理想で、

スローからのロンスパ戦に乗っかると大阪杯のパターンになりそう。

詳細分析はこちら↓
ダンビュライトが武豊との再コンビで主役に?

ヴィヴロス

昨年ドバイでとてつもないメンバーで勝利し、今年も着差はあったものの2着好走した当馬。

ただ個人的には現状これ!という強さが見つけられていない馬です。

というのもスローペースだと瞬発力で見劣りしてしまいますしペース流れると後方からになります。

エリザベス女王杯で持続性能に見劣りを感じましたが距離が長かったからと仮定し、

府中牝馬は前詰まりなので度外視として、

スローペース×1800mを中団前目からやや早仕掛けで脚を出し切るのがベストなのかなという推測は出来ます。

少なくともスローペースを直線のみの瞬発力勝負にしてしまうと一線級では見劣りしてしまう可能性が高いです。

流れたペースを後ろで構えて脚を出し切る形も合う可能性が高いです。

何にせよ好走は相手依存のパターンが多いのが強さがはっきりわからない要因。

能力は認めますが、ドバイでメイチからの海外帰り1戦目で人気となると不安が勝ります。

タフな流れを作り出しそうな馬もいるのでその中で2200mでどこまでやれるのかが争点。

詳細分析はこちら↓
ヴィヴロスはドバイ帰りでも?

パフォーマプロミス

近走中長距離路線で頭角を現してきた当馬。

近走はいずれもスローペースをしっかりポジションを取りラスト脚を伸ばしての勝利。

直線で極端に速い瞬間的な切れ味でリードを作り押し切るタイプではなく、

中速の脚を3F強じっくり使う競馬で結果を残してきている。

つまり瞬発力は平凡なので渋って瞬間的な脚が求められないのはプラス。

しかし前半から中盤のポジションは絶対条件でしょう。

ポジション後ろからで差し切る脚はありませんし、

4F戦で優位に立てるほど偏った性能ではないので。

スローペースでポジション取れれば、ここでも通用級は認めますが

流れたペースを想定すると厳しいという見解です。

この想定次第で扱いを変えるのがこの馬の評価に直結というのが結論です。

キセキ

神戸新聞杯ではラスト3F最速をラストまで伸びるもレイデオロに敗戦。

ポジションはレイデオロが前にいたので完敗の内容。

しかし、それでも持続性能には長けていると言えるもの。

そして菊花賞は不良馬場の長距離を勝利と、

明らかにダメージ大きそうなレースでその後不振。

前走もいい所なしに近い内容で復活しているかは判断不能。

良い頃にあるとすればレイデオロに見劣ったとはいえ、

持続性能は充分G1でも勝負できるレベルだとは思います。

ただ状態面という大きな壁があり、

それを取っ払った上でも超一流といえるレベルまではないならば、

少しリスク先行に感じますし、4F戦想定で相手でどうかまで。

この手の能動的な競馬を強いられるタイプにデムーロ騎手は抜群ですが、

馬が対応できるかが半信半疑なのでこのくらいに留めるのがベターという判断。

サトノクラウン

当馬のなによりの持ち味は持続性能。

瞬発力に関してはG1では中位~下位に位置する馬。

ただ持続性能はトップクラスでここを最大限に活かす事が出来ればG1でも勝負できる。

速い脚を直線で求められてしまうとそこで置いて行かれて終了。

この点に関しては重たい馬場は大歓迎です。

あと取り付くタイミングも必須。

このタイミングについては待ってしまうとそのまま後方で直線進入で終了がある。

ただ中盤から取り付いても持つだけの持続性能があるので、

かなり積極性を持って騎乗してほしい馬です。

馬場は向くので直線への入り方次第では勝ち切りも見えるでしょう。

ドバイ帰りも不安ですが、その点はしっかり人気に反映されているので、

とりあえずは展開想定で印を決めるくらいの気持ちで。

買わない人気馬は?

こちら⇒人気ブログランキングへ
(紹介文に記載)


無料予想掲載サイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【宝塚記念】

>>今回限り特別無料配信!<<

※ 早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績の一部がこちら!

05/13・東京11R   63万6400円的中
05/13・京都03R   31万0140円的中
05/12・京都12R   28万8000円的中
04/29・新潟07R   133万6860円的中
04/29・東京03R   37万9530円的中
04/28・京都12R   20万6200円的中
04/15・中山11R   111万6240円的中
04/15・中山09R   45万7900円的中

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯封馬券を含む高額馬券を多数的中!!

今週も自信の高いレースが揃っています!

▼宝塚記念の勝負馬券
  衝撃のデータ情報を無料入手!!▼
無料登録はこちらから!!