安田記念2018|出走予定馬分析|ペルシアンナイトは東京苦手?

安田記念2018|出走予定馬分析|ペルシアンナイトは東京苦手?

安田記念予想オッズ

【安田記念枠順考察】

これをLINE@で今週無料配信!(配信以降に追加された方はホーム画面に記載してあるので、いつ追加でも問題ありません)

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「安田記念」

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

04/29・東京09R   58万9400円的中
04/29・新潟11R   68万1200円的中
04/14・中山06R   5万5750円的中
04/14・阪神11R   9万6900円的中
04/08・福島12R   49万4000円的中
03/31・阪神09R   2万5500円的中

その他的中実績はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ペルシアンナイトは東京苦手?

大阪杯2着で中距離戦線で結果を残して参戦してくるペルシアンナイト。

スワーヴリチャードと違い距離不安は小さいが東京未勝利の原因は?過去レースから検証していきます。

過去レース分析

アーリントンC
着順:1着
前後半3F:35.3-35.0
ラスト4F:11.9-11.4-11.3-12.3

評価
前後半3Fでは平均ペース程度だがラスト5Fから11.9-11.9-11.4-11.3-12.3と段階的に加速していくラップでやや持続性能も問われた展開。当馬はラスト3Fから先頭との差を一気に詰めてラスト1F地点までの間に差しきり。ラスト2F地点では10秒台まで使っているのである程度瞬発力も示した。ラスト5Fから11秒台に入り息が入らなかった中でこの脚を引き出せたのは高評価。


皐月賞
着順:2着
前後半3F:35.1-34.5
ラスト4F:11.9-11.4-11.4-11.7

評価
後方からの競馬。ラスト5F12.4秒と息が入ったところからラスト4F地点にかけて内ラチ沿いからポジションを押し上げて先頭集団に取りついた。そこからレースは11.4-11.4-11.7と展開していくわけですが当馬単体で見ればラスト2F地点で一度抜け出してゴール直前にアルアインに捕まったという内容。ラスト5F地点から11秒台に入れてゴール寸前まで粘っている訳なので持続性能は高いでしょう。そこから直線で更に一脚使えているのも良い点。ロスのない立ち回りと緩んだところで先頭集団に取りつけたのは展開向いたとも好騎乗とも言えますが能力なくできる競馬ではないでしょう。


ダービー
着順:7着
前後半3F:37.1-33.8
ラスト4F:12.7-11.5-10.9-11.4

評価
直線だけで考えればラスト2F地点で最高速が見劣った分での敗戦とも言えるのですが、道中かなり行きたがったところを抑える場面が目立ちましたし行かせたのもレイデオロに捲られてから後出しでちょっとチグハグしてしまいました。距離も主戦場ではないですしそのロスを考えればラストの脚が足りなかったのを能力差と結論付けるのは控えた方がいいかなと思います。


富士S
着順:5着
前後半3F:35.6-35.0
ラスト4F:12.0-11.2-11.2-12.6

評価
不良馬場で行われたレース。当日全く伸びなかったインを突いた分ラスト伸びずに敗戦というレース。ここは馬場によるものが大きいので評価し難い。評価を下げる可能性はないが馬場差を考えて5着なら少し評価上げても良いレース。


マイルCS
着順:1着
前後半3F:34.6-35.2
ラスト4F:11.9-11.5-11.6-12.1

評価
ほぼ最後方集団にいたのでラップ分析は少々難しい。コーナーをしっかり加速しながら回りながらも膨れ過ぎずに即進路確保。そこから一気に先頭に迫るわけではなく直線を使い切ってのの差しきりなのでやはり持続性能で差しきったか。


中山記念
着順:5着
前後半3F:36.2-36.6
ラスト4F:11.8-12.2-11.9-12.5

評価
※中山記念回顧より抜粋

マルターズアポジーとアエロリットが大きく離して2番手集団はそれらを無視する流れ。結果的にはこれが厳しかったです。前2頭は速いペースを物ともしないタイプで一脚使ってくるのでリードを作られすぎると残ってしまいます。この2頭の馬のレベルに好きなようにやらせた上で差しきるとなると流石にG1級の馬でも厳しくなりますし、ましてや仕上げ途上となれば当然難しいです。

まず前2頭に敗れた理由はこれ。そして後2頭のウインブライトとサクラアンプルールに対しては、ウインブライトには上述した理由でサクラアンプルールに対してもコーナリングの差と位置取りの差が響きました。

コーナー勝負にならない為にもう少し早く押し上げればという事はありますが、前哨戦のここでそういったここを勝ち切る為に負担の大きい競馬はしたくないですし結果的には『中山記念は1番人気が不振』と言われている要因が当馬にも嵌ってしまった感じ。

・前哨戦故の仕上げ途上の分
・前哨戦仕様の無難な騎乗で持ち味出し切れなかった=先着した馬は持ち味活かした分の差で能力評価は落とさない

大阪杯
着順:2着
前後半3F:36.5-34.1
ラスト4F:11.2-11.1-11.4-11.6

評価
スワーヴリチャードの捲りでかなり仕掛け所の速いロンスパ戦に。コーナー最速となったが内で立ち回り前目との差は小さい状態で直線へ。ここはこれまで見せてきた持続性能が活きる流れかつ、前目の馬には厳しい流れで台頭してきたレース。


まだ明確な欠点を見せていない馬。ただどちらかというと持続性能に寄った馬だと思っています。これまで長く脚を引き出す場面が何度もありました。

そしてもう一つの強みがペース依存度の低さ。ハイペースをまともに経験したことはないのでそこまでの対応力はわかりませんが少なくとも平均ペースを前目で進めても一脚使うことはできるでしょう。

安田記念での扱いは?不安要素は?

まず東京不安に関しては捉え方次第では特にないのかなと思っています。

ダービーは距離と瞬発力で、富士Sは馬場が敗因になるのでコース適正という意味では特に不安はないでしょう。

ただ結果的にという点で瞬発力勝負になった際に10秒台近いラップを求められる可能性があり、

スローペースで直線向いた段階で先頭と差があると瞬発力はそこまでないので出し抜けをくらう可能性はあるのが不安になります。

しかし基本的には持続性能高い馬なので脚を出し切りやすいコースにはなりますし、安田記念ならラスト3F最速になる事も多いので向く可能性の方が高く感じます。

ある程度のポジションを確保して直線出し切る展開になればベストですし、流れたペースでも脚を発揮できるので好走パターンは多い馬で不安要素は小さい馬でしょう。

ただG1級で明確な武器があるわけではないので、他馬との力関係で印を決めたい。

現時点扱い予定は?

【ペルシアンナイトの馬券での扱い予定は?】
(5月31日中のみ掲載)

こちら⇒人気ブログランキングへ
(紹介文に記載)


無料予想掲載サイト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【安田記念】

>>今回限り特別無料配信!<<

※ 早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績の一部がこちら!

05/13・東京11R   63万6400円的中
05/13・京都03R   31万0140円的中
05/12・京都12R   28万8000円的中
04/29・新潟07R   133万6860円的中
04/29・東京03R   37万9530円的中
04/28・京都12R   20万6200円的中
04/15・中山11R   111万6240円的中
04/15・中山09R   45万7900円的中

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯封馬券を含む高額馬券を多数的中!!

今週も自信の高いレースが揃っています!

▼安田記念の勝負馬券
  衝撃のデータ情報を無料入手!!▼
無料登録はこちらから!!