ダービー2018予想|最終結論(人気馬9頭徹底分析)

ダービー2018予想|最終結論(人気馬9頭徹底分析)

―【PR】―――――――――――――――
業界屈指!断トツの”的中実績!”
━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

■先日も【新潟07R 4歳上500万】にて

「445万6200円」的中!

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「ダービー」

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

04/29・東京09R   58万9400円的中
04/29・新潟11R   68万1200円的中
04/14・中山06R   5万5750円的中
04/14・阪神11R   9万6900円的中
04/08・福島12R   49万4000円的中
03/31・阪神09R   2万5500円的中

その他HIGH VOLTAGEの的中実績はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダービー出走馬分析

ダノンプレミアム

不安要素はやはり距離延長。単純に適正としてこなせるかというよりは流石に2400mで掛かってしまうと厳しいだろうという所。

これまで圧倒的スピードを制御しながらの競馬で、序盤は行きたがる面を見せているので不安はある。

2400mでこれまで抑えていたスピードを解放してしまう競馬というのは、少しリスキーですし、これまで同様の競馬になると思います。

ただ、折り合い面を不安視する気持ちもあるが結局しっかり2番手で折り合ってきているのも事実。序盤抑えているのも単純にスピードの違いからハナに立つのを拒んでいるだけでしょう。

前目から瞬発力も発揮できますし、早いペースで完封という競馬も可能なので現状危険視するのは少し難しく感じます。

後は当馬より上に扱える馬が何頭見つけられるかという視点で考えた方が良さそうです。

考察全文は→ダノンプレミアムの強さとは?

ブラストワンピース

不安要素はあまり高い可能性ではないとは言え、ペースが流れた場合に脚を発揮できるかでしょう。

タイプ的にはペース流れた場合は前半の位置を少し下げて後半の内容自体は変わらずにまとめてくるタイプにあたる可能性が高いと思うので、そこまで不安視する必要はないかと思いますが。

ただ、平均程度で後方に構えてしまうと流れても前目から脚を発揮できるダノンプレミアムには及ばない可能性が高いでしょう。

ダノンプレミアム比較ではスローペースを前目からラスト3F最速で出し切る競馬にすれば勝機が出てくると思います。

別路線組ではあるものの、先週オークスのサトノワルキューレとは違い戴冠の可能性まで十分見える馬だと考えていいでしょう。

考察全文は→遅れてきた大物ブラストワンピースはダービーで戴冠なるか?

ワグネリアン

まず前走の皐月賞に関しては度外視でいいと思います。

完全に展開不向きの形で敗戦止む無しといった競馬でした。

もちろん今回もその敗因になってしまう可能性も否めませんが、東京コースであればコーナーでそこまで無茶を要求される可能性も低いですし、

持続性能に寄った馬で、この手の器用とは言えないスローからの出し切る競馬が得意なタイプは距離伸びた方がいいことが多いので、その点からも前進できる要素は多いです。

当馬自体の不安要素という意味ではあまり多くは感じません。

それよりも、はっきりわかっているだけでも強い2頭が参戦してくることが最も大きな障壁で、前進できる要素でこれら2頭に対してどこまでやれるかが焦点。

この手の馬が負けるのが前から出し抜いてくるタイプ。スローなら前目から瞬発力発揮できるタイプ、ハイペースなら流れても一脚使えるタイプにやられます。

ワグネリアンは前半から中盤要素を詰めていかないと、能力差で完封できるレベルでないとどうしても相手依存で勝ち切れなくなってくるタイプとも言えます。

今回で言えばダノンプレミアムはまさにその当馬の相性が悪いタイプです。今までの競馬だとあまりこれに勝てるイメージは湧きません。

適正合いそうな東京に加えて、少し前目で進めたうえで直線目一杯の競馬ができれば勝機もあるか。福永騎手には前半~中盤にかけて強気に乗ってもらいたいです。

それでもブラストワンピースとは好走パターンが近いので、こことは力比べになりますし、ここは枠出てから比較かなと。
※枠後の評価は下記LINE@に掲載

考察全文は→ワグネリアンは皐月賞から挽回できるか?

エポカドーロ

まずは、皐月賞回顧時に書いたダービーへの展望から。

さて見事1冠目を獲得したエポカドーロですがダービーも制覇できるのでしょうか?父に続く3冠への1歩目を歩み出した事で期待は広がりますが、冷静に分析してみます。

正直に言うと、現状はダービー制覇は簡単ではないかなと。それほど皐月賞への適性が高かったと判断しています。

ダービーとなると後方から後半勝負に徹する馬達が直線のみで足りてしまう可能性が高いです。

そうなるとコーナー最速を入れて後方馬の脚を削いでリードを守り切る競馬の土俵に乗ってきてくれない、そして乗らずとも直線だけで差し込んでくるのではないかと考えています。

出し切る競馬になればスプリングSでもステルヴィオに差されたように、今回の着差ほど絶対的な強さはないですし人気するならば期待値は低くなってきそうな感じはします。

それでもペースをある程度ながしていって後半要素を小さくなるなどの工夫はできるので、ある程度まとめてくる可能性は充分あるので圏内の1頭であるという評価はしています。

今回が人気薄かつ渋った馬場で荒れたレース展開だったので、フロック扱いで人気してこないなら扱い方に悩みますね。

これが全てで本当に今回は扱いが難しい馬。

しかし、ダノンプレミアムの出走は味方しそうです。ダノンプレミアムがペースを流せばそこからでも一脚使えるのは大きな武器になる。

枠の並び次第では再び評価も視野に入れたい。
※枠後の評価は下記LINE@に掲載

考察全文は→エポカドーロの前走はフロックなのか?2冠は可能か?

キタノコマンドール

まず初めに府中で前進あるのか?という点に関してはあると思います。

コーナーで攻められるといっても前半要素を詰めてこない限りは、結局コーナーは外を回してという形になりますし、

ポジショニングを考えると4F戦も少し厳しそうなので、大箱の府中で直線出し切る形は現状ベストになりそうです。

不安な点は結局の所は後方からになると、差しが決まる展開を前提としてもライバルが多い点でしょう。

スローでもう少しポジションを意識してくれれば勝ちまで見えてくると思うので、それはデムーロ騎手次第でどこまで手腕に期待を賭けるか。

それこそ流れを作るタイプではなく流れに乗るタイプの騎手であれば連系からは思い切って外せたのだが、、、

流石に淡々と流れたペースになると後方からでしょうし、ダノンプレミアムやエポカドーロが流したいタイプで能力もあるので流れて後方確定なら消すが、

それも未知の2400mで流してくるかは半信半疑でスローの可能性も充分あるので、その点からも消しとは言い切れず、、、

ともかく狙う展開想定を決める前の段階で言えることは後方からでも馬券内まで差してこれるだけの後半要素は見せているので警戒の必要は今回も引き続きあり。

考察全文は→キタノコマンドールは府中変わりで前進?

ステルヴィオ

まず府中変わりは大きくプラスにはならないと思います。

言い方は悪いですが、マイナスという事ではなくプラス幅が小さいでしょうという意味です。

コーナーで勝負できない馬直線目一杯出し切る競馬に徹する事で府中変わりプラスになりますが、

前述通り元々コーナーで勝負できる馬なのでパフォーマンスを大きく向上するパターンには当てはまらず、

例としては、キタノコマンドールと比べると皐月賞からの前進度は当馬が見劣ります。

そしてダノンプレミアム比較では、共に力を出し切る前提で言えば未だに2歳時の敗戦理由がここでも適応されてしまいそう。

反応が良くない分、前半緩んで直線勝負を後方からでは他の瞬発力型の前目の馬にも見劣る可能性があります。

平均ペースからだとポジション期待できませんし、流れて活きる前の馬がいる分ポジション差で見劣る感じもあり。

それでも怖さはあります。緩い流れでポジショニングを意識して競馬をしてくると差し損ねの可能性は大きく減りますし、

それに対応できるだけの能力は見せており、期待できるルメール騎手。

キタノコマンドール同様に完全に流れに乗るタイプの騎手が鞍上ならば消せるタイプなのですが、、、

どちらにせよ勝ち切りまでは乗り方と流れが相当要求されますし、再現性はいくらルメール騎手とはいえ、そこまで高いものではないと考えています。

考察全文は→ステルヴィオが勝つ為には?

ジェネラーレウーノ

ペースが流れるなら再度チャンスありがとりあえずの結論ではあると思います。

例年のよくあるスローからのラスト2F最速戦となると対応自体は出来なくはないと思いますが、流石に見劣ってしまうでしょう。
(ドスローで単騎逃げの形になりリード大きく持って直線へは入れれば話は変わりますが)

基本この考え方で良いでしょうが、土曜日かなり前が残っているので馬場の恩恵も加味すればスローでも残し切れる可能性はある範囲。

ただ前残り前提で言うならばライバル多いですし本命までは少し物足りなさを感じるのも事実で。

考察全文は→ジェネラーレウーノは穴馬になり得る?

ゴーフォザサミット

流れ次第ではチャンスあるレベルにはあると思います。

しかし大きな不安点はダービーは近年ラスト2F最速で11秒フラット前後まで入ります。

この流れで更にメンバーレベルが大きく上がり、今回程度の位置で直線を向いてしまうとラスト2F地点で作られた差を詰め切ることなく終わってしまいます。

もう少し位置取りを前に構えたり、近年とは異なる4F戦以上の競馬に持ち込むなどの工夫がないと差してきて3着が限界のイメージ。

この点は枠の並びやメンバーわかってからの話ですが現状はこの様な評価に落ち着くかなと思っています。

青葉賞後にはこの様に記しました。ダービーのメンバーがわかった今再度考えてみます。

序盤ペースが流れた方がいい馬も多く、そうなると前半のポジショニングはきつくなるので差し損ねの危険が大きいです。

好走パターンはやはり長く脚を使える展開。ラスト4Fから動いてラスト3F最速戦の流れになれば持ち前のタフさで押し切りまであると思います。

問題はその展開の再現性。この展開の再現性はメンバーと条件を考えると流石に高いとは言えないでしょう。

その展開の再現性とオッズを天秤にかけての選択が当馬の扱いに。

考察全文は→青葉賞馬ゴーフォザサミットは条件絶好?

グレイル

結論から言えば厳しいかなという印象です。

スロー気味のペースで坂下になる直線入り口より手前のラスト4F、なんならラスト5Fくらいから捲る競馬になればチャンスはあるでしょう。

それの逆で直線で瞬発力を求められる展開では仮に前半をもう少し前目で進めても出し抜かれる可能性高く厳しいです。

ロンスパ戦になる可能性は高いとは言えないので、その展開の再現性とオッズを天秤にかけてという感じ。

考察全文は→グレイルの末脚はここで足りる?

現時点扱い予定は?

【上位人気馬の馬券の扱いは?】

こちら⇒人気ブログランキングへ
(紹介文に記載)


【ダービー枠順考察】

これをLINE@で今週無料配信!(配信以降に追加された方はホーム画面に記載してあるので、いつ追加でも問題ありません)

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!


ダービー考察記事
ダノンプレミアムの強さとは?
遅れてきた大物ブラストワンピースはダービーで戴冠なるか?
ワグネリアンは皐月賞から挽回できるか?
エポカドーロの前走はフロックなのか?2冠は可能か?
キタノコマンドールは府中変わりで前進?
ステルヴィオが勝つ為には?
ジェネラーレウーノは穴馬になり得る?
青葉賞馬ゴーフォザサミットは条件絶好?
グレイルの末脚はここで足りる?

―【PR】――――――――――――――

他情報会社と比べてみてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
信頼と利益を求める方のベストパートナー

自信を持って提案するのは
真の実力を兼ね備えた確かな実績!!

先週も【帯封馬券】を連発!!

ある「簡単な仕組み」で誰でも儲けれる!

あなたが勝つための
全ての競馬の情報が ファン にはある。

今週の勝負レースは大注目の1戦・・・

【ダービー】

>>今回限り特別無料配信!<<

※ 早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績の一部がこちら!

05/13・東京11R   63万6400円的中
05/13・京都03R   31万0140円的中
05/12・京都12R   28万8000円的中
04/29・新潟07R   133万6860円的中
04/29・東京03R   37万9530円的中
04/28・京都12R   20万6200円的中
04/15・中山11R   111万6240円的中
04/15・中山09R   45万7900円的中

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯封馬券を含む高額馬券を多数的中!!

今週も自信の高いレースが揃っています!

▼ダービーの勝負馬券
  衝撃のデータ情報を無料入手!!▼
無料登録はこちらから!!