オークス2018予想|最終結論

オークス2018予想|最終結論

オークス予想

―【PR】―――――――――――――――
業界屈指!断トツの”的中実績!”
━━━━━━━━━━━━━━━━━

本物の情報だけに拘る”厳選勝負馬券”

■先日も【新潟07R 4歳上500万】にて

「445万6200円」的中!

一般には出回らない厳選された情報が
今ご登録頂くと完全無料で受け取れる!

「オークス」

【3連複7点勝負】の厳選勝負情報!

>>無料登録はこちら!

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績も確かなもの!

04/29・東京09R   58万9400円的中
04/29・新潟11R   68万1200円的中
04/14・中山06R   5万5750円的中
04/14・阪神11R   9万6900円的中
04/08・福島12R   49万4000円的中
03/31・阪神09R   2万5500円的中

その他HIGH VOLTAGEの的中実績はこちら

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

アーモンドアイ

※詳細解説は
アーモンドアイの死角はないのか?逆転候補は?

当馬のこれまでの内容をまとめると、ラスト4F地点から追い出して差し切る競馬をしてきています。

そしてメンバーレベル的にまともに強かった相手は桜花賞のみで、そこでも同様の競馬。

前半要素に関する期待感は現状なく後方からの競馬でどこまでか?という馬なのは現状間違いないでしょう。

ペースに関しては平均までなら問題なさそうなタイプに映ります。ハイペースに関してもこなせる可能性は十分あり得ますが現状経験がありません。

さて結局は当馬をオークスでどう扱うかですよね。

単純に見れば新馬戦1400mでその後1600mを歩んできた当馬。それに加えて血統に疎くてもスプリンターのロードカナロア産駒で距離大丈夫なの?と考えてしまうでしょう。

もちろんこの点については考えないでもないですが、経験から来る不安に関しては当馬に限らず桜花賞組には常に付きまといますし一律で言い出したらキリがなく切り口としてあまり意味がないのかなと考えています。

血統に関しては正直わからないので言及せずにこれまでのレースぶりから判断します。

そもそもオークス自体が直線の瞬発力戦になりやすいレースです。そして当馬はオークスで前に出すプランはないでしょうし同様に後方から直線一気の競馬になるでしょう。完全に直線のみの競馬と考えれば距離適性はあまり関係ないと思います。

しかし2400mでペースが流れて追走になると流石にラストの末脚の威力は鈍る可能性は十分ありますし、流れに乗らずに直線勝負にしてもリード付けられすぎて届かずになるので、コーナーで脚を使わなくていい流れは欲しいですね。

結局考えなくてはならないのは再びではありますが末脚のみで届くのか?という事。今回のメンバーで言ってもラッキーライラックが緩いペースで前目に付けて直線しっかりリードを持って迎えると桜花賞ほど楽ではないでしょう。

中団~後方馬比較では平均的な流れであれば優位に立てるパターンが多いと思います。相手は逃げ~好位の瞬発力もあるタイプなのでそことの比較次第!ローテーション以外の点は桜花賞と同様の考え方で扱えばいいかと!

死角(不安要素)は、緩い流れでの前目の有力馬との勝負付けは付いていない点が1番大きい要素かと思います!

ラッキーライラック

※詳細解説は
ラッキーライラックは巻き返し可能?不安要素は?

これまでの戦績をまとめると、直線を目一杯使っての持続性能勝負でも世代上位で、瞬発力勝負にも対応。ペースが流れても一脚も使えるし、ポジションも取れる

世代の牝馬戦線の中では明確な弱点は見えていません。オークスでも予想の基盤になりそうな有力馬でしょう。

現状弱点はかなり少ない馬だと思います。というより明確な弱点は現状見えていないので、展開嵌った時にその活かせる要素で当馬に勝てるのか?という視点がよさそうです。

その1頭がペース流れた際のアーモンドアイだった訳ですが、そのアーモンドアイとの比較に関してはこちらの記事を参照してください。
アーモンドアイの死角はないのか?逆転候補は?

距離に関しての不安は初経験故に生まれますがそれはどの馬も同じで言っても仕方がないし、どちらかと言えば持続性能に長けた馬でもあるしタイプ的には苦にしない可能性が高いです。

桜花賞がかなり苦しい展開の中での内容ですし、今回の方が展開が向く可能性は高くその面からも評価できます。

サトノワルキューレ

※詳細解説は
別路線最有力候補サトノワルキューレは通用するのか?

コーナリング性能は悪い馬だと思います。その中で結果を残せたのは直線勝負でも脚を出し切りやすい東京阪神外回り

ラストまで前が伸び続けた梅花賞はコーナーで勝負できないので全く展開向かずの敗戦。

後半要素は抜群に高いと言っていいレベルにあると思いますので、それにより何とかなっているという印象です。

ゆきやなぎ賞は向こう正面の段階でポジションを押し上げたのは、M.デムーロ騎手ならではの馬の特性をわかっての好騎乗だったと言えるでしょう。

結局は今回もコーナーでは後手を踏んで後方から直線勝負の形になる可能性が高いでしょう。

もちろんM.デムーロ騎手なのでペース次第ではかなり早い段階でポジション押し上げる可能性もありますし、それに対応できるだけの持続性能を持ち合わせてはいますが、とりあえずは基本的な展開で評価。

フローラSはメンバーレベルも低かったからこそ、差し切れましたが大幅メンバーレベル強化で届くのかどうか。

フローラSは中盤緩む所がなく取り付けませんでしたが、この点は今回の展開次第ではポジション押し上げればフォローできますし、それは名手の腕に期待してもいいとは思っています。

不安要素はもちろん直線への入り方。流石に前走同様の形では厳しいです。そしてコーナリング性能の低さから騎手の意識関係なくそうなってしまう可能性を孕んでいる馬です。

後半要素だけで言えばアーモンドアイと比較できるレベルにある可能性も感じるのでポテンシャルはありそうながらも、若駒らしい粗削りな感じもする馬ですね。

リリーノーブル

※詳細解説は
リリーノーブルは三強に割って入れるのか?

現状当馬の良さは立ち回り力にありそう。白菊賞では手綱を少し引くだけですぐにペースダウンしてポジション確保するなどとても競馬が上手な馬の印象です。

それでいて加速もいいので内を器用に立ち回り馬群が開いた瞬間に抜け出すような競馬も可能でしょう。ただその分阪神JFの様に外々を回らされると立ち回りの上手さが活かせません。それでいて持続性能の高さは現状見せていませんし、ラッキーライラックにもその点で敗れました。

桜花賞もこれを踏まえれば外を回してしまったので多少は挽回の余地はありそうです。ラッキーライラックと枠が逆で見てみたかった所ですね。

さて、これまでの事から考えれば最内枠は最大級に活かせそうなのがこの馬です。

多頭数でごちゃ付いたりしても反応が良いので一瞬の隙を突いて抜け出せるのがこのタイプ。

ただし、枠は絶好ですがコースは不安が残ります。

上手く抜け出して勝つというのは、他馬はごちゃ付いたロスがある中でそのロスを受けない事による優位性で勝つという事です。

しかし、東京コースでは出し切って勝ち切れるであろう馬はごちゃ付きを嫌って外からの一気を狙い、そしてそれが叶いやすいコースになります。

そうなってしまうと、最内枠で立ち回りの器用さ反応の良さを最大限に活かせはするものの、その要素で最上位級の馬との差はつけにくいです。

ラッキーライラックとの差に関しても、このコースでは差を埋めにくいと思います。

ただ、サトノワルキューレの様な競馬をする馬を出し抜くのは如何せんこのタイプが多いですし、これに対してはまだチャンスあるかなと思います。

再現性はともかくとして、ベストな展開はラッキーライラックよりは前で構えて仕掛け所が遅れた上での抜け出して残す競馬。

オールフォーラヴ

※詳細解説は
オールフォーラヴの未知の魅力に価値はあるのか?

この3走はどれも少し異なる競馬をしてきていて、結果を残しているので能力自体は一定のものは信用して良さそうです。

新馬戦は加速見劣り、アルメリア賞は加速が良かった。これはどちらを信じるかなのですが、とりあえず現状ではアルメリア賞を信頼します。
持っているものを出せない事があっても、持っていないものを出す事はできないので

少なくとも早いペースで脚を発揮できると考えて良さそうですし、持続性能はこの世代の重賞で通用するレベルのものは持っていそうです。

不安要素という意味では、明確な強みを見せていない事。未知の魅力という意味では、明確な弱みを見せていない事

ポジションは取れますし、そこからアルメリア賞の様な瞬発力を発揮できれば上位とも渡り合えるでしょう。

中団から持続性能を活かして直線勝負にしても、ある程度の結果は残せると思います。

ただスローペースから中団の場合、それを勝ち切るだけの瞬発力があるとまでは言い切る要素は流石にまだ見えてはいない。

ハイペースから中団でもアーモンドアイがかなり強敵でこれに優る点も見えてるとは言い難いです。

現状ベストな展開は平均を前目で構えて3F勝負でどうか?という感じでしょうか。

未知の魅力に価値があるのか?という事に関して言えば、ただ単純に理由なく人気しているからという事ではなく価値はある!と言っていいレベルにはあると思います。

しかし、これらの未知の魅力が三強崩しまで期待できるか?と言われれば、流石にそこまでの期待を掛けるには少し要素が足りないかなと。

結論

正直人気馬5頭の要素が強いです。

ラッキーライラックは盤石感あり、個人的に飛ぶパターンがど詰まりという、それを言い出したら終わりかな?レベルのものだけ。

アーモンドアイに関しても、差し損ねる可能性はあるタイプながらも、それが起こりにくいこのレースでそれを狙うのは良い手とは言えず。そしてこれを出し抜けそうな馬も穴から見つけられず。

サトノワルキューレが個人的には一番危ないかなと思ってはいますが、その前提で考えた場合で狙える穴が同様にいない。そういうメンバーなら届いてしまうというのも至極当然の流れですしね。

リリーノーブルはサトノワルキューレ辺りが差し遅れる形になった時に残りそうですが、そのパターンはラッキーライラックとセット濃厚で旨味なし。

オールフォーラヴがまだ狙い目たつかなーと思い、ここからラッキーライラックとアーモンドアイへの流しは悩みましたが、そこまでして買うこともないなという感じ。

以上の様に、人気馬を外せずで穴が1頭入ってくる可能性はあるにはあると思いますが、その1頭をピンポイントで射抜きにいくのは非効率的。

もちろんG1ですし、G1しかしか買わないのに見てくれている方がいるのも承知しておりますし、少なからず期待されている方もいるのでしょうが、

G1だからとりあえず馬券化して結果的にあまり良くないものを提示するのは如何なものかと思いますし、オークスは完全に【見送り】します。

最近レースを絞りに絞って好調ですし、ここは意に反する予想を出してバランス崩したくないのですみません。。

分析結果を参考に自らの馬券に活かしていただければ幸いです。

―【PR】――――――――――――――

他情報会社と比べてみてください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
信頼と利益を求める方のベストパートナー

自信を持って提案するのは
真の実力を兼ね備えた確かな実績!!

先週も【帯封馬券】を連発!!

ある「簡単な仕組み」で誰でも儲けれる!

あなたが勝つための
全ての競馬の情報が ファン にはある。

今週の勝負レースは大注目の1戦・・・

【オークス】

>>今回限り特別無料配信!<<

※ 早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■近走の的中実績の一部がこちら!

05/13・東京11R   63万6400円的中
05/13・京都03R   31万0140円的中
05/12・京都12R   28万8000円的中
04/29・新潟07R   133万6860円的中
04/29・東京03R   37万9530円的中
04/28・京都12R   20万6200円的中
04/15・中山11R   111万6240円的中
04/15・中山09R   45万7900円的中

その他の的中実績はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯封馬券を含む高額馬券を多数的中!!

今週も自信の高いレースが揃っています!

▼オークスの勝負馬券
  衝撃のデータ情報を無料入手!!▼
無料登録はこちらから!!