ヴィクトリアマイル2018:出走予定馬分析【リスグラシュー・ソウルスターリング】

ヴィクトリアマイル2018:出走予定馬分析【リスグラシュー・ソウルスターリング】

ヴィクトリアマイル予想オッズ

【PR:現在回収率330%を継続中】

まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?

※今週も無料登録で重賞の予想を公開!

早速ですがまずは近走の的中実績からご覧下さい!

ーー【近走の的中実績】ーーーーーーーーー

3/25 中山06R:3歳500万

3連単 13-01-09

回収金額:226,800円

3/31 中山10R:千葉日報杯

3連単 09-14-03

回収金額:1,092,450円

4/1 阪神07R:4歳上500万

3連単 10-02-03

回収金額:527,100円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが

毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。

「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。

今週も「ヴィクトリアマイルの予想」をなんと、

無料で公開することが決まっています!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

ヴィクトリアマイル出走予定馬分析

リスグラシュー

阪神JFとチューリップ賞は共に3Fに渡ってそこそこ早い脚をしっかり使うもののポジショニングの差でソウルスターリングには敗れた。

桜花賞は前後半3F1.5秒のハイペース。そしてラスト4F11.8-11.5-11.9-12.8でラスト3F最速と持続性能問われる展開でソウルスターリングを筆頭に止まる馬が多い中でいつもと変わらない脚を使ったことで相対的に浮上。ここではペース依存度が低い良さを見せた。

ローズSはカワキタエンカが引っ張って平均ペースに。かなり後方からの競馬になりラスト4F12.0-11.6-11.3-12.0のラスト2F地点手前から勢いに乗ったラビットランに瞬発力で見劣って3着まで。

エリザベス女王杯はスローペースを後方からでコーナーで緩まなかったので押し上げることもなく直線勝負に。ラスト4F12.2-11.6-11.2-11.6と最速地点が11秒台前半に入り、ラストも大きく落とさないラップ構成で完全に負けパターン。

東京新聞杯はスローペースからの瞬発力勝負。ラスト4F12.4-11.1-11.0-12.0とラスト3F最速とはならないものの早い段階でギアが入って持続性能問われる展開に。その点を考えれば向いたと言えるが、【11.1-11.0の地点で置いていかれてラスト12.0でも脚を落とさずに差し込んでくる】といういつもの競馬ではなく、11.1-11.0の部分でしっかり先頭に迫ったうえでの勝利。これはこれまでにない要素を見せてきたと言える。

阪神牝馬Sは前後半3F37.2-33.8の超スローペース。ラスト4F11.9-11.0-11.1-11.7でラスト3F最速の出し切る競馬で得意の競馬ではあるものの前が楽すぎる競馬で道中1,2番手のミスパンテールとレッドアヴァンセが残し切る形に。その中で僅差まで差し込んでいるし上がり33.3秒なのでほぼ究極の脚でこれは展開負け。

そして今回ですが、直線伸ばし切れる東京は良い条件でしょう。ラスト3F最速が理想ではありますが近走はラスト2F戦でも対応できるレベルの瞬発力を見せてきている事から好走パターンは多い。

しかし、瞬発力特化というよりはどちらかと言えば、やはり持続性能に寄った馬なので、前目から瞬発力に長ける馬を差し損ねる可能性はいつも付きまとう。

ラスト5Fから捲る様な競馬は現実的ではないし、ラスト2F勝負になるかどうかは相手依存。1番人気ならばラスト2F勝負でポジションいつも通りで差し損ねを狙うのがセオリーではありそう。

ただスローならそれはそれでポジションを前に置けばいいし、ペースが流れてタフな競馬になれば願ったり叶ったり。

前者を想定するならもうどうにも切れない感じはする。後者ならば流れたペースから一脚使えるタイプが逆転候補に。

という事で、このどれでもないパターンである、スローでポジション中団以下あたりが差し損ねのパターンと考えられる。

どれを想定するかは枠とオッズなどから検討して展開パターンを選びたい。

ソウルスターリング

チューリップ賞はラスト1F地点で先頭に立った。単純に上りから計算すればラスト2,3F地点では10秒台を刻んでいた事になるが、視覚的に確認すればラスト2F地点の追い出してからが10.7くらいだろう。コーナーでの加速にも対応しているし、ラスト2F地点では最高速性能も見せている。何より2段階目の加速にも対応できた点は大きく評価できる点。

桜花賞は中盤も全く緩むことのないレースだった。渋った阪神でこのラップはかなりタフな流れだったと言えるだろう。ここまで平均かスローからの加速性能と最高速性能で先行抜け出しで着実に勝利してきた馬でこの様なペースは初めて。ここでも一時加速は見せたがペースで脚が削がれた分甘くなった。

オークスは超ドスローで流れたレースで前半はスンナリ隊列が決まってかなり遅かった。4角辺りからレースは動き出すが終始持ったままで、本格的に追い出すのはラスト1.5F付近。ラストも止まらずだし当馬がスローペースでポジション確保すれば3歳牝馬では瞬発力でひっくり返す事はできないだろうという内容。

毎日王冠は仕掛け所が遅く瞬発力に寄り過ぎたレース。ラスト4Fは12.1-11.1-10.7-11.7でラスト3F11.1には対応したもののラスト2F10.7で差されて置いていかれた。オークスではジワッとペースを上げて4F戦で勝ち切っていたし一気に加速して10秒台2F続けて来られる様なラップでは流石に古馬牡馬相手には足りなかった。

天皇賞秋は少し出負けて外のミッキーロケットに被せられたところで無理にポジションを取りに行かずコントロール重視の競馬で中団で馬群に入れられた。古馬牡馬相手に6着と形にしたこと自体は評価できるが馬場が異質な競馬で細かい評価は難しい。

ジャパンカップは中盤もそこそこ流れたが何よりラスト4F11.8-11.3-11.8-12.0と仕掛け所が早く持続性能が大きく問われる形に。流石に上位馬の土俵に乗っかり過ぎで、シュヴァルグランなどとここで比較しても仕方ないなという展開。

阪神牝馬Sは前後半3F37.2-33.8の超スローペース。ラスト5F11.9-11.9-11.0-11.1-11.7をラスト6F辺りから進出を初めたました。そしてラスト3F最速のタフなレースをコーナーで外を回すかなり厳しい競馬。ラスト全く見せ場がありませんでしたが完全に展開を言い訳にできる内容であったと思います。休み明けで馬体重減もあり状態も微妙だったかもしれませんが、ここは主に展開負けで処理。

近走は敗戦続きではあるがメンバーレベルと展開を考えれば言い訳できる内容とも言える。もちろん昨年秋に3歳牝馬の身で極悪馬場の天皇賞秋からJCとタフなローテーションを走ったことによる状態不安があるのも確かです。

これは前走の敗因を何を主とするか。馬体重減から状態が主な敗因とした場合は今回も再び苦戦を強いられると思います。しかし展開だと考えればいい具合に人気が落ちたと考えられます。

もちろんどちらか一方のみが敗因ではなくこれらが重なっての凡走だと思いますので、この2つの比率をどう考えるか。そしてそれと今回のオッズでバランスを調整して評価を下すべきでしょう。

ヴィクトリアマイル出走予定馬評価

上記2頭の現状評価をこちらのLINE@で無料配信!(本日19:00配信しますが、それ以降に追加された方はホーム画面に記載してあるので、いつ追加でも問題ありません)

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!


―【PR】――――――――――――――
業界最高水準!規格外の的中率!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「みんなの万馬券」は、

最新入手情報やワンポイントアドバイスを
随時無料メルマガにて配信中!

競馬で儲けるなんて
不可能だと思っていますか??

知ってる人は知っています。

事前の情報収集力で差がつくということを。

そしてそれは

”個人レベルでは困難”

だということを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

みんなの万馬券では
確かな情報筋からの独占情報!
独自ルートからの綿密なリサーチから

競馬をギャンブルから
安定した投資へ引き上げました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「実際に投資競馬で高配当を連発!」

▼過去の主な的中実績

2018/4/15 中山10R 京葉ステークス
三連複 03-01-14
配当:1,055,200円

2018/4/15 阪神08R 4歳上500万
三連単 01-14-06
配当:58,100円

2018/4/14 阪神07R 4歳上500万
三連単 12-01-05
配当:711,800円

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【ヴィクトリアマイル】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼