【青葉賞2018】予想:最終結論

【青葉賞2018】予想:最終結論

【PR:現在回収率330%を継続中】

まだあなたは競馬で無駄なお金を使いますか?

※今週も無料登録で重賞の予想を公開!

早速ですがまずは近走の的中実績からご覧下さい!

ーー【近走の的中実績】ーーーーーーーーー

3/25 中山06R:3歳500万

3連単 13-01-09

回収金額:226,800円

3/31 中山10R:千葉日報杯

3連単 09-14-03

回収金額:1,092,450円

4/1 阪神07R:4歳上500万

3連単 10-02-03

回収金額:527,100円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは先週の予想提供の的中結果の一部にしか過ぎませんが

毎週回収率1万パーセント付近の当たりを出しています。

「OASIS」は今最も勢いに乗っている競馬予想サイトと言ってもいいでしょう。

今週も「青葉賞の予想」をなんと、

無料で公開することが決まっています!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

今週の重賞レースの無料予想を今週から受け取る

青葉賞出走馬分析

サトノソルタス

新馬戦は不良馬場で行われておりラップからはこの1レースからだけだと何とも言えず、メンバーレベルも2着馬ダークナイトムーンがセントポーリア賞4着と微妙なところ。

共同通信杯は前が大きく離して逃げた上で前後半3F1秒スローなので実質はかなりのスロー。ラスト4F12.4-11.7-11.5-11.6と3Fに渡ってそこそこの脚を求められる展開で抜け出しがオウケンムーンに見劣って、ラスト1Fで差を詰めるが届かず2着。

前走を見る限り加速は良くなくて持続性能に長けたタイプ。となれば前哨戦でスローからの瞬発力戦になりやすい青葉賞では置いていかれるポイントが出来そう。

なので、中団からで急加速地点があるとポジション差を覆せないだろう。しかし距離延長によって前半をもう少し詰めてポジション取る形であれば対応はできると思いますし乗り方一つ。

オブセッション

新馬戦は重馬場で超スローペースという1戦。新馬戦限定とも言える特殊条件に加えて重馬場でここから判断できるものは少ない。メンバーレベルは高かったがここは保留。

シクラメン賞は前後半3Fややスロー水準も中盤は締まった流れで平均ペースくらいのレース。先頭とは離れた位置取りではあったもののラスト4F地点から差を詰めてそこからラスト1F地点まで伸び続けて差しきりの1着。持続と最高速共に高い所を見せた。

弥生賞は4角で外に大きく膨らんでしまいどうにもならずの凡走。ラスト4F12.8-11.7-11.0-11.6なのでコーナーで一気に加速してコーナーで回り切れなかった形。コーナリングに難を見せたのは間違いない。

そして今回だが、現状小回りでコーナー急加速には対応できないものとして扱うが東京2400mならば直線まで追い出し待ってからでも差し込めるコースなので前走の凡走を全面的に不安とは思いません。

シクラメン賞は圧巻の競馬ですがラスト3F最速で前が苦しくなった所を突き抜ける競馬で、直線だけの競馬でどこまでやれるのかはここで確認したい。突き抜けるだけのポテンシャルを感じなくもないがこれをどう扱うかは人気や他馬との兼ね合い。

ゴーフォザサミット

未勝利がラスト5F11.4-11.8-12.1-12.2-12.2という特殊なラップで持続性能が大きく問われた1戦。速くなったところでも流れには乗っていたしその中で外を回してラスト突き放して勝ち切りは持続性能に光るものを見せた。

百日草特別ではスローペースからラスト4Fが12.5-11.4-11.1-11.6と直線は速いラップを踏んだ。大きく加速したわけだがそこでも苦労せずに先団を確保したし、ラストは新馬戦同様の持続性能を見せて1着。

共同通信杯はやや出負けた事で最後方からの競馬に。直線向いた段階で追い始めるも加速の悪かったサトノソルタスと比較してやや優った程度なので加速はそこまで良くないか。ラストまで伸び続けて上がり最速ではあるものの道中のポジション差をひっくり返す事までは流石にできず。

スプリングSもポジションは取れず後方からの競馬。ラストは大外から追い込んで来たものの届かず3着まで0.1秒届かず。

結局ポジション取れるかどうかの馬。持続性能は高い所を見せてきているし距離延長を苦にするタイプではなさそうで、むしろ前半緩くなるので出遅れた所でポジショニング改善してくれればという期待はある。

前半要素詰めきれず後方待機で直線進入してしまうと、またしても差してはくるものの3着MAXの掲示板までに収まってしまう可能性高い。

スーパーフェザー

新馬戦ではラスト4F12.6-12.6-11.9-12.2とコーナーでしっかり息が入って前との差を縮めながら直線へ。ラスト2Fで一気に先頭に迫り差しきり。しかし最後やや詰め返されていたので持続性能は高くない可能性。

若駒Sはラスト4F12.1-11.7-11.4-11.7でコーナー最速を求められて、これを外から上がっていって直線へ向いたもののそこからの伸びはなく凡走。敗因が休み明けなのかコーナーで加速したことなのかは他のレースで判断。

あすなろ賞は前後半3F34.7-35.2のややハイペース。ラスト4F12.4-11.7-11.7-11.8を後方からでコーナーで加速を求められたがここは対応。若駒Sはスローからで前が脚を残していたことが要因の可能性が出たレース。

アザレア賞は前後半3F39.4-33.9の超スローペース。ペースあったが一応距離延長でポジショニングは改善。そしてラスト4F12.7-11.0-11.3-11.6と急加速かつラスト3F最速で持続性能も求められた展開を勝ち切り。ただ超スローペースで評価をどこまでか。

そして今回だが、2400mでポジションを前走同様取れるかどうかがカギにはなりそう。ただ前走は前述の様に超スローペースでこそのポジショニングというのは考えなくてはいけない。

基本的にはまた後ろを想定する方が無難だとは思います。標準程度のスローペースではこれまで瞬発力勝負で差し損ねているので厳しいか。早仕掛けになれば相対的にチャンスはありそう。

ダノンマジェスティ

新馬戦は前後半3F4秒以上のスローペース。ラスト4F12.3-11.3-11.2-11.0の減速なしのラップ。これを圧勝の勝ち切りでここは力が違った。

きさらぎ賞は中盤で掛かってしまった。そして4角で大きく外に膨らんでしまってそこからは一切伸びることなく敗戦でコーナリングや気性面に難を見せた。

大寒桜賞も中盤掛かりながらの競馬。直線でもぶつかりながらという大雑把?な競馬。ラスト差しきっての勝利。

前走も掛かりながらの競馬ではあるし、しっかり折り合ってコーナーも回って来ればという期待感はある。もちろんそれが叶った場合に限れば底を見せていないし今回完璧に回ってきて勝ち切りもあるにはある馬。

これに関してはやってみなくてはという感じだし、オッズとの兼ね合いで扱い大きく変わる馬。

ディープインラヴ

新馬戦は前後半3F37.9-35.1のスローペース。ラスト4F12.5-12.3-11.4-11.4と仕掛け所も遅かったレース。ただ瞬発力で及ばず前の馬も差しきれず後ろからも差されて3着まで。

未勝利戦(2/24)は前後半3F35.7-35.5の平均ペース。ラスト4F12.4-12.3-11.6-11.6で仕掛け所遅かったレース。一度抜け出したものの差されて3着まで。反応は良かったが使える脚はやや短いか。

未勝利戦(3/11)は前後半3F35.4-34.9のややスローペース。ラスト4F12.2-12.0-11.3-11.6でここも仕掛け所遅いレース。メンバーレベルはかなり低かったが大差の圧勝。

前走で使える脚の短さをポジショニングでフォローしてきた。どれも仕掛け所が遅れたレースでの勝ち切りでこれは現状必須条件と考えたい。

前哨戦で緩みやすいレースと言っても、流石にラスト3F目からある程度は動き出しが要求されるので使える脚の短さがここで敗因になる可能性はある。

それでも内で器用に立ち回り直線まで向いてリードがあれば仕掛け遅らせて対応はできる要素はありますし、警戒は必要。

ダブルフラット

未勝利戦(2/18)は出負けて後方から。ラスト3Fに渡って脚を使ったが完璧な流れで直線向いたネプチュナイトには届かず2着まで。

未勝利戦(3/17)は絶好のスタートで逃げ。前半はガッツリ緩めてラスト3F戦へ。直線で一脚使って大差の圧勝。メンバーレベルは微妙だがここは一定の評価可能。

山吹賞は前後半3F36.6-34.6のスローペース。ラスト11.9-11.5-11.4-11.7で4F戦までは言わないにしろ、ある程度持続性能問われる展開。一脚で抜け出したものの食い下がられて僅差の2着。

3F戦までなら対応できそうな所は見せてきている。ポジションは近走安定しているし今回も問題なくポジション取れるとは思います。直線で出し切る競馬にしてしまうと差しきられてしまうコースですし乗り方は重要。

出来ればある程度リード持って直線へ向きたい。

エタリオウ

500万下は前後半3F37.2-35.1のスローペースでラスト4F12.5-12.0-11.4-11.7でラスト2Fで先頭に迫り一脚使ったもののラストは差されてしまった。結構なスローからだし少し微妙な内容か。

梅花賞は中盤かなり緩んだ1戦。ポジションは後方のまま直線へ。ラスト4F12.7-11.8-11.6-11.6でラスト3Fの間伸び続けて2着まで。加速にも対応したし中盤でもう少しポジション詰めれていれば何とかなったのではないかと思わせる内容。

ゆきやなぎ賞も中盤かなり緩んだレース。ラスト4F11.5-11.5-11.1-11.8と4F戦の持続性能と最高速の両方を問われる形をコーナーで動いていって寸前のところで差されたものの踏ん張って2着。

3走前はかなり微妙な内容だが、成長なのか距離なのかは定かではないが、近2走は高いパフォーマンス。サトノワルキューレに先着もあるしメンバーレベルからは案外評価できそうな1頭。

カフジバンガード

こうやまき賞は超スローペースからラスト4F12.4-11.7-10.8-11.2でラスト3F地点くらいから加速して直線へはほぼ先頭で向き、ラスト2Fへの加速で突き放しラストはきさらぎ賞2着グローリーウェイズに詰められるもリードを守り切り勝ち切り。

シンザン記念は出負けてポジション後方から。仕掛け所かなり遅いレースでラスト4F12.8-12.1-11.7-11.5とラストまで落ちないラップ。単純にこれを後方からでは厳しかったというレース。

共同通信杯も同じく出遅れて後方から。直線向いてすぐに動き出して一時はサトノソルタスを抜き去る勢いであったが相手が加速に乗ってからは差を詰めることが出来ず5着まで。

スプリングSも出遅れて後方から。ラスト3Fから動いていって勢いを付けて直線に向いたものの、ここもいつも通り後方から差しきる瞬発力はなくという競馬に。

近3走から考えれば最高速までの加速性能はとても高いが底が浅いという感じか。とにかく前目からでないとその底の浅さで勝ち切りまでは厳しいでしょう。

とにかく出遅れないかどうかがカギ。最内枠ですし出遅れていつも通りの競馬になる不安はありながらも距離延長でポジショニング改善できる可能性もあるし、出遅れなければここでも見劣らないと思います。

青葉賞注目馬は?

青葉賞注目馬は?⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

LINE@もやってます(^^)/

今週は天皇賞春の枠関連の事を限定配信すると思いますので、ぜひ友達追加お願いします!

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!


―【PR】――――――――――――――
業界最高水準!規格外の的中率!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「みんなの万馬券」は、

最新入手情報やワンポイントアドバイスを
随時無料メルマガにて配信中!

競馬で儲けるなんて
不可能だと思っていますか??

知ってる人は知っています。

事前の情報収集力で差がつくということを。

そしてそれは

”個人レベルでは困難”

だということを。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【本当に儲かる次世代競馬サイトです】

みんなの万馬券では
確かな情報筋からの独占情報!
独自ルートからの綿密なリサーチから

競馬をギャンブルから
安定した投資へ引き上げました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「実際に投資競馬で高配当を連発!」

▼過去の主な的中実績

2018/4/15 中山10R 京葉ステークス
三連複 03-01-14
配当:1,055,200円

2018/4/15 阪神08R 4歳上500万
三連単 01-14-06
配当:58,100円

2018/4/14 阪神07R 4歳上500万
三連単 12-01-05
配当:711,800円

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【天皇賞春】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼