【桜花賞2018】予想:最終結論

【桜花賞2018】予想:最終結論

ブログランキング謎のペナルティから1週間経ったのですが未だに運営からの連絡も帰って来ず・・・

原因がわからないので対処のしようがないんですよね( ゚Д゚)

これが続くようだと少しLINE@での配信などの比重を大きくする可能性もありますのでよければ追加しておいてくださいm(__)m

友だち追加

【桜花賞の騎手について】を限定配信します(^^)/

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

桜花賞予想オッズ

―【PR】――――――――――――――
業界最高水準!規格外の的中率!
「実際に投資競馬で高配当を連発!」

▼過去の主な的中実績

2018/3/25 中京12R 鈴鹿特別
三連複 14-13-02
配当:1,221,600円

2018/3/25 中京11R 高松宮記念
三連単 09-08-07
配当:604,500円

2018/3/24 阪神06R 3歳500万
三連単 02-04-03
配当:484,960円

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【桜花賞】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

無料予想を今週から受け取る

 

出走馬分析

ラッキーライラック

新馬戦は新潟でスローペースという事もありラスト3Fはかなり速い決着。進路を探しながらラスト2F地点を迎えそこから急加速で最後は後ろを確認しながらの完勝で着差以上の内容。

アルテミスSは中盤もそれ程緩まず淡々と流れた上でラスト3F最速のレース。ラスト1F過ぎてから先頭を捉えているので3Fに渡って11秒台を使っており流れたペースから一脚を持続できたのは高評価。

阪神JFはスローペースで仕掛け所が遅かった1戦。ラスト2F地点で一気に加速したレースでここで先頭に迫ったもののリリーノーブルにはやや脚色見劣った。しかしラスト1F過ぎても当馬は脚色衰えず差しきり1着とここでも持続性能の高さを見せた。

チューリップ賞でも前目にポジションを取りラスト3F11.7-10.7-11.5でラスト2F地点で一気に先頭に立っているのでここではかなり早い脚を使っている。瞬発力をここでは見せて強い内容。

持続性能の高さで直線目一杯使って勝ち切ってきた当馬。アルテミスSでは淡々とした流れからでもしっかり伸びきっていましたし直線で出しきる競馬さえ叶えばペースには捉われず力を発揮できるのではと考えています。

スローペースでも前目を取れるのでチューリップ賞の競馬をすれば大きく負ける事はないでしょうし、強いて挙げるならハイペースの流れた時にそれを得意とする馬にやられる可能性はあるものの大崩れは枠による影響以外ではあまりイメージ沸かない人気馬。

リリーノーブル

白菊賞は抜群のスタートを決めた所から少し手綱を引いてペースを落として好位のインに収まった。そしてその後インを立ち回り直線向いてスッと反応して抜け出しそのまま楽に押し切り。使える脚の長さは加速ラップだったとはいえここでは分かりかねる。

阪神JFはコーナーでも加速しながらポジションをしっかり確保して直線へ。ラスト2F地点の加速部ではしっかり反応して先頭へ躍り出たものの最後にラッキーライラックに捕まって2着まで。勝ち馬比較では加速は上回ったものの持続性能が見劣ってしまった。

チューリップ賞は外枠から内に入れることができず外目を追走。頭数も少なかったので多少ではありますがこの馬のタイプ的には持ち味活かせなかったか。直線でも反応でもラッキーライラックに見劣ったので完全敗北。

現状当馬の良さは立ち回り力にありそう。白菊賞では手綱を少し引くだけですぐにペースダウンしてポジション確保するなどとても競馬が上手な馬の印象です。

それでいて加速もいいので内を器用に立ち回り馬群が開いた瞬間に抜け出すような競馬も可能でしょう。ただその分阪神JFの様に外々を回らされると立ち回りの上手さが活かせません。それでいて持続性能の高さは現状見せていませんし、ラッキーライラックにもその点で敗れました。

この手の馬は得てして立ち回りで持続性能の低さを誤魔化すタイプが多いですし当馬もそうではないかと考えられます。チューリップ賞に引き続き阪神外回りは目一杯出し切れるコースなのであまり向くコースとは言えないでしょう。

逆転にはとにかく内に入れて器用に回って来れるかどうか。外から真っ向勝負では現時点でラッキーライラックに見劣ると言わざるを得ない。器用なので安定してまとめてくるタイプではあるので扱い方重要。

マウレア

赤松賞は超スローペースで仕掛け所も遅めのレース。コーナーから徐々に加速していくラップにも対応しラスト1F地点で先頭を捉えて押し切り。ラスト2Fに関してはペースと仕掛けるタイミングもあっての事だが減速しなかったのは一応最低限評価。

阪神JFは直線でリリーノーブルの真後ろに入ってしまい、馬群にも包まれて身動き取れず後追いする形に。追い出し遅れた分リリーノーブルに対してはラスト差を詰めた。前が開いてからの反応は良かった事から加速がいいタイプの可能性あり。

クイーンCはハイペースをポジション取ってのレース。ここではインを確保して上手く直線へ向いたものの一脚の質は3着アルーシャにも劣ってしまい5着まで。

チューリップ賞は内でラッキーライラックの後ろを立ち回って直線でもラッキーライラックに続いて仕掛け。これだとラッキーライラック以上の瞬発力が必須の立ち回りでしたが上がりは限界に近い33.3秒なのでどうにもできず。

まだまだ仮説の域を出ない当馬の分析。一先ずはスローペースでの前目から加速し一瞬の脚で抜け出すタイプが一番今のところは当てはまるか。理由としてはまず前走クイーンCで一脚発揮出来なかった事から流れたペースへの対応力が低い可能性を示唆。そして阪神JFの前が壁になった所から開いた後の挽回。

直線の一脚で後ろとリードを付けるか、インを立ち回り馬群を捌きコースロスなどを抑えて相対的優位に立つか、仕掛け所遅れたレースのいずれかが得意なタイプだが根幹スピードは向かないペースでまとめる程はない馬の印象。(根幹スピードで展開不利をある程度潰せるこのタイプの代表例がイスラボニータ)

リリーノーブルとの差は共に現状だと同タイプの可能性が高いので内に入れられた方が上というレベル。ラッキーライラック比較だとそれより前目で受けないと流石に難しそう。

アーモンドアイ

新馬戦は前目からスンナリのニシノウララに対しては流石に後手を踏んだがここは道中の立ち回り次第でどうにでもなりそうな内容。

未勝利戦はラップから見れば好内容レース。序盤は結構流れたがその分コーナーで息が入った。その緩んだコーナーでしっかり前目に追っ付けて直線へ。そしてラスト3Fが11.7-11.3-11.4でラストは流し気味。反応は良かったしラスト余裕あったので持続性能にも期待が持てる。

シンザン記念はラスト4F地点から押し上げての競馬。ここでもラスト4F地点の下りでもレース動かない中で勢いを付けて先頭との差を縮めながら直線へ。そこからはここでもラストまで伸び続けてラスト3F12.1-11.7-11.5と減速せずに勝ち切り。

ここまでのレースからは後方からの競馬になる可能性が高そう。近2走は直線前のコーナーが大きく緩んでいますが流石にそこまで消極的なレースになる可能性は低いので、直線の圧倒的なパフォーマンスでどこまで先頭に迫れるかが焦点。

ラスト4F出し切る競馬は向くはずなので勝ち切りまでは相手関係から考えなくてはならないが差し込んでくる可能性は高そう。もちろん突っ込んでくるも掲示板という可能性も十分考えられるのでどう扱うか。ポジション面をここで改善してくればかなり怖い存在ではあるが、それは未知数でルメール騎手でどこまでか。

フィニフティ

新馬戦は別段評価する要素も見当たらず。ある程度立ち回りは上手な気がするくらい。

クイーンCはテトラドラクマが引っ張ってかなり流れたレース。内目を立ち回って直線では外に出して追い出し。他馬が垂れる中で差し込んできたことから流れたペースで脚を使えるという評価は下せそう。

現状流れたペースでは相対的に評価できそうではあるが確信を持って評価できる要素は見えてこない。今回はペースが流れると想定するならばとりあえず一定の評価は下すくらい。瞬発力面では劣りそうで未知数の要素だけで軸までは結構勇気がいるかなと。

レッドレグナント

新馬戦は超スローペース。ラスト4F12.6-11.3-10.9-11.8でラスト1F地点の先頭が減速したところで一気に迫って3着まで。ここでは結構特徴出たかな?というレースで他馬比較で完全に一時後れを取った。加速性能に問題がありそう。

未勝利では平均ペースを少し掛かりながら前目での競馬。ラスト3F地点から脚を使い始めて後方と大きく差を付けてラストはほとんど流して圧勝。コーナーでも加速できたし加速性能の改善までが見えたわけではないが活路は見えたレース。

サフラン賞は序盤下り坂もあったがしっかりコントロール。ラスト3Fから動いていき11.6-11.5-11.4でラストは流す余裕まで見せた。前目からしっかり脚を使えるのは高評価で持続性能もありそう。

アネモネSは平均ペースではあるものの、ラスト4F12.2-12.1-11.2-12.0と仕掛け所が遅く瞬発力を問われた。このラスト2F地点で並びかけられた。やはりここでも瞬発力面に不安を見せた。

ここまでのレースからタイプは結構はっきり見えている馬。瞬発力を問われては厳しくなってある程度早仕掛けで持続性能活かす競馬をしたい。ラストの脚の質もそれほど悪くはないしコーナーからも動いていけるのは強み。スタートもいいし、はっきり好走凡走のパターンがあるので馬の特性をしっかり理解して乗ってくれるデムーロ騎手は心強い。

アンコールプリュ

新馬戦は中盤も緩み切らずに平均ペース。当馬は前目の位置を取った。ラスト4F12.4-11.8-11.7-12.1で当馬に関してはラスト3F地点で一気に先頭に迫ったのでそこが最速地点。そこの反応は良かった。それ以外は評価保留。

つわぶき賞はスローペースでコーナーでもしっかり息が入った。ラスト4F12.7-12.0-11.2-11.2の加速ラップで当馬自身もラスト2Fで一気に伸びているのでレースラップ通り余裕のある競馬と考えていいだろう。

フィリーズレビューは前半がかなり流れたハイペース。出負けて後方からでラスト4Fからポジションを押し上げて外から強襲という競馬。速い流れで早めに動いた中で脚を繰り出せているのは高評価。

速い流れで脚を繰り出せるのが現状見えている強み。出遅れもあるし前目からの競馬は期待せずに後ろからの脚でどこまで来れるか?を考える馬でしょう。つわぶき賞で加速ラップ締めをしているし、阪神内回りから外回りで直線出し切りやすくなるコース替わりは素直にプラス。

プリモシーン

新馬戦は稍重でスローペースを前目での競馬。ラスト4F12.3-12.1-12.0-11.6の加速ラップ。直線勝負に比重寄りすぎて瞬発力で勝るトーセンブレスの外からの強襲に屈した。ここでは特に適性面は見えず。

未勝利はスローペースを後方からの競馬。ラスト4F12.2-11.2-11.3-11.6でラスト3F地点最速で視覚的にも当馬の最速地点もここだろう。そしてラスト1F地点ではテトラドラクマに並んでたたき合いを制した。上がり3F33.2なのでおおよそ10.7-10.9-11.6を踏んでおり、2F連続で10秒台使いながらラストたたき合いを踏ん張れたのは高評価。

フェアリーSは前半緩い所からのラスト4F戦。ラスト4F11.6-11.6-11.6-11.8で当馬はラスト4F手前からポジションを押し上げての競馬。上がり3F34.5でラスト1Fはレースラップ通り11.8なのでおおよそ11.4-11.3-11.8でラスト4Fから脚を使ってと考えれば優秀な末脚。

後方からロンスパ戦で近2走高いパフォーマンス。瞬発力に関しても高いものを持っているのは未勝利戦で見せているし、持続性能の高さもフェアリーSで見せているので現状底を見せていない。自分から早めに動く競馬が強みで仕掛けを待つと流石に今回のメンバーレベルでは差し損ねる。

桜花賞買わない人気馬と注目馬は?

桜花賞買わない人気馬と注目馬は?⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます
Advertisement

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 


【PR】買うべき馬、買わないべき馬を無料で公開!

更に!入選圏内濃厚の穴馬の情報もなんと無料!

こんな馬券が取れちゃうんです!

皆さんこんにちは。PR担当の上村と申します。

一週間の平均獲得金額が「60万円」を超える

高配当連発のサイトをご紹介です!

その名も「金の鞍」!! 居酒屋ではありませんよ(笑)

この金の鞍。

”かなりすごい”です!

上記の通り無料情報でも激走する穴馬を推奨し、

高額の配当を得ており会員様からの喜びの声も多い。

実際無料情報でも100万オーバーの配当をお届けしているのです!

僕も先週無料情報を試してみたのですが驚きました。

実際危険な人気馬を見事に見抜き、推奨された穴馬は大激走!

しっかり無料情報だけでプラス収支を導くことができました。

なぜこれだけの実績を出すことが出来るのか?

その問に金の鞍は言います。

それは、一言でした。

【プロの競馬情報会社だから】

情報がどうとか、関係者がどかではなく

信頼と実績が産む「圧倒的な利益」

それがこの金の鞍の武器だと言います。

だからこそ、これだけの高配当をコンスタントに的中できるんです。

■以下、実際に無料情報で儲けているお客様の声になります。

今週は重賞の【桜花賞】の買い目も無料で公開のようです!

これだけの実績があるサイトの無料買い目情報…。

期待せずにはいられませんね!!

皆さんもこのチャンス、必ずものにして下さい!

※無料登録はメールアドレスの簡単登録のみ。

⇒ 今週の無料情報を受け取る方はこちら!