【阪神牝馬S2018】予想:最終結論

【阪神牝馬S2018】予想:最終結論

ブログランキング謎のペナルティから1週間経ったのですが未だに運営からの連絡も帰って来ず・・・

原因がわからないので対処のしようがないんですよね( ゚Д゚)

これが続くようだと少しLINE@での配信などの比重を大きくする可能性もありますのでよければ追加しておいてくださいm(__)m

友だち追加

まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

―【PR】――――――――――――――
業界最高水準!規格外の的中率!
「実際に投資競馬で高配当を連発!」

▼過去の主な的中実績

2018/3/25 中京12R 鈴鹿特別
三連複 14-13-02
配当:1,221,600円

2018/3/25 中京11R 高松宮記念
三連単 09-08-07
配当:604,500円

2018/3/24 阪神06R 3歳500万
三連単 02-04-03
配当:484,960円

その他の的中実績はこちら!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週は【桜花賞】の予想を

◆◇「無料公開!」◇◆

【この機会に体感してみてください!】

▼無料登録はこちらです▼

無料予想を今週から受け取る

 

目次

出走馬分析

リスグラシュー

阪神JFとチューリップ賞は共に3Fに渡ってそこそこ早い脚をしっかり使うもののポジショニングの差でソウルスターリングには敗れた。

桜花賞は前後半3F1.5秒のハイペース。そしてラスト4F11.8-11.5-11.9-12.8でラスト3F最速と持続性能問われる展開でソウルスターリングを筆頭に止まる馬が多い中でいつもと変わらない脚を使ったことで相対的に浮上。ここではペース依存度が低い良さを見せた。

ローズSはカワキタエンカが引っ張って平均ペースに。かなり後方からの競馬になりラスト4F12.0-11.6-11.3-12.0のラスト2F地点手前から勢いに乗ったラビットランに瞬発力で見劣って3着まで。

エリザベス女王杯はスローペースを後方からでコーナーで緩まなかったので押し上げることもなく直線勝負に。ラスト4F12.2-11.6-11.2-11.6と最速地点が11秒台前半に入り、ラストも大きく落とさないラップ構成で完全に負けパターン。

東京新聞杯はスローペースからの瞬発力勝負。ラスト4F12.4-11.1-11.0-12.0とラスト3F最速とはならないものの早い段階でギアが入って持続性能問われる展開に。その点を考えれば向いたと言えるが、11.1-11.0の地点で置いていかれるもラスト12.0でも脚を落とさずに差し込んでくるといういつもの競馬ではなく、11.1-11.0の部分でしっかり先頭に迫ったうえでの勝利。これはこれまでにない要素を見せてきたと言える。

そして今回ですがラスト坂があり他馬が止まりやすい条件は向くでしょう。3Fしっかり脚を伸ばせる点もいいですし頭数が少ないのも向く。ポイントはスローからの瞬発力戦になったとしても前走対応できそうな点を見せてきているのをどこまで評価するか。

ソウルスターリング

チューリップ賞はラスト1F地点で先頭に立った。単純に上りから計算すればラスト2,3F地点では10秒台を刻んでいた事になるが、視覚的に確認すればラスト2F地点の追い出してからが10.7くらいだろう。コーナーでの加速にも対応しているし、ラスト2F地点では最高速性能も見せている。何より2段階目の加速にも対応できた点は大きく評価できる点。

桜花賞は中盤も全く緩むことのないレースだった。渋った阪神でこのラップはかなりタフな流れだったと言えるだろう。ここまで平均かスローからの加速性能と最高速性能で先行抜け出しで着実に勝利してきた馬でこの様なペースは初めて。ここでも一時加速は見せたがペースで脚が削がれた分甘くなった。

オークスは超ドスローで流れたレースで前半はスンナリ隊列が決まってかなり遅かった。4角辺りからレースは動き出すが終始持ったままで、本格的に追い出すのはラスト1.5F付近。ラストも止まらずだし当馬がスローペースでポジション確保すれば3歳牝馬では瞬発力でひっくり返す事はできないだろうという内容。

毎日王冠は仕掛け所が遅く瞬発力に寄り過ぎたレース。ラスト4Fは12.1-11.1-10.7-11.7でラスト3F11.1には対応したもののラスト2F10.7で差されて置いていかれた。オークスではジワッとペースを上げて4F戦で勝ち切っていたし一気に加速して10秒台2F続けて来られる様なラップでは流石に古馬牡馬には足りなかった。

天皇賞秋は少し出負けて外のミッキーロケットに被せられたところで無理にポジションを取りに行かずコントロール重視の競馬で中団で馬群に入れられた。古馬牡馬相手に6着と形にしたこと自体は評価できるが馬場が異質な競馬で細かい評価は難しい。

ジャパンカップは中盤もそこそこ流れたが何よりラスト4F11.8-11.3-11.8-12.0と仕掛け所が早く持続性能が大きく問われる形に。流石に上位馬の土俵に乗っかり過ぎてシュヴァルグランなどとここで比較しても仕方ないなという展開。

近走は敗戦続きではあるがメンバーレベルと展開を考えれば言い訳できる内容とも言える。それでもMAXのパフォーマンスと比べると少し足りない様に感じるし、3歳時のパフォーマンスが高いのは間違いないし結局は立て直しているかどうか。人気の今回どう扱うかは今回のレースの大きなポイント。

アドマイヤリード

阪神牝馬S(2017)は道中もそこそこ流れてラスト4F11.8-11.2-11.8-12.0でラスト3F最速のタフなレース。これを内をすくって一気に先頭へ迫り、そこからはラップ通り減速はするものの一瞬の脚で着内まで持ってきた。

ヴィクトリアマイルはラスト5F12.3-12.2-11.1-10.8-11.9と中盤緩んだ事で極端な瞬発力勝負に。ラストは大きく落としたがラスト2,3Fの瞬発力勝負で抜け出して勝ち切りで瞬発力勝負への強さを見せた。

クイーンSはアエロリットが大きく離して逃げたレース。2番手集団以降はスローペース水準ではあったが流石に前との距離が離れすぎていたことでラスト3F地点のコーナーでの動き出しを余儀なくされて無駄に脚を使ってしまった。それでも外に膨らんだ分で前との差は詰められず差し込んできても物理的に届かず。

府中牝馬Sはスローペースからの瞬発力戦。ラスト4F12.5-11.2-11.0-11.5と全く前も止まらない競馬になり流石に後方から馬群を割いてという訳にはいかず直線で外に進路を持ち出した。もちろん内で溜めたからこそのラストの脚なのでこれは展開のあや。本格的に追い出せたのはラスト1Fで一瞬の脚はここでも際立った。

東京新聞杯の敗因は明確で一瞬の脚の使いどころで前が壁になってしまった点。致命的なマイナスなのでここは度外視でも。

東京新聞杯の敗因を回避するには外を回さなくてはならないので、それをすると結局リスグラシューには届かなかっただろうし、この不安は常に付きまとう馬。長く脚を求められる展開でもそれを無視して脚を溜めてラストに賭ける事はできる馬。少頭数も向くとは思うが結局差し損ね不安はあるので人気でどう扱うか。

ミスパンテール

清水Sは前後半3F3秒近いスローでラスト4F11.8-11.6-11.1-11.1とラストまで脚を鈍らせなかったのは高評価だが51キロとハンデもらっていた側だし、2着レーヌドブリエがその後奮っていないのでそこまで評価はしづらい。

ターコイズSは中盤は淡々とながれたものの序盤は緩いペース。ラストまでしっかり脚を伸ばして差しきりでここも清水Sに近い内容だが、やや流れた中で同様の脚を使えたのは高評価。

京都牝馬Sもスローペースからのレース。ここでも瞬発力を発揮しながらも持続性能もそこそこのものを見せて差しきったレース。

ローズSでは流れたペースで崩れているしスローペースで直線目一杯使っての競馬をしたい。仕掛け所は遅れた方がいいので他馬の動き出し次第で大きく変わりそうなので他の馬との兼ね合いで判断したい馬。

ラビットラン

500万下(2017/7/22)は中盤淡々と流れて平均ペースの流れ。ラスト4F11.9-11.6-11.1-11.6を外目から上がっていってラスト1,2Fを目一杯使って差しきり。上がり2位33.7に対して33.0と突き抜けた。瞬発力の高さを見せたし平均ペースから脚をしっかり伸ばせたのも好印象。

ローズSはカワキタエンカが引っ張って平均ペース。ラスト4F12.0-11.6-11.3-12.0でラスト2F手前から一気に加速してラストまで伸び続けて差しきり勝ちでここでも瞬発力の高さと持続性能の高さを見せた。

秋華賞はかなり早く流れたレース。それをいつもより前目で推し進めた分なのか馬場の分なのかラストの脚はいつもほど発揮できず。

ターコイズSは中盤淡々と流れたレース。これを直線勝負を嫌ってか中盤でポジションを押し上げて脚を使ってしまった。これによるものなのか瞬発力を発揮しきれず。もちろんローテーション的にダメージも考えられるし、斤量差を考えれば上出来とも言える内容。

近走は少しポジションを前目に取っての競馬。内容は悪くはないが芝転向からの500万、ローズSのパフォーマンスと比べるとどうしても微妙に映る。これが後方一気の競馬に対応できないとも考えられるし、単純に使い詰めによって状態が下降線に入っていたからとも考えられる。秋華賞を見る限りそれでも4着まで来ているので能力は高いと思うし状態面が原因だと考えようと思います。

ジュールポレール

うずしおSは前後半3F3.5秒のスローペース。ラスト4F11.9-10.7-11.0-11.5とラスト3F最速の持続性能問われる展開。それをラスト3F地点で一気に先頭に並びかけてラスト1Fは流す余裕。これはかなり高いパフォーマンスであったと考えます。

阪神牝馬S(2017)は道中もそこそこ流れてラスト4F11.8-11.2-11.8-12.0でラスト3F最速のタフなレース。これを外を回してアドマイヤリードと僅差。ミッキークイーン得意の展開になったので差し込まれたがそれでも充分の内容。

ヴィクトリアマイルはラスト5F12.3-12.2-11.1-10.8-11.9と中盤緩んだ事で極端な瞬発力勝負に。このラップでコーナー後手を踏んでしまい直線向いた段階でアドマイヤリードよりやや後ろの位置に。流石に純粋な瞬発力勝負ではアドマイヤリードには及ばず。

秋風Sは序盤かなり緩んだスローペース。ラスト3F11.6-11.4-11.2の加速ラップで抜け出して完勝。ここは超スローではあったものの持続性能は見せたといっていいだろう。

エリザベス女王杯は前が止まらない中でいつもより後方からになり進路取りもかなり外を回す形に。ラスト伸びあぐねたがここは距離も長かったし度外視で。

そして今回だが純粋な瞬発力勝負になると一線級相手には厳しさもあるが早仕掛けで持続性能問われる形になれば重賞級だろう。スローペースでもある程度まとめられるが基本的には流れて相対的に浮上の方が現実的か。

阪神牝馬Sの相手筆頭馬は?

阪神牝馬Sの相手筆頭馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

おすすめ記事
【桜花賞2018】出走予定馬分析その1
【桜花賞2018】出走予定馬分析その2

Advertisement

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

----------------------

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績!◆◆

3月25日(日)中京12R 鈴鹿特別

3連単 14-13-02

獲得金額 1,832,400円!

その他俺の競馬の的中実績はこちら!

----------------------

これだけの高配当を量産することが出来るのか?

全ての結果には「理由」がある!

儲けることだけを考えて辿り付いたもの…それは

・確かな情報筋からの独占情報
・最新競馬ロジックの駆使
・投資会社からヘッドハンティングした資産運用のノウハウを活用

この3つをMIXすることで、他社には真似できない正解を導き、

競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功。

 

今週も「桜花賞の予想」を無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る