【大阪杯2018】出走予定馬分析その2

【大阪杯2018】出走予定馬分析その2

大阪杯予想オッズ

出走予定馬分析

スワーヴリチャード

ダービーでは超スローペースをある程度前目のポジションでロスなく進めました。完全な直線のみの瞬発力勝負になりましたが、加速にも対応してラスト2F地点では10秒台中盤まで入れてここでは1着レイデオロにも詰め寄りましたがラスト1F地点から後方馬にも差を詰められレイデオロとの差も据え置きなので持続性能で敗れた感じ。

アルゼンチン共和国杯では中盤も淡々と流れてラスト5F地点から11秒台。それをインでやや行きたがりながらもしっかりコースロスなく立ち回りラスト2F地点で一気に加速し先頭を捉えて勝ち切り。ここでも瞬間的な加速を見せた。

有馬記念では枠もあり外を回す形になりながら即シュヴァルグランやクイーンズリングとの差を潰したものの、勢い失われるのも早く差し返されて4着まで。

金鯱賞は稍重で若干切れ味削がれた感はあるがドスローで前目のポジションも取れたのでほぼ理想の展開で勝利。

当馬の持ち味は瞬間的な切れ味。その反面持続性能には欠ける為惜しくも勝ち切れないというパターンが多い。まだ流れたペースでどこまえやれるかはハッキリわかっていないが、スローペース専用機とまでは言わなくてもいいだろう。

なにより瞬間的な切れ味に加えて立ち回り力の高さも備えているので、コースロスをなくすことで持続性能のなさをカバーできるので安定感は高いといったところでしょう。

今回大阪杯でロンスパ戦に持ち込みたい馬やペース流したい馬もいるので如何に内枠で立ち回れるかがカギとなりそうです。距離的にも春のここは取りたいレースでしっかり叩いてなので状態面には期待しつつも左回りのイメージ強い中で1番人気をどう扱うか。

ダンビュライト

ベストバウトだと考えている皐月賞では淡々とした流れのレースで内をすくったアルアインとペルシアンナイトに次ぐ3着。4角で外目から一気にポジションを奪いに行った当馬に対してアルアインは内目を通っていきラスト1F付近の脚で付けた差を残しきって1着。それに対して最後は再度着差を詰めての3着で内容は上位2頭にも匹敵する内容で持続性能は高く評価できます。

直線でのスムーズさを考えれば勝っていてもおかしくない能力まで見せました。ただここで勝ち切れなかったのは瞬発力がやや劣ったという事。流れたペースでも一脚を使えて、持続性能も平均よりは高くで瞬発力も脚を引っ張るレベルではない。これがこの安定はするものの勝ち切れない理由。

ラスト5Fからレースを動かしていってという程尖った馬であれば嵌れば勝つのだが、高水準でまとまっているがレースを支配できるレベルの点がないので、まとめては来るが嵌った馬にやられて3着というのがこれまで。

AJCCでは位置取りが良かったレース。マイネルミラノが大きく離して逃げて少し離れて当馬、大きく離れて3番手以降という隊列。瞬発力が重賞では水準並しかない当馬は3番手グループの位置だと差し損ねていたでしょう。ラスト4F戦でそれほど速い脚も必要なく差しきれる位置でドンピシャな競馬でした。

当馬に関してはドスロー瞬発力勝負想定なら消しでもいいと思います。

今回はこの手の馬は多いですし、それらが来る展開を想定した場合でもその中の順番付けが重要。今回のメンバーでコーナーでロスはかなり厳しくなるので枠の並び次第で評価を柔軟に変えたい。

ミッキースワロー

京都新聞杯で凡走した事とセントライト記念で強い競馬をした事を考えれば自ずとキャラは見えてくるか。この二つのレースの違いはレースの仕掛け所。京都新聞杯は直線で3Fしっかり脚を求められたのに対して、セントライト記念はほとんど2Fのみの瞬発力勝負。それ以外は道中スローでありこの二つのパフォーマンスに大きく差があるのは持続性能の低さによるものと考えるのが自然か。

いわき特別では少し仕掛けが遅れて直線大きく外を回しポジションが悪すぎた印象もあるが道中平均で流れた所を後方待機だし、そうだったからこそ直線瞬発力を発揮して3着まで来れたと考えられる。

AJCCではいつも通り後方からも前のマイネルミラノ、ダンビュライトとはかなり離れての3番手グループの更に後ろ目。ラスト4F地点から動いて2着まで。これでもやはり3着以下のメンバーはだいぶ手薄だったし高いパフォーマンスというよりは能力でここまで無理やりまとめた感が強かったレース。

現状ではスローペースでしかまともな戦績はないし、経験自体がないとも言えるが前述の内容からもスローがベストの可能性高い。そして高いメンバーレベルでの最重要の好走条件が現状は仕掛け所が遅れて直線のみの勝負になる事。コーナーから脚を使わされるとラスト鈍る可能性あり。

ただ周りのペースに惑わされないでじっくり溜めてしまえば3着まで突っ込んでくる力はあるので人気とのバランスが重要。

大阪杯上記3頭の扱い予定は?

上記3頭の扱い予定は(上からDEF)⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

おすすめ記事
【大阪杯2018】出走予定馬分析その1

 

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/