【大阪杯2018】出走予定馬分析その1

【大阪杯2018】出走予定馬分析その1

高松宮記念は穴目のワイド5頭BOXで全くかすらずでしたm(__)m

明日回顧掲載します!

大阪杯予想オッズ

出走予定馬分析

サトノダイヤモンド

金鯱賞週中分析

持続性能が武器ではありながら、そういった馬特有の加速の悪さやスピードの低さなどといった操縦性の低さが目立たないので常に安定して自らの土俵に引きずり込むことが可能なのが強み。

この持ち味はほぼコース不問で活きてくるでしょう。あまりにも瞬発力特化になったりする新潟あたりは走る馬ではありませんし弱点は小さいと思います。

そして今回ですが、能力は言うまでもありませんしスローペースになりやすいコースなので仕掛け所も自らのタイミングで行けば問題ありません。

しかし海外帰り1戦目で状態も不安ですし、そもそも目標は先にある馬。

 

金鯱賞回顧(サトノダイヤモンドは復活したのか?)

レースラップ:13.3-11.9-13.1-12.9-11.8-12.4-12.0-11.4-11.2-11.6

 

向こう正面の下りで一時ペースアップはしたものの5F通貨63秒の超スローペース。

直線ではラスト1F過ぎで一気に差を詰めたものの届かず3着まで。これは悲観すべき内容なのか?

結論から言えば全く悲観する必要はないと思います。

やはりスワーヴリチャードなど瞬発力に長けた馬が前目で進めて切れ味削がれない超スローペースで直線まで運ばれてしまうとこれは元より無理な展開。

今回も加速はそれらと比べてしまうと明らかに見劣りましたし、敗因は状態云々ではなくそもそもの特性。なんならそれでも3着まで来た事に能力を感じました。

まあこの展開でもG1などの本番に値するレースならば早めに捲る様な形を取ったと思うので、ある種敗因は本気度とも言えるかもしれませんが。

・今回の敗因は展開。ほぼ最悪レベルの展開で前哨戦故に勝ちにいかなかった
・合わない展開で3着まで来ているので状態の不安はほぼなくなった

金鯱賞後この様に記しました。

個人的には海外で大崩れした点についてはもう不安視する必要なしと考えています。シンプルに叩いて上昇と考えていいのではないでしょうか。

過去ペースから考えればスローペースからラスト2F最速になりやすいレースですが、それは大阪杯がG2で前哨戦扱いされていた時のものなので、そのデータから嫌う必要はないと思います。

当馬が自ら動いていって4F戦以上の競馬に持ち込めば存分に力を発揮できるでしょう。不安要素といえばスローペースでコーナーで捲り切れなかった際に直線前目の馬に出し抜かれるパターンで例としては前走の形。

こればっかりは乗り方次第。前哨戦とは違うので前走ほど直線に比重乗せない可能性高いので前走比で見れば負けパターンは明確に存在するものの条件好転と見てもいいでしょう。

ベストは中長距離だとは思うのでその適性差の分でどこまでやれるかを判断。

シュヴァルグラン

有馬記念時考察

前走ジャパンカップはキタサンブラックを下してはいるが、淡々としたペースでポジションも前目で運んで持続性能で押し切れる展開はド嵌りに近い。

当馬のG1級での扱いとしては後方からでも持続性能を活かしてポジションを押し上げる事ができるが、ここで捲り切れないと直線のポジション差をひっくり返す事は難しい。なので基本的にはポジションを前目にとって動き出せば直線先頭を捕まえられるといった感じ。

キタサンブラックとの兼ね合いだが、キタサンブラックはコーナーリング性能を活かして先頭で直線を向くイメージだがこれに合わせてラスト4Fくらいから動き出すのではキタサンブラックの土俵になってしまう。主に逆転するパターンは早めに捲りキタサンブラックの早仕掛けを誘発したい。その為にもある程度のポジションは必要。そうなればラスト持続性能勝負に持ち込んでチャンスはあるか。

有馬記念では完全にキタサンブラックにド嵌りの展開で3着まで。ここでも直線で差せたのはシャケトラやサトノクロニクルといった直線勝負に弱い馬で、直線勝負に強いクイーンズリングにも届かなかったですが、やはり前走は完全に展開負け。

それでも3着に来ているのだから能力は相当高いと思います。ただ当馬のベストは東京や阪神外回りといった直線目一杯使える競馬場だと思います。短い直線のコースで持ち前の持続性能を活かそうとすると3角から動かなくてはなりませんが、コーナー加速はそれほど得意ではないので結果的に捲りきれず直線差しきれずの危険が増えます。

当馬も瞬発力勝負は嫌で、持続性能抜群の中長距離が得意なタイプ。今年の始動戦となるここは条件もやや合いません。前目のポジション取りが必要となりそうです。

ただ人気も落ち着くようで、前目から押し切る様な競馬なら能力の高さでこなせる可能性もありますので枠の並びを見てからしっかり判断したい馬。

ヤマカツエース

金鯱賞時考察
とにかく直線のみの競馬に持ち込みたい馬。中団からでも鋭い脚は使えるしその点が重賞上位級の要素。

コーナーで脚を使ってしまうとてんでダメなタイプで有馬記念はそのパターンでキタサンブラックに付き合ってしまったのが敗因。

前走はキタサンブラックに勝つための騎乗をした事で崩れてしまったが、自らの競馬に徹すればここでも見劣らない。

ただしサトノダイヤモンドがロングスパート戦を仕掛けてくるのを真っ向から相手にすると苦しくなるので上手く立ち回りたい。

この様に記しましたが、結果は離された4着。超スローペースでラスト3F11.4-11.2-11.6とコーナーから加速して3F目一杯脚を持続しなくてはならない展開でした。コーナーで脚を使わされるとてんでダメな馬なので敗因はそこか。また持続性能も低いため3F脚を使うのも厳しかった。

当馬はレースが動いても直線まで内で我慢してラスト2Fでどこまでやれるかという馬。もちろんレース自体の仕掛け所が遅くなればいいがG1など上位レースではあまりその展開は期待できず。

3着狙いに徹してくれればチャンスあるが、勝ちに行くなら3着内も厳しくなるという馬でとりあえず3着狙いできる様な枠の並びなら。

大阪杯上記3頭の扱い予定は?

上記3頭の扱い予定は(上からABC)⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

日曜日結果

まとめるのに時間掛かるので当日確約はできないので基本的に1週間中のどこかで掲載しますm(__)m

高松宮記念はダメでしたが阪神10Rで◎スマートグレイス☆オールインワンが5,6番人気の1,2着で高配当ついたのでよかったです!

来週は重賞も当てれるよう頑張ります。

◎:軸筆頭
☆:穴筆頭(推奨無しの場合あり)
○:相手筆頭
▲:相手2番手
△:抑え
◎軸信頼度別(A~Eで表記)
C:1/1 好走率100%
D:0/1 好走率0%
E:1/1 好走率100%
1R
印5頭:▲2着△3着(◎推奨なし)
7R
印5頭:○3着
9R
印3頭:◎3着○1着
10R
印5頭:◎2着☆1着
/div>


重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/