【高松宮記念2018】予想:最終結論

【高松宮記念2018】予想:最終結論

高松宮記念予想オッズ

レッドファルクス

スプリンターズS2連覇を果たして短距離路線の頂点に君臨する馬。

昨年のスプリンターズSではレースラップ11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7のラスト3F地点最速のレースでその地点付近でも先頭に離されていない上でラスト1Fで一気に先頭に迫るという競馬。極めて持続性能に偏った競馬で勝ち切り。

一昨年のスプリンターズSでもラスト4F地点から外を回してコーナーで捲っていってゴール手前で差しきる競馬。ここも持続性能あっての競馬。

そして初重賞制覇のCBC賞では10秒台4F連続するラップをラストまで伸びきって差しきる脅威のパフォーマンス。

それに対して高松宮記念では稍重で3着までに留まった。これがポジションを少し取った事とどちらに起因するかはわからないが良馬場で後方待機なら間違いない馬だろう。

後方待機の馬でありながら持続性能特化型なので自らが早いタイミングで動いてしまえば土俵に引きずり込めるというのが何よりの強み。早仕掛けさえ叶えばあまり大きく崩れるイメージは湧かない人気馬。

セイウンコウセイ

函館SSは超ハイペースで4着はむしろ高評価できるレース。

ややハイペースくらいを先行がベストパターンでコントロールも効く馬だし反応もいいし平均ペースから10秒台に入れる事もできる。

流石のG1馬だなという感じでこれと言った弱点は見えてこないし、全て高いレベルでまとまっている。

しかしスプリンターズSはポジションも前目では運べず瞬発力問われる形になった。瞬発力ではこれまでも昨年シルクロードSでダンスディレクターに屈した様に際立ったものはなくポジションで誤魔化したい当馬にとってはどうにもならなく凡走も致し方ない。

休み明けもあったし状態面で言い訳効く可能性もあるしそれ程重要視する必要もないか。スワンSも1400mで1秒近いハイペースで後方からだと凡走止む無しと取る事ができる。

ただ前走京阪杯の凡走は度外視とはいかない。平均ペースくらいでやや外目回ったとはいえ直線で一脚発揮出来れば押し切れるポジションも確保できた中で直線ほぼ見せ場なしの敗戦。

これは状態面に問題があるとしか考えられなかったが、シルクロードSではしっかり立て直して2着。ただシルクロードSでもベストに近い形でファインニードルには完敗で最盛期には少し足りない。もう一段階調子を戻してくれれば再度王冠も見えるが。

レッツゴードンキ

前走フェブラリーSでも5着と大健闘だった当馬。

海外帰り→ダートG1→高松宮記念という何とも特殊なローテですが、単純に考えれば前走で海外帰り1戦目の叩きはクリアしていますし本来の適性条件への条件替わりという事で条件面は大幅に良化で状態面も問題ないと思いますのでローテ面からの減点は必要ないと考えます。

昨年の高松宮記念では内を綺麗に突いて、少し前目で進めたレッドファルクスを一気に反応して後方から差しきったのは好印象。ただこれは馬場が味方した可能性とレッドファルクスがやや前目で進めて伸びあぐねたというのもあるので手放しで高評価まではできない。

しかし今年も同様に馬場は味方する可能性はありそうです。後方勢狙いたくないレースではあるのでその上でどう扱うか。

ダンスディレクター

シルクロードSでは直線向いてから一気に加速して直線目一杯使ってトップハンデで差しきり勝利を果たした。ラスト3F11.3-11.1-11.5のレースラップでラスト2Fの脚はかなり目立っていたし瞬発力は極めて高いものを発揮したし、ラストまで脚が鈍らなかったのは好印象。

セントウルSでも直線向いてからの競馬ではあったが、コーナーでやや外に振られてしまい直線の反応が一瞬遅れた分内を綺麗に立ち回った馬達に敗れてしまった。ここでもラストまで脚は伸ばしていた。

スプリンターズSも同様に直線での競馬。ラスト3F10.9-11.1-11.7でコーナー最速で外に振られて直線反応遅れるというセントウルSに近い敗因。

阪神Cは前目のポジションを取ってラスト4F11.2-11.5-11.7-11.5とラストもうひと伸びするラップ構成を僅差の2着で持続性能を発揮。そしてここでは直線向いた段階で前に馬がいなかったのでしっかりコーナーから勢いに乗せて直線向けたのが良かった。

まとめると後方からで前に馬がいると進路確保するまで瞬間的な反応の良さを活かせず仕掛けが遅れてしまい持続性能も発揮しきれない。

だからといって後方からで外を回すとコーナリング性能はそこまで良くないので一瞬直線で立ち遅れてしまい、前目の馬に出し抜かれてしまう。

それらをフォローして立ち回れたのが前走の阪神C。前目からなら前が壁になり立ち遅れるリスクも減るし、外を回す事もないので早仕掛けで持続性能をフルで活かす競馬も出来る。

後方からだと強力なライバルが何頭かいるし嵌り待ちの面もあるので先行勢の1列後ろは確保して欲しい。後方から直線勝負だと差し損ねる可能性が高いと思います。

コーナー要素が減るので直線伸びるのはシンプルにプラス。

ファインニードル

これまで結果を出してきたのはハイペースでハイペースからの一脚が武器の可能性が高い。

スプリンターズSは外枠から外々を回して最速地点のラスト3Fのコーナーで大外を回した分ポジションを悪くしてしまいどうにもならない展開で凡走。

北九州記念崩れた原因は外目を回すことになり直線での脚を内目の馬比較で際立ったものを出せなかった事が原因。これまでの好走パターンは立ち回りで差を付けれたか否か。

コーナリング性能が高いのでスタートすぐにコーナーを迎える阪神1200mで好走歴が多いのも頷ける。逆にスタートからコーナーまでが長い小倉では相対的にスピード差が出ずにポジションで苦労してそれが直線で響いて凡走というパターンか。

中山1200mだと外回りの向こう正面辺りからのスタートでちょうど下り坂からになる。まともなコーナーまでも結構距離があるので危険なコース形態とだったと考えられる。

シルクロードSも最内枠を活かして上手く立ち回り、直線はセイウンコウセイを交わすだけの楽な競馬。もちろん楽な競馬だったから評価しないのではなくて楽な競馬に持ち込めることが当馬の強み。

今回で言えばもう少し内が欲しかったのは当然ではあるが、そこそこにまとめてくる可能性高いタイプだけにどう扱うか。

高松宮記念注目人気馬

注目人気馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

ナックビーナス

当馬の持ち味は立ち回りを活かして反応の良さから一気に加速できる所。なので外を回す形になると一気に厳しくなる。

逆に内を回れる様な枠に入れば好走パターンに持ち込むことが出来る。

その他能力は重賞で武器になるレベルのものはないが大きな弱点になるレベルのものもないといった所。

馬群が固まっても一瞬でも前が開けば反応活かして抜ける事は出来る。

能力の絶対値で言えばここでもやや足りない位だと思っているので今回も内に潜り込ませられる枠は必須だろう。

オーシャンSでは外枠から外を回す形で2着までは来ているがメンバーレベルを考えるとやはり能力自体改善したというものではない。

器用な馬なので内枠なら相手なりには走れるが・・・

ダイアナヘイロー

スプリンターズSは前半の下り坂で勢いが付きすぎた所を抑えて仕掛け所で少し遅れて、手綱を引いてコントロールしたロスの分で最後は手応え悪く凡走。使い詰めもあったしここはやや度外視気味でもいいかなという内容。

北九州記念はハイペースを勝ち切りでラスト3F11.5-11.2-12.0なのでハイペースからの一脚は使える。

シルクロードSはラスト3F11.1-11.5-11.7となし崩し的に脚を使う様な形で一脚活かせる展開ではなかった。

そして前走阪急杯では復活の勝利。前後半3F34.2-34.6のほぼ平均ペースでラスト5F11.2-11.3-11.4-11.2-12.0と淡々とした流れで直線一脚使って勝利。ここはかなり評価に悩むレース。

レッドファルクスは叩き明白で斤量差も4キロ。そして内を立ち回って一脚使う絶好の競馬での勝ち切り。能力という意味ではレッドファルクス比較では劣るだろうが、先日の記事で書いた通り高松宮記念でこの手の馬は結構嵌りそうな感じ。

ネロ

とにかくスピードを活かした競馬をしたい当馬。

得意なのはとことん飛ばしてどんどん減速していく様な先行馬が自滅するラップ。なので他の先行馬が崩れる中で唯一粘り込むようなことが多い馬でもあります。

一昨年のセントウルSでビッグアーサーに肉薄したのも減速していくラップでした。突き抜けた京阪杯も重馬場でラストの脚を発揮にしくい競馬でのもの。

何だかんだで得意の形に引きずり込む事ができればチャンスのある馬でしょう。それが叶わなかった時にまとめる程の能力はないので能力の絶対値は劣るものの割り切りで狙う要素は持っている馬です。

高松宮記念注目穴馬

注目穴馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/