【毎日杯2018】人気馬分析

【毎日杯2018】人気馬分析

毎日杯予想オッズ

ブラストワンピース

新馬戦は前後半3F5秒近いスローペース。内を立ち回るも直線では進路を探しラスト1F手前まで進路確保のみで付いていく事が精一杯。ラスト1Fで進路確保後は一気に先頭を捉える瞬発力は見せたがペースが遅すぎたので特性面はあまり評価しないでおく。メンバーレベルは500万以下頭打ちっぽい馬が複数で新馬としてみれば水準はありそうだが重賞クラスで主張できるレベルにはないか。

ゆりかもめ賞も前後半3F2秒近いスローペース。中間も緩んでいるし緩いペースと言っていいだろう。当馬はコーナーからポジション押し上げて直線入ってすぐに一気に先頭との差を縮めてラスト1F地点で先頭に立ちそのまま押し切り。当馬単体で見ればおそらくラスト3F地点最速でそのまま大きく落とさずに行けたのがよかった。

今回1番人気になりそうですが、現状の結果だけならまあ納得できる感じはあります。初戦は瞬間的な反応を見せていますし、前走はロンスパ戦に近い勝ち方。共にスローペースからではありますが今回もそれ程流れる可能性高いわけでもないのでまとめてくれる感じはあります。

あとは単純にこれまでのメンバーレベルが単に低かっただけでは?という要素のみで今回その点から強く推せる馬がいない場合は順当に人気並の評価になるか。

ギべオン

新馬戦は前後半3F4秒近いスローペースで直線勝負。ラスト4F12.4-11.4-10.9-11.5を前目から対応して勝ち切っているので一応水準並みの瞬発力はあるか。ただメンバーレベルも低かったしかなりのスローペースなのでどこまで通用するものかはここで判断不能。

フリージア賞もスローペースで直線勝負に。ラスト1Fで先頭を捉えて押し切り。ある程度ペース遅いながらある程度脚を持続できたのが良かったと思います。2着マイネルファンロンもスプリングS3着など安定していますしそこそこの評価は下せるか。

最低限の水準以下の要素を見せず結果としては勝ち切ってきた馬で底は見せていない馬。

ブラストワンピース比較でもメンバーレベル的にはこちらに分があります。

シャルドネゴールド

葉牡丹賞では京成杯勝ち馬ジェネラーレウーノと僅差かつスプリングS3着マイネルファンロンには先着。直線では前が壁になり一度1,3着馬に置いていかれるがラスト1Fで進路確保してからは一気に先頭に迫る内容で勝ちに等しいパフォーマンス。

前走500万下では外枠からでコーナーで加速して少し外に振られながらも先頭に食い下がりゴール手前で差しきりと大きく脚を鈍らせなかった。メンバーレベルも500万勝ち多数出ている好メンバー。

反応がいい器用な馬で立ち回りも上手なタイプだと思います。この手の馬は多頭数で後方一気の馬は外に振られてロスが大きくなり、前目の馬も馬群包まれたりで自滅していく馬が多い中で馬群捌ける利点を活かして相対的に浮上するタイプ。

故に大崩れはせずにどんなレースもある程度こなしてきますが少頭数で外回りコースは勝ち切るよりこなしてきて着内というコースか。

人気注目馬

人気注目馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

今週更新のおすすめ記事!!

【高松宮記念2018】出走予定馬分析 その2
【高松宮記念2018】出走予定馬分析 その1
【回顧】ステルヴィオは皐月賞、サトノクロニクルは天皇賞春で通用?
【日経賞2018】データの扱い方を考えてみる

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/