【高松宮記念2018】出走予定馬分析 その1

【高松宮記念2018】出走予定馬分析 その1

少し作業立て込んでいるので、阪神大賞典など先週重賞の回顧は明日中くらいになる予定ですm(__)m

高松宮記念予想オッズ

レッドファルクス

スプリンターズS2連覇を果たして短距離路線の頂点に君臨する馬。

昨年のスプリンターズSではレースラップ11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7のラスト3F地点最速のレースでその地点付近でも先頭に離されていない上でラスト1Fで一気に先頭に迫るという競馬。極めて持続性能に偏った競馬で勝ち切り。

一昨年のスプリンターズSでもラスト4F地点から外を回してコーナーで捲っていってゴール手前で差しきる競馬。ここも持続性能あっての競馬。

そして初重賞制覇のCBC賞では10秒台4F連続するラップをラストまで伸びきって差しきる脅威のパフォーマンス。

それに対して高松宮記念では稍重で3着までに留まった。これがポジションを少し取った事とどちらに起因するかはわからないが良馬場で後方待機なら間違いない馬だろう。

後方待機の馬でありながら持続性能特化型なので自らが早いタイミングで動いてしまえば土俵に引きずり込めるというのが何よりの強み。早仕掛けさえ叶えばあまり崩れるイメージは湧かない人気馬。

完璧に乗った上で負けるパターンを強いて言えばハイペースで一脚使える馬が当馬に対してしっかりリードを持った状態で直線向くパターンか。

現時点の扱いは⇒A:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

セイウンコウセイ

函館SSは超ハイペースで4着はむしろ高評価できるレース。

ややハイペースくらいを先行がベストパターンでコントロールも効く馬だし反応もいいし平均ペースから10秒台に入れる事もできる。

流石のG1馬だなという感じでこれと言った弱点は見えてこないし、全て高いレベルでまとまっている。

しかしスプリンターズSはポジションも前目では運べず瞬発力問われる形になった。瞬発力ではこれまでも昨年シルクロードSでダンスディレクターに屈した様に際立ったものはなくポジションで誤魔化したい当馬にとってはどうにもならなく凡走も致し方ない。

休み明けもあったし状態面で言い訳効く可能性もあるしそれ程重要視する必要もないか。スワンSも1400mで1秒近いハイペースで後方からだと凡走止む無しと取る事ができる。

ただ前走京阪杯の凡走は度外視とはいかない。

平均ペースくらいでやや外目回ったとはいえ直線で一脚発揮出来れば押し切れるポジションも確保できた中で直線ほぼ見せ場なしの敗戦。

これは状態面に問題があるとしか考えられなかったが、シルクロードSではしっかり立て直して2着。

ただシルクロードSでもベストに近い形でファインニードルには完敗で最盛期には少し足りない。

もう一段階調子を戻してくれれば再度王冠も見えるが。

現時点の扱いは⇒B:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

ナックビーナス

当馬の持ち味は立ち回りを活かして反応の良さから一気に加速できる所。なので外を回す形になると一気に厳しくなる。

逆に内を回れる様な枠に入れば好走パターンに持ち込むことが出来る。

その他能力は重賞で武器になるレベルのものはないが大きな弱点になるレベルのものもないといった所。

馬群が固まっても一瞬でも前が開けば反応活かして抜ける事は出来る。

能力の絶対値で言えばここでもやや足りない位だと思っているので今回も内に潜り込ませられる枠は必須だろう。

オーシャンSでは外枠から外を回す形で2着までは来ているがメンバーレベルを考えるとやはり能力自体改善したというものではない。

器用な馬なので内枠なら相手なりには走れるが・・・

現時点の扱いは⇒C:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!抽選や応募は本日は下記LINE@にて!!
締切:3/19 23:30
毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!

 

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/