【フラワーC2018】予想:最終結論

【フラワーC2018】予想:最終結論

ロックディスタウン

新馬戦ではタイムフライヤーに瞬発力勝負で勝ち切った当馬。ただ個人的に新潟のスローペースでの内容は評価するのが苦手であまり重視したくないレース。それでもタイムフライヤーに勝利という部分は明確でわかりやすいのでパフォーマンスは高かったのだと思う。

札幌2歳Sでは逆に最速地点でも11.9と最高速を求められなかった中で外から押し上げてそのまま押し切ったのでこのメンバーの中では間違いなく最上位。ただここもメンバーレベルは微妙で着差も小さい事から何とも言えない内容。

阪神JFでは掛かってポジションを取ってしまいラスト伸びあぐねて凡走という内容で評価し辛い。

そうなると現状ポジティブに取れば新潟での新馬戦を評価して掛からなければ牝馬最上位級。近走は外枠だったが今回内目なので掛かる可能性も下がり巻き返し可能。

ネガティヴに考えれば新馬戦の戦績のみで評価され過ぎていると捉え人気なら評価しない考え方。

もちろん二元論で買う買わないではなく抑え程度という評価に収めるのも視野に入れつつ評価したい。

カンタービレ

2走前未勝利戦ではハイペースに流れた中で前目で進めてコーナーはタイトに回り、反応も良く一気に加速して先頭へ。しかし流石にペース速かった分で最後にきさらぎ賞3着のラセットに捕まって2着まで。

前走の未勝利戦は逆にスローペースで進めて、ここでも反応はかなり良く一気に先頭に立ちラストまで脚を鈍らさず押し切って勝利。

流れたペースでも一脚使えた点は強く評価できそうで、加速性能も高い事から器用な立ち回りにも期待できる。

ポジション取って上手く立ち回りラスト一脚使って出し抜く競馬をしたいのでもう少し内目の枠が良かったが許容範囲の枠だろう。

トーセンブレス

阪神JF4着でチューリップ賞上位組に次ぐ着順で当然人気してくる模様。

ただその上位とは着差しっかり開いておりそれだけで評価するのは危険な感じもする。

新馬戦ではフェアリーS1着プリモシーンに先着している事から能力は認められるので、

最後方に近い競馬自体で届くような馬場なのか?展開なのか?という事が問題だろう。

メサルティム

新馬戦では超スローペースで後方外目で直線へ。ラスト3F12.0-10.8-11.4でラスト2F地点のレースが動いたところでは明らかに他馬に後れを取った。ここから加速性能は低いか。ラスト1F過ぎから一気に先頭に迫るも届かずの3着まで。

未勝利では超スローペースで逃げてラスト3F12.2-11.2-11.0で加速性能の部分を埋めてきた。ラストも落としていない点に関してはあまりにスローペースなので評価しない方がいいだろう。

500万下ではラスト3F地点で外から勝ちに行き押し切っての勝利。3Fしっかり脚を使ったのは間違いないがメンバーレベルも低くここもスローペースでの内容。

とりあえず今回評価するにあたって新馬戦で見られた加速性能の低さに関しては度外視する。その上で1つ目の問題はスローペースでの内容しかない点。

そんなに早くなるレースではないし問題はないと思うが、2つ目の問題であるメンバーレベルから能力の裏付けが弱い点。

2走前の未勝利の形を最内枠から作れれば残り目はあるが人気でどうか。

ノームコア

新馬戦では前後半3F1秒以上のハイペースでラスト3F地点で息が入りながらも押し切りでメンバーレベル低かったとはいえ一応流れたペースで一脚使える可能性は見せた。

アスター賞はスローペースを前目で進めてラスト3F地点のコーナーから動き出して直線へもスピードに乗った状態で迎えてラストまで脚を鈍らさずに完勝。ここもメンバーレベルは低かったとはいえコーナリング性能の高さを見せたのは高評価。

ここまでメンバーレベルからの能力裏付けはかなり薄いものの内容は悪くないと思う。コーナリング性能の高さは間違いない可能性が高い中で内目の枠は大きくプラスにできるだろう。まだ推測の域ではあるが立ち回りと反応がい器用な他言うだと思います。

今回の評価に関しては能力こそどうかは定かではないが3着までの要素は見せているので、長期休み明けで走れる状態にあるかどうか。調教などから良い悪い問わず目立った点なければとりあえず紐という扱いはしていいラインにあるでしょう。

ノーブルカリナン

未勝利戦では後方で直線を向きラスト2F地点で一気に反応して先頭へ迫り、そのまま脚を大きく鈍らさずに押し切って勝利。

エルフィンSでは前後半3F2秒近いハイペースで一脚を使ったもののラストにレッドサクヤに捕まってしまい2着まで。ペースを考えれば一脚は使っているし持続性能というよりは単純に一脚の質と展開の差で負けてしまったかなという感じ。

とりあえず現状で言い切れそうな点は加速性能は高いだろうという所。後方から差しきる程の脚は見せていないので前目のポジションは欲しい。上手く立ち回って一脚使えればチャンスはあると思う。

バケットリスト

前走は出遅れてしまい凡走止む無しで度外視。

2,3,4走前のレースはいずれも前目で進めてラスト3Fのコーナー最速で持続性能問われる中で前目には苦しい中で何とか凌ぎ切って馬券内。

これで流れたペースで一脚使える所も見せてくるとかなり好走レンジ広がると思うのですがその点は未だ見せていない。

スローペースからコーナーで仕掛けて後方にプレッシャーをかける競馬は出来るので主導権握れれば面白さはある。ただ主導権握った展開でも勝ち切るまでとなるとライバル多いので相手までではあるが。

期待人気馬

期待人気馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

ファルコンS穴注目馬

ファルコンS注目穴馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

 

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/