【スプリングS2018】出走予定馬分析(穴馬編)

【スプリングS2018】出走予定馬分析(穴馬編)

スプリングS予想オッズ

ゴーフォザサミット

未勝利がラスト5F11.4-11.8-12.1-12.2-12.2という特殊なラップで持続性能が大きく問われた1戦。速くなったところでも流れには乗っていたしその中で外を回してラスト突き放して勝ち切りは持続性能に光るものを見せた。

百日草特別ではスローペースからラスト4Fが12.5-11.4-11.1-11.6と直線は速いラップを踏んだ。大きく加速したわけだがそこでも苦労せずに先団を確保したし、ラストは新馬戦同様の持続性能を見せて1着。メンバーレベルから主張できるポイントも最低限は。

共同通信杯はやや出負けた事で最後方からの競馬に。直線向いた段階で追い始めるも加速の悪かったサトノソルタスと比較してやや優った程度なので加速はそこまで良くないか。ラストまで伸び続けて上がり最速ではあるものの道中のポジション差をひっくり返す事までは流石にできず。

近3走でも持続性能の高さを見せていて前走も出遅れ分が全ての様な負け方。今回早仕掛けまたはポジション前目なら挽回できるだろう。

ただ上位人気3頭同様前目の加速性能高いタイプに出し抜かれる可能性がある側で…

エポカドーロ

新馬戦は超スローペースから仕掛け所も遅くなって瞬発力勝負になりそこでは持ち味活きずに屈してしまった。

未勝利では平均ペースをコーナーで息を入れてラスト一脚使って押し切り勝利。ここでは瞬発力問われない形でメンバーレベルも低かったので評価しきる事は出来ないがある程度のペースから一脚使えた点は評価したい。

そしてあすなろ賞では前半速かったものの中盤はゆったり。ラスト3F11.7-11.7-11.8でコーナーでも脚を使って直線勝負にはさせない形で押し切って勝利。

今回の当馬のポイントはコーナー辺りから脚を使って後方の動きの遅い馬達を出し抜けるかどうか。メンバーレベルからの評価は上位と明らかに劣るが展開次第でチャンスは十分あるか。ペースは落とし過ぎると厳しくなるので後ろの馬にもプレッシャーかけながら2.5F戦くらいのイメージが理想。

ハッピーグリン

ダートでもしっかり使われてきた当馬。

コスモス賞ではラスト4Fから追い出してコーナーで一気に押し上げて直線へは先頭で。ステルヴィオも同様の動きをやや後ろからしてきてそれには見劣ったがこのレースに置いてはステルヴィオのやや下程度の評価を下していいだろう。

そしてセントポーリア賞ではラスト4F12.8-11.3-11.2-11.4で加速地点にはそれなりに対応。本格的に追い出したのはラスト2F地点でそこでの反応も良く一気に先頭へ迫りラストも脚を鈍らさずに1着。かなりのスローペースではあったが瞬発力、持続性能共に評価できそうなレース。

ペース流れて対応できるかは現状わからないがスローペースからだと評価できそうではある。後方から4F戦にしてしまうとステルヴィオに明確に見劣った事もあるのである程度ポジションを取っての4F戦または、仕掛け所遅くなった所を抜け出す競馬をしたい。

カフジバンガード

こうやまき賞は超スローペースからラスト4F12.4-11.7-10.8-11.2でラスト3F地点くらいから加速して直線へはほぼ先頭で向き、ラスト2Fへの加速で突き放しラストはきさらぎ賞2着グローリーウェイズに詰められるもリードを守り切り勝ち切り。

シンザン記念は出負けてポジション後方から。仕掛け所かなり遅いレースでラスト4F12.8-12.1-11.7-11.5とラストまで落ちないラップ。単純にこれを後方からでは厳しかったというレース。

共同通信杯も同じく出遅れて後方から。直線向いてすぐに動き出して一時はサトノソルタスを抜き去る勢いであったが相手が加速に乗ってからは差を詰めることが出来ず5着まで。

シンザン記念・共同通信杯から考えれば最高速までの加速性能はとても高いが底が浅いという感じか。とにかく前目からでないとその底の浅さで勝ち切りまでは厳しいでしょう。とにかく出遅れないかどうか。

注目穴馬

現時点の注目穴馬は⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

おすすめ記事!


 

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/