【阪神大賞典2018】出走予定馬分析(人気馬編)

【阪神大賞典2018】出走予定馬分析(人気馬編)

阪神大賞典予想オッズ

クリンチャー

京都記念

◎クリンチャー○レイデオロ△アルアインで推奨の三連複&馬連的中でした\(^o^)/
クリンチャーは菊花賞から引き続き本命で今回も勝ち切るまでは想像していなかったので驚きました!

ただ【京都記念2018】予想と有力馬解説でも記したようにやっぱり行脚が遅いです。表現として適切かはわかりませんが脚が遅いです!

今回は少頭数なので捌けましたが多頭数で内枠だと包まれる危険があるので今後も注意してください。

また瞬発力も低いので今回は馬場が重たく

ラスト5F12.2-12.2-12.2-11.8-12.3

と淡々と長い脚を求められたのが幸いしました。

良馬場で11秒台前半を求められると序盤ポジションを悪くした際に差を詰められないでしょう。
内枠×良馬場は超危険!くらいで頭の片隅に置いておけばいいと思います(‘ω’)

・馬場が重たかったのが最大の要因!=瞬発力問われたくない=良馬場で次走人気なら注意必要!
・内枠×多頭数は危険!

これが前走終了直後に記載した回顧です。

馬場に関しては今回も向いてくる可能性はありますし少頭数で不安要素はハッキリと嵌らなそうですよね。

その上での現時点の扱い予定は・・・

現時点の扱い予定は⇒A:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

アルバート

長距離戦線の代表的な1頭ですが天皇賞春では2年連続キレ負けしています。

それでも大崩れはせずにしっかり追い込んで出来る限りの着順にはまとめているのでこれは適性負けで長距離戦線における能力は最上位級でしょう。

天皇賞春で今年どうなるかはその時に判断しますが、G1で狙えそうな唯一のタイトルで間違いなく今年一番取りたい所。

重賞タイトルはいくつも獲得していますし同一重賞3勝のオマケ付き。そう考えると阪神大賞典に勝負を賭ける可能性は低いか。

しかし阪神大賞典ならそこまで瞬発力勝負になる可能性も低いですし、ラスト4F戦で持続性能を存分に活かせれば得意の形。

ダイヤモンドSでは上がり最速で突き抜けた経験もあるので前の馬との位置関係次第ではベストではないものの直線勝負でも対応は可能ではあるし、

阪神かつ天皇賞春ほどメンバーがそろわない前哨戦であればその競馬でも充分チャンスあるか。

その上での現時点の扱い予定は・・・

現時点の扱い予定は⇒B:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

レインボーライン

昨年天皇賞秋で3着に入り古馬G1戦線でも戦えることをしっかり証明した当馬。

一昨年札幌記念でもモーリスに肉薄したり重たい馬場ではG1級のパフォーマンス。つまり極悪馬場の天皇賞秋は条件向いたとも言えるが、それ以外のレースでも安定して掲示板前後の競馬をしており能力は高い。

ただ直線出し切る競馬が主ではあるが内を立ち回り直線でも内で捌くというのは加速性能の低さから難しく外を回す形が基本的な形。

宝塚記念ではラスト4F手前くらいから動き出したが、それでは流石にラストの伸びを欠いたしコーナーで脚を使うのは厳しい可能性高くどうにも直線勝負メインになってしまう。

その上で瞬発力抜群のキレキレタイプではない事から、多頭数だと外に持ち出すのに時間を要して差し損ねるのは敗因の1つなので少頭数はプラス。

今回で言えばアルバートやクリンチャー辺りが早めに動いてくる可能性は充分考えられるし、そこでの立ち回りは要求される。

そこで付いていくと、つまり勝ちに行くとラスト甘くなる可能性が出てくる。

宝塚記念は天皇賞春のダメージも考えられるし、あまりにロングスパートになり過ぎた事からコーナーで脚を使う=てんでダメかはまだ仮説の域ではあるが、

現状そのパターンで勝ち切る事は考えない方がいいか。

どちらかと言えば直線勝負で差しきれるかどうか?で考えた方がいいのかなと思っています。

次走以降の事を考えればそういった競馬の適性をハッキリさせたいので見ておきたい気持ちはありますが…

その上での現時点の扱い予定は・・・

現時点の扱い予定は⇒C:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

サトノクロニクル

超個人的な話ですがポテンシャルにかなり期待している馬です。

何に期待している??

当馬のこれまでの敗因はコーナーでどうしても遅れてしまうコーナリング性能の低さ。しかし直線で追い込んできて届かずの3着までという競馬が多いです。

少し話が逸れてなぜ期待しているかですが、ラストの伸びを見ている限り瞬発力は低いものの持続性能はかなり高いものを持っているであろう当馬。

しかしコーナーで加速(脚を使えない)事で結局直線のみの競馬になってしまい更に加速性能も低いのでラスト脚を余してしまいます。

ならばコーナリング性能さえ改善してしまえば極めて高い持続性能を活かす競馬ができる。現状でここまでやれているのなら完成すれば・・・と考えていて、

血統には疎いですがハーツクライ産駒の覚醒とはこういった事を言うのかなあ?と思っています!

本題に戻って、では現在の当馬はどうなのか?

上記のコーナリング性能の改善による覚醒は以前からよく書いていたのですが、もう一つの方法でパフォーマンスを上げてきています。

それはポジションを取ってしまう事。これならコーナーで多少遅れても逆転可能な範囲に収まることが出来ます。

そしてそれを象徴したのがチャレンジカップの勝ち切り。

マイネルミラノが引っ張って、

レースラップ:12.7-11.4-12.4-12.0-11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1

と中盤かなりタフなラップを前目で進めてラスト一脚を使う競馬で勝利。

後方で脚を溜めたデニムアンドルビーが上がり34.6に対して当馬は上がり34.9でペースに依存しない脚を証明。

このペースで先行できるなら今後もこの競馬は可能でしょう。

有馬記念は直線競馬になってしまい差し損ねましたが、これは乗り方一つ。

距離適性はわかりませんがこの手のタイプなら大丈夫な可能性が高いと思いますのでその点は未知数ながらポジティブに考えても。

今回どうかは鞍上がどこまで信じて積極的に行けるかだと思います。アルバートと同様の動き出しでどこまでやれるかを見ておきたいですね。

不安はどのような競馬をしてくるかという点で人気との兼ね合いで最終評価を下すつもりですが、

現時点の扱い予定は・・・

現時点の扱い予定は⇒D:人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

 

重賞最終結論・平場予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/