【金鯱賞2018】予想:最終結論

【金鯱賞2018】予想:最終結論

金鯱賞予想オッズ

スワーヴリチャード

当馬の持ち味は瞬間的な切れ味。その反面持続性能には欠ける為惜しくも勝ち切れないというパターンが多い。

まだ流れたペースでどこまえやれるかはハッキリわかっていないが、スローペース専用機とまでは言わなくてもいいだろう。

なにより瞬間的な切れ味に加えて立ち回り力の高さも備えているので、コースロスをなくすことで持続性能のなさをカバーできるので安定感は高い。

今回は明らかに叩き台なのが不安ではあるものの、タイプ的に大崩れするタイプではないでしょう。

サトノダイヤモンド

持続性能が武器ではありながら、そういった馬特有の加速の悪さやスピードの低さなどといった操縦性の低さが目立たないので常に安定して自らの土俵に引きずり込むことが可能なのが強み。

この持ち味はほぼコース不問で活きてくるでしょう。あまりにも瞬発力特化になったりする新潟あたりは走る馬ではありませんし弱点は小さいと思います。

そして今回ですが、能力は言うまでもありませんしスローペースになりやすいコースなので仕掛け所も自らのタイミングで行けば問題ありません。

しかし海外帰り1戦目で状態も不安ですし、そもそも目標は先にある馬。

サトノダイヤモンドの扱いは?⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

ヤマカツエース

とにかく直線のみの競馬に持ち込みたい馬。中団からでも鋭い脚は使えるしその点が重賞上位級の要素。

コーナーで脚を使ってしまうとてんでダメなタイプで有馬記念はそのパターンでキタサンブラックに付き合ってしまったのが敗因。

前走はキタサンブラックに勝つための騎乗をした事で崩れてしまったが、自らの競馬に徹すればここでも見劣らない。

ただしサトノダイヤモンドがロングスパート戦を仕掛けてくるのを真っ向から相手にすると苦しくなるので上手く立ち回りたい。

メートルダール

ここまで安定した戦績であるが焦点は如何に前半ゆったり運べるか。

崩れた関屋記念は息入るタイミングがなくポジションを押し上げることできずの敗戦。

スローペースからであればある程度の瞬発力もあるし4F戦にも対応可能で、ラスト3F地点最速の持続性能問われる展開でも結果を出してきている。

スタート直後坂があり前半緩みやすいですし、サトノダイヤモンドが展開を作るにせよ、直線勝負になるにせよポジショニング一つで対応可能。

少頭数ならポジションも難しくないですし展開は向きそう。後はハンデがなくなった上でメンバー強化でどこまでか。

ブレスジャーニー

元々はスワーヴリチャードを2歳時に破っている世代最上位候補だった1頭。

そのスワーヴリチャードを破った東スポ杯2歳Sは直線進路を探しながらでスワーヴリチャードよりも追い出し遅れたものの進路確保後は一気に差を詰めて差しきり。

サウジアラビアRCでもラスト2F地点で10秒台の脚を使って一気先頭に躍り出るなど瞬発力は極めて高い。

そして長期休養明け後チャレンジCはラスト6F11.4-11.9-11.6-11.4-11.7-12.1とラスト3,6F地点で早くなるというタフなレースの中で最後まで脚を伸ばす持続性能も見せた。

もちろんメンバーレベルを考えれば瞬発力勝負の方が良さそうだが対応できたのは能力の高さ。

菊花賞は不良馬場、有馬記念は馬群捌けなかったなど敗因は明確ではあるし、チャレンジCを見る限り復活はしていると思います。

切れ味活かしたい当馬は良馬場理想なので週中の雨がどこまで影響するかが重要。

デニムアンドルビー

遂に引退レースを迎える当馬。果敢に牡馬戦線に挑み続けJC2着、宝塚記念2着という戦歴はG1勝ちこそ叶いませんでしたが、それに劣らぬ実績でしょう。

基本的にはラスト3F最速など持続性能や底力を問われる展開が理想の当馬。早仕掛けの馬の流れに乗れればここでも再び好走できる可能性はあります。

今回早仕掛けしたい馬はサトノダイヤモンドとメートルダール辺りですが後者は絶対条件ではありません。という事は前者をどう捉えるかで扱いが変わるでしょう。

ダッシングブレイズ

直線瞬発力勝負になると苦しい当馬。

エプソムCでは中盤も締まったラップでラスト3F地点最速のタフなレースを直線目一杯使っての差しきり1着。

小倉大賞典はコーナーの立ち回り差の分を最後まで詰めきれなかった形。

コーナーで脚を使わされるのも嫌だが、直線勝負に寄り過ぎても苦しいので近走の少しポジションを前目に置くのはいいと思います。

今回好走するならばメンバーレベル一気に強化ですし、ある程度前目でなだれ込むような競馬をしなくては厳しいでしょう。

サトノノブレス

何よりの課題がサトノダイヤモンド同様に海外帰り1戦目という事。

もちろん調教過程などの差はあるでしょうが、単純に当馬を買うならサトノダイヤモンドも…となりそうな当馬。

それでも中京2000m重賞は昨年の金鯱賞までは4戦してパーフェクト馬券内。適性は疑う余地ありませんがそれでどこまでか。

アクションスター

3年以上馬券内のない馬で能力はOP特別掲示板級程度なのは間違いないでしょう。

ここは凡庸な結論になってしまいますが、今回好走の余地は極めて少ないと思います。


最終結論

注目はこの馬⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

 

重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/