【中山牝馬S2018】予想:最終結論

【中山牝馬S2018】予想:最終結論

中山牝馬S予想オッズ

フロンテアクイーン

昨年の中山牝馬Sは前後半3秒近いスローペースを前に壁を作れず掛かってしまい外目を回しラスト脚が止まって着差は小さいものの8着止まり。

着順は近走安定しているもののこれ!という武器はイマイチわからないです。持続性能よりは瞬間的な脚に寄っているとは思いますが馬群を一気に捌くほどの加速はないのでいつも差し遅れている感じ。だからといって外から豪快に差しきるには持続性能が足りず勝ち切れないといった所か。

それでも総合力は低くないので安定していますし中山も好走歴多数で得意です。ただ今回勝ち切れるかまでは相手依存で圧倒できる要素がないので展開の助けが必要。

コーナーからレースが動いてしまうとラスト苦しくなるので前詰まり覚悟で内目はキープしてほしい。

マキシマムドパリ

瞬発力はやや重賞レベルでは見劣るが持続性能の高さが武器。しかしそれでいながら加速やコーナリングなども水準並みである総合力の高さが強みだろう。

近走で言えばエリザベス女王杯はスローペースかつ前有利な流れを前目で進めてラスト2F地点でモズカッチャンに出し抜かれて再度差を詰めるも届かず4着。中日新聞杯も牡馬の重賞上位ミッキーロケットやロードヴァンドール相手に5着と好内容もラスト2F地点の差を覆せなかった。

それに対して重賞勝ちのマーメイドSと愛知杯は共に持続性能をしっかり問われる展開を勝ち切っている。

トップハンデで引退レースではあるが好位から早仕掛けで前目を巻き込んでいければチャンスは充分ある馬だろう。

トーセンビクトリー

持続性能は低いタイプ。仕掛け所遅くなってこその馬だが、コーナリング性能が長けている分大きく脚を使わずに先頭との位置を据え置けるので多少は対応できる。なので好走するには内枠が欲しい。 そしてペースもスローペースにしか対応できない。

4F戦になると重賞では苦しいし直線勝負になり過ぎても見劣る。スローかつ馬群が縦長になり内を上手く立ち回っての競馬をしたいので好枠に入ったと言えるでしょう。

昨年の覇者ではあるが昨年とは違い3キロ増のトップハンデ。近走やや持続性能面に成長は見受けられるのでどこまでやれるか。

カワキタエンカ

前走は序盤かなり飛ばしたものの直線は全く追わずでの凡走。休み明け×いつも以上のハイペース×1600mとどれが敗因かははっきりとはわからないが、どれもが少しづつ作用しての凡走として一旦は度外視でもいいとは思う。

秋華賞ではハイペースで飛ばして先行勢で唯一粘り込み5着。ローズSも同様の競馬。ペースを流して一脚できるのが武器なのは現状間違いないだろう。

単純に53キロはいいし、展開も自ら作れるので後は古馬重賞級相手にどこまでやれるか。後は能力査定的には度外視ではいいとしたものの気になるのは前走全く追わずに凡走した点。

今回走って問題なかったことを確認してからでも遅くないのかな?とも思うし扱いに悩む。


注目はこの馬⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

ワンブレスアウェイ

条件戦時は抜群に安定した戦績も重賞戦線で壁にぶち当たってしまっている当馬。

条件戦時のメンバーレベルを考えれば妥当な感じもする現在の状況だが何よりの問題は後方から差しきるような瞬発力ないのに近走出遅れ気味な事でしょう。

上り坂からのスタートなのでガシガシ行けばポジションは取れるでしょうがそのロス覚悟でという程の能力を見せていないことも事実。

前走も大外枠から立ち遅れ気味の中で無理やりポジション取った上で最低限の着差には収めているのでスタート上手くいった場合の怖さは多少あるが。

エテルナミノル

これまで好走してきたレースは前目であまりロスなく運んで瞬間的な加速で先頭に立ちその差を守り切る形の競馬。

前走愛知杯はラスト4F12.1-11.8-11.3-12.0でこのラスト2F地点で一気に抜き去りラストは落としながらも踏ん張っての勝利。ラスト2F地点の抜け出す脚はメンバーの中では際立っていた。

逆にターコイズSは後方からで外から早めに動いてラスト一瞬伸びる所もあったが詰めきれず5着まで。

八坂Sでも瞬間的な脚で勝ち切りだし垂水Sでも新潟記念勝ちのダツゴウゲキと差のない競馬。

前半緩みやすい上り坂スタートも味方しそうだがトップハンデの人気を背負う立場でどこまでか。

ゲッカコウ

スタートは良くないものの2走前牡馬相手に結果を残した当馬。

その2走前はラスト5F地点11.5秒でそこからコーナーで多少息が入りながらもタフなレース。この展開を滅法得意としているマイネルハニーに食い下がったのは牝馬限定戦なら大威張りできる内容。

逆に直線の瞬発力勝負になると全く対応できないのでタフな馬場で最高速問われないのは向くだろう。

ただ後方から挽回できる要素はないので良くも悪くもスタート次第。無理やりにでも前目に付けて早仕掛け誘発した中での粘り込みに賭けたい馬。

前半さえ上手くいけばここでも上位の力はある。後は人気との兼ね合い。

エンジェルフェイス

長期休み明けの復活勝利から挑む当馬。

当馬はとにかく前半スローペースで運べるかどうかのみが焦点の馬。なので同じ中山でもポケットから始まりすぐに向こう正面の下り坂を迎える中山1600mは全く合わない。

これは距離ではなくペース適性の問題。そういう意味では坂下スタートの1800mは全コースの中でもかなり良い部類。

2走前もスローペースからで、すぐに1600万を勝ち上がるロジクライ、ヒーズインラヴなどの牡馬に先着。

当馬が逃げる形になりペースを落とし込めればここでも。直線で一脚使いたいので馬場が重たいのは良くなさそうですが、これは未知数。

カワキタエンカに主導権握られるとペースを流される可能性があるので厳しい。


結論

注目はこの馬⇒人気ブログランキングで無料公開中
※クリックだけで見れます

 

重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

 

Advertisement

友だち追加

ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/