【金鯱賞2018】有力出走予定馬分析 その1

【金鯱賞2018】有力出走予定馬分析 その1

金鯱賞予想オッズ

トリオンフ

筑後川特別2017
着順:2着
前半後半3F:37.1-34.5
ラスト4F:12.1-11.7-11.3-11.5

評価
持続⤴⤴

超スローペースで道中押し上げていく騎乗でカバー。それでも流石に中盤無理やり押し上げていった分で5F近く脚を求められて1着馬の瞬発力に屈してしまった。それでもラストそれ程落としていないので持続性能は結構評価できそうな感じがする。


若戸大橋特別2017
着順:1着
前半後半3F:37.1-35.5
ラスト4F:12.3-11.8-11.7-12.0

評価
持続⤴

前後半3Fで見ればスローペースだが全体で見ると12.7-12.0-12.4-11.7-11.7-12.3-11.7-11.8-12.0と中盤でペースアップ。ラスト4F地点で一度息が入っているが当馬はここで先頭との差を詰め始めてラスト3F地点で一気に先頭と並びかけたのでレースラップ以上にラスト3F最速の持続性能問われたレースだったと言える。ここでも持続性能が評価できそうなレース。


近江特別
着順:2着
前半後半3F:35.7-35.7
ラスト4F:11.8-11.9-11.7-12.1

評価

平均ペースではあったがラスト5F地点で大きく息が入って馬群が短くなってしまった。ラスト4F戦ではあるが後続馬とのリードも小さく大きく息が入った分後続馬の脚を削ぐ事ができなかった事により瞬発力に屈した様に映る。


1000万下2017
着順:1着
前半後半3F:37.8-34.3
ラスト4F:12.5-11.4-11.1-11.8

評価

ここは結構なスローペース。コーナーで仕掛けて直線向いた段階では先頭。かなりの加速をしているし最高速も悪くない。ここまでのレースを見ている限り瞬発力は劣るタイプだと思っていたがこっちがベストな展開で平均ペースよりもいいのかもしれない。


寿S2018
着順:1着
前半後半3F:35.4-35.3
ラスト4F:11.9-12.1-11.1-12.1

評価

平均ペース水準ではあるがデンコウリキがかなり離して逃げたので2番手以降の馬はスローペース水準だと思う。そしてコーナーで息を入れて後方を一度引き付けてから直線向いて1秒以上の加速で抜け出して最後はラップを落としているがこれは流してのもので余力あり。


小倉大賞典2018
着順:1着
前半後半3F:35.2-34.5
ラスト4F:12.1-11.6-11.1-11.8

評価

前後半3F35.2-34.5のスローペースでなによりも中盤が大きく緩みました。レースラップは35.2-11.9-12.4-12.1-11.6-11.1-11.8で5,6F目に12秒台まで緩んでここで一気に先頭との差を縮めました。そしてコーナーでも持ち前のコーナリング性能を活かしてしっかり加速して先頭で直線へ。という具合に近走の好走パターンにバッチリ嵌っての好走でメンバーも手薄でしたし、ダッシングブレイズ何かはこの手の瞬発力問われる競馬は苦手なのでこことの着差も評価し辛いです。

まとめ

まだ強い相手とは戦っておらず明確に崩れたレースもないので難しい所ではあるが、まずコーナーリング性能の高さは評価したい。小回りのコースなら大きな武器になるだろう。

そして難しいのが近3走の勝ちっぷり。共にスローペースを前目で進めて瞬発力で抜け出してそのまま押し切るという競馬。もちろんこれだけならそういう展開が得意な馬で片づけたのだが4,5,6走前は持続性能も平均ペースから一脚使える所も見せておりどちらがベストなのかわかりかねる。単純にパフォーマンスが高いのは近2走なので現時点ではスローペースがベストとする。

もちろんこの展開では底を見せていませんが、流れたペースになった時や持続性能がっつり問われる展開になった時に重賞レベルでどこまでやれるかは未だわからず。

スローペース想定ならば小倉大賞典より上のメンバーでも勝負になりそうですし、今回も有力馬たちが叩きの中で状態整えば圏内は可能な範囲にいる馬でしょう。

その上で現時点の扱い予定は・・・・


A:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

スワーヴリチャード

ダービー2017
着順:2着
前半後半3F:37.1-33.8
ラスト4F:12.7-11.5-10.9-11.4

評価

超スローペースをある程度前目のポジションでロスなく進めました。完全な直線のみの瞬発力勝負になりましたが、加速にも対応してラスト2F地点では10秒台中盤まで入れてここでは1着レイデオロにも詰め寄りましたがラスト1F地点から後方馬にも差を詰められレイデオロとの差も据え置きなので持続性能で敗れた感じ。


アルゼンチン共和国杯2017
着順:1着
前半後半3F:36.0-35.6
ラスト4F:11.8-11.9-11.6-12.1

評価

中盤も淡々と流れてラスト5F地点から11秒台。それをインでやや行きたがりながらもしっかりコースロスなく立ち回りラスト2F地点で一気に加速し先頭を捉えて勝ち切り。ここでも瞬間的な加速を見せた。


有馬記念2017
着順:4着
前半後半3F:36.4-35.2
ラスト4F:12.1-11.7-11.2-12.3

評価

枠もあり外を回す形になったものの即シュヴァルグランやクイーンズリングとの差を潰したものの、勢い失われるのも早く差し返されて4着まで。

まとめ

当馬の持ち味は瞬間的な切れ味。その反面持続性能には欠ける為惜しくも勝ち切れないというパターンが多い。

まだ流れたペースでどこまえやれるかはハッキリわかっていないが、スローペース専用機とまでは言わなくてもいいだろう。

なにより瞬間的な切れ味に加えて立ち回り力の高さも備えているので、コースロスをなくすことで持続性能のなさをカバーできるので安定感は高い。

今回は明らかに叩き台なのが不安ではあるものの、タイプ的に大崩れするタイプではないでしょう。その上で現時点の扱い予定は・・・・


B:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


 

重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

 



鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!抽選や応募は本日は下記LINE@にて!!
締切:3/7 23:30 時間短いのでチャンス!毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!
友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/