【弥生賞2018】有力出走予定馬分析 その1

【弥生賞2018】有力出走予定馬分析 その1


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

抽選や応募は本日はLINE@にて!!
締切:2/26 23:30 時間短いのでチャンス!

無料予想プレゼント開始から2週連続でプレゼント分的中\(^o^)/

毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

 

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

■目次(各馬まとめへ)
1.ダノンプレミアム
2.ワグネリアン

弥生賞予想オッズ

ダノンプレミアム

新馬戦2017
着順:1着
前半後半3F:38.2-34.6
ラスト4F:12.2-11.6-11.0-12.0

評価

新馬戦らしい超スローペースで行われた1戦。終始掛かり気味なのが気になったがこれはあまりにもスローなペースによるものの可能性もあるので次走以降で確認。ここは余裕のあるレース運びなので特徴はわからなかった。しかし5,6着馬も次走勝ち上がっているのでそこを圧勝は高評価。


サウジアラビアRC2017
着順:1着
前半後半3F:34.3-34.7
ラスト4F:12.2-11.5-11.5-11.7

評価
持続⤴

ハイペースで流れたこのレース。ここでも序盤はやや行きたがってしまう所を見せた。このペースを2番手で進めて直線も余裕を持って追い出してラストは後ろを確認しての圧勝劇で稍重馬場でのレコード勝ちというおまけ付き。前半このペースでラスト3Fは全くラップを落とすことなく走り切れそうな様子で持続性能は高そう。2着は朝日杯FSでも2着のステルヴィオだったりでそれに対してこの勝ち方は世代レベルでは高評価せざるを得ない。


朝日杯FS2017
着順:1着
前半後半3F:35.2-34.0
ラスト4F:12.1-11.3-11.0-11.7

評価
加速⤴
最高速⤴

スローペースで直線に比重が寄った1戦。ここでもいつもと変わらず行きたがった所を制御。直線では楽に先頭を捉えてラスト2F地点で先頭なので10秒台も使えている。ラストは流してゴール前に川田騎手が馬を撫でる余裕。瞬発力勝負にも対応して見せた。

まとめ

現状この世代レベルで弱点になるような要素が見えてこない。朝日杯FS前の段階ではスローからの瞬発力に特化したレース展開になったら?という不安は言えたがそれも克服しての圧勝劇。

弥生賞特有の超スローペースは少し気がかりではある。これまで前半はかなり抑えているし、それは今後を見据えてスピードに任せての逃げ競馬をさせない教育によるものだろうが、それは今回も同様で流れに乗せてコントロールしにかかるだろう。そうなった時に他の馬の土俵に乗ってどうか?は考えなくてはならない。

この段階では私個人的には世代最強馬がどうこうをこのタイミングでは言いませんが、現状どこにケチを付けていいかわからないのも事実。正直この手の負けなしで圧勝3連発みたいな馬の扱いは苦手です。細かい当馬の評価はどこかで本気で走ったり負けたりしてからでいいかなと思います。その上で当馬の現状の扱い予定は・・・


A:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

ワグネリアン

新馬戦2017
着順:1着
前半後半3F:40.2-33.1
ラスト4F:12.4-11.2-10.9-11.0

評価

新馬戦らしい超スローペース。外目から楽にコーナーで動いて直線へ向かいラスト2,3F地点で共に10秒台に入れたのは一定評価するもこのペースでは何とも。

野路菊S2017
着順:1着
前半後半3F:36.9-34.5
ラスト4F:12.1-11.5-11.4-11.6

評価
持続⤴

ここもスローペース。ラスト5Fから4F、4Fから3Fにかけて加速しそこにはついて行けた。そして直線ではラスト2F地点から一気に先頭に迫り差しきりの圧勝。ただ少し最高速に入るまでは時間が掛かった様に映るのでこれ以降のレースでしっかり判断したい。


東京スポーツ杯2歳S2017
着順:1着
前半後半3F:34.7-35.8
ラスト4F:12.3-12.0-11.8-12.0

評価
持続⤴

ハイペース水準も先頭とはかなり離れたグループでの競馬でスローペース水準の競馬。当馬に関していえばラスト1Fは流していますし直線を存分に使っての競馬で1着。ここでは持続性能の高さを見せた。

まとめ

当馬もここまで負けなしで新馬戦こそ接戦でしたがそこからは圧勝2発。新馬戦は32秒台の脚を使っているので瞬発力特化型かな?とも思えるがそれは超スローペースの中でのものなので何とも言えない。

野路菊Sでは少し最高速に乗るのが遅く見えた点はまだ解決していないが、近2走は共に持続性能の高さを見せる勝ち切りで瞬発力も最低限保障はあるので好走の幅は狭くないと思います。

今回は当馬に関しても本格的に勝負を賭けてくるレースではありませんができれば超スローペースをコーナー攻めて直線へ入れるところをここで確認しておきたいという気持ちはあります。逆に前哨戦用の競馬で直線のみの勝負にすると持ち味活きない可能性はあります。もちろんそれで勝ち切れれば更に能力評価が上がります(この時期はまだ能力見極める時期)。

対ダノンプレミアムで考えれば直線までにあまり差を付けられない位置取りをキープしたいです。現状の扱い予定は・・・


B:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!