【中山記念2018】予想 最終結論

【中山記念2018】予想 最終結論

土曜日はブログでも紹介した阪神11Rメイプルブラザー(9人気3着)が好走してくれてよかったです(^^)/

最終的に私は穴筆頭☆の印を打ちましたが、ブログを見て紐で拾えたよー!という方がいれば幸いです!

では明日の中山記念は週中長々と解説記事を書いてきましたが総まとめ!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

 

中山記念予想オッズ


消:買わない人気馬2頭は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

ペルシアンナイト

まだ明確な欠点を見せていない馬。ただどちらかというと持続性能に寄った馬だと思っています。これまで長く脚を引き出す場面が何度もありました。そしてもう一つの強みがペース依存度の低さ。ハイペースをまともに経験したことはないのでそこまでの対応力はわかりませんが少なくとも平均ペースを前目で進めても一脚使うことはできるでしょう。

少頭数ですしスローでも早めに動いて先団に取り付くという乗り方はできますし好走レンジは広い一頭でしょう。危険なパターンはスローペースで直線向いた段階で先頭と差があると瞬発力はそこまでないので出し抜けをくらう可能性はある。今回は前哨戦ですし後方で構えるでしょう。

あと1番人気が弱いと言われるレースでその理由の叩き明白なのは不安要素。大阪杯も見据えつつ安田記念が目標なので『近年圏外の1番人気とは同様のパターンで無条件消し』という様なものではありませんが減点要素である事は間違いないでしょう。言っても中位の人気所の馬と比べて抜けたパフォーマンスをしてきたとは言えないのでこの減点要素含めて好走パターンは多いですが勝ち切りとなると他の要素から相当なプラスが必要でしょう。

ウインブライト

一番の武器は流れたペースからの一脚だろう。瞬発力は重賞レベルでは脚を引っ張るが道中流れてもしっかりポジションキープすることができる。なので流れたペースからでは大崩れはしないだろう。あと道中の位置取りが悪くともコーナーで攻めることができるのである程度なら挽回もできる。

理想は流れたペースを前目で流れに乗りコーナーから勢いに乗せて先頭に近い位置で直線を向いて一脚で引き離し粘り込み。逆にスローペースで直線勝負に偏ると瞬発力が足りないので完全に置いていかれてしまい大敗を喫する。

少頭数で後方馬が出し切りやすいのは相対的に見ればマイナス。多頭数でゴチャ付いた方が器用なこの馬にとってはいい。今回はペースを流しそうなマルターズアポジーがいるし2番手辺りをキープしつつ一脚使えば展開は向きそう。

この馬に関して言えば実績からも明らかに得意のコースですしG1ではやや足りないのも明白で経験のない阪神での大阪杯に目標を据えるのはあまりにギャンブル感強くここが目標でしょう。使いまくっての色気を持っての出走という訳でもありませんし、ローテーション的には上位の評価ができそうです。

アエロリット

持続性能に偏った馬。瞬発力勝負に寄り過ぎると分が悪いが当馬の良い所はそれを早めに動きだし自らの展開を作る事が出来る所だろう。クイーンSの様に中盤絞めて4角で息を入れて直線突き放す競馬もできる。前目でレースをコントロールする事に長けた馬。

ハイペースまで上げ切ってそこからの一脚で後方馬を相手にするよりも、番手でスロー~平均ペースを早仕掛けで自分で展開を作って前目の馬を潰す動きや平均ペースで逃げてしまう競馬の方が結果的には向くだろう。ただスローペース過ぎると瞬発力に劣る分で早仕掛けで形にはできても勝ち切りは難しい印象。なので変に逃げれなかった時に包まれて動き出すタイミングを逃す様な内枠ではなく中枠~外枠で力技が使える方がいい。

今回はマルターズアポジーやマイネルハニーといったペース流してなんぼの重賞級の馬がいるしその中でどういう競馬をするのかは素直に楽しみ。ハイペースまで上げ切られるとどう転ぶか不安はあるが平均までなら好走パターンは複数ある馬。

外目の枠が良いとは思っていましたがペース流したい先行馬が多数いる中での大外枠なので前走掛かってしまった事が再発する可能性は上がった分は多少不安はあります。

マルターズアポジー

戦績からは特性が案外わかりやすい馬で、距離は現状2000mまで(有馬記念除外)。ペースは2秒程度のハイまでなら対応可能(七夕賞除外)。そして大阪杯は調整不足感ありで除外できる。ベストは2秒程度のハイまでならばある程度リードを作った状態で直線さえ向ければいいというイメージ。

何より当馬にとって大切なのは前半コントロールできるかどうか。スタートからポジション取りに追い出してしまうとそのままコントロール不能になるので内枠が理想。外枠なら危険という解釈が現状は妥当。前走マイルCSの敗因も序盤出負けから勢い付けた分と考える。

関屋記念の完封具合を見るに淡々としたペースでコーナーから直線にリードを持って向いて前目の馬も後方馬も両方潰す展開がベストだし、ハイペースでも脚が出せてコーナーで加速も出来てその他要素も重賞水準並みにはあるのでこれが出来る。

今回はスタートから上り坂で前半のペースコントロールはしやすいので多少出負けたとしても前走よりは挽回しやすい。外枠からポジション取りに行ったら・・・の分に関しても少頭数なので割りあいマシだろう。

ただ枠自体は今回に関しては問題ないと思っているのですが並びがちょっと嫌な感じ。スタート五分なら問題ないですし他の先行勢の動き次第では何ら問題はないのですが、他の先行勢がスタートで優勢に立ち当馬のポジションを潰しに来られると厄介です。幾つかの要素が重なった時に起こる問題ではあるものの枠に関しては良いか悪いかだと良いとは言えないでしょう。

ヴィヴロス

ドバイでとてつもないメンバーで勝利した当馬。ただ個人的には現状これ!という強さが見つけられていない馬です。というのもスローペースだと瞬発力で見劣りしてしまいますし、ペース流れると後方からになります。エリザベス女王杯で持続性能に見劣りを感じましたが距離が長かったからと仮定し、府中牝馬は前詰まりなのでスローペース×1800mを中団前目からやや早仕掛けで脚を出し切るのがベストなのかなという推測は出来ます。

少なくともスローペースを直線のみの瞬発力勝負にしてしまうと一線級では見劣りしてしまう可能性が高いです。流れたペースを後ろで構えて脚を出し切る形も合う可能性が高いです。何にせよ好走は相手依存のパターンが多いのが強さがはっきりわからない要因。

ローテションも昨年同様目標は明らかに先にありますし、ポテンシャルは評価しつちもその点はしっかり減点した上で判断したいです。

マイネルハニー

当馬の好走パターンは中盤から淡々としたペースで後方馬や他の先行馬の脚を削ぎ落し、自身は直線で一脚使って押し切る競馬。逆に凡走する際は直線で一脚を使ってリードを作れなかった時。なので多頭数外枠や内側に先行馬多数いる時はもろに煽りを受ける可能性ある馬。

マルターズアポジーとの対戦成績がよく取りざたされているがこれの原因は簡単でマルターズアポジーの方が速い。これに尽きます。前述した一脚でのリードが作れないのでそのまま共倒れするか自身のみ後続にやられるかになってしまうのが原因。ならばマルターズアポジーより前で競馬をコントロールすればいい!というのは一つの答えだとは思うのですがマルターズアポジーが控えずに自らの競馬に徹した場合、当馬は道中に脚を削ぎ落されてしまいます。

しかし今回はしっかり使ってきている数少ない馬ですし能力見劣るのも事実ですし、マルターズアポジーに勝てる要素こそ少なくとも他の後続を制しきる可能性は見い出せるかもしれません。


上記を踏まえて今回は複勝ワイドで行く予定です!なので最悪来てもいいのですが、期待値的に外す人気馬2頭は・・・


消:買わない人気馬2頭は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

これらのもっと細かい考察は下記リンクから(^^)/

■中山記念長文考察
ウインブライト・ペルシアンナイト
マルターズアポジー・アエロリット
ヴィヴロス・マイネルハニー
展開とローテーション
枠順


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!