【回顧】ウインブライトは何で勝てた?ペルシアンナイトは何で飛んだ?

【回顧】ウインブライトは何で勝てた?ペルシアンナイトは何で飛んだ?

【中山記念】ウインブライトは何で勝てた?

中山記念は◎マルターズアポジー▲アエロリットで◎複勝と◎-▲ワイドを推奨馬券で的中できました!

そして今回ウインブライトは相手に選びませんでした。理由はマルターズアポジー・アエロリットの作り出すペースは向くものの1段能力が劣ると考えた分です。

週中分析

一番の武器は流れたペースからの一脚だろう。瞬発力は重賞レベルでは脚を引っ張るが道中流れてもしっかりポジションキープすることができる。なので流れたペースからでは大崩れはしないだろう。あと道中の位置取りが悪くともコーナーで攻めることができるのである程度なら挽回もできる。

理想は流れたペースを前目で流れに乗りコーナーから勢いに乗せて先頭に近い位置で直線を向いて一脚で引き離し粘り込み。逆にスローペースで直線勝負に偏ると瞬発力が足りないので完全に置いていかれてしまい大敗を喫する。

少頭数で後方馬が出し切りやすいのは相対的に見ればマイナス。多頭数でゴチャ付いた方が器用なこの馬にとってはいい。今回はペースを流しそうなマルターズアポジーがいるし2番手辺りをキープしつつ一脚使えば展開は向きそう。

この馬に関して言えば実績からも明らかに得意のコースですしG1ではやや足りないのも明白で経験のない阪神での大阪杯に目標を据えるのはあまりにギャンブル感強くここが目標でしょう。使いまくっての色気を持っての出走という訳でもありませんし、ローテーション的には上位の評価ができそうです。

今回はマルターズアポジーとアエロリットが大きく離して逃げたのでハイペース水準ではあったものの後方勢は平均ペース水準に近い流れ。

その中2番手集団先頭のディサイファのすぐ後ろにつける位置取りで前は意識しない事実上ややスロー~平均ペースの番手での競馬でした。

そして今回の勝負の決め手はコーナリング性能だったと考えます(仕上げ差は一旦置いておいて)。3~4角で一気に先頭との差を詰めて、後方勢に対してはコーナーで脚を使わざるを得ない形を作り上げて(これはマルターズアポジー・アエロリットの動きも含めて)、そこから一脚使って捉えて勝利。ここは松岡騎手の動き出しのタイミングも完璧だったと思います。結果的にはコーナーで勝負を仕掛けなくてはならないレース全体の流れは向いたでしょう。

まとめ
・縦長でコーナー勝負に=コーナリング性能高いので存分に持ち味活きる流れ
・G1で少し足りないからこそここに勝負を賭けた仕上がり差
・ただ条件向いた感はあるのでG2最上位級の評価はまだ保留


為になったらクリック!
このクリックが記事作成のモチベーションになっているので、ポチッとだけご協力お願いします( ;∀;)

【中山記念】ペルシアンナイトは何で飛んだ?

こちらもブログで買わない人気馬と評して飛んだ当馬。

原因は殆ど事前に掲載した理由で説明付くと思います。

週中分析

まだ明確な欠点を見せていない馬。ただどちらかというと持続性能に寄った馬だと思っています。これまで長く脚を引き出す場面が何度もありました。そしてもう一つの強みがペース依存度の低さ。ハイペースをまともに経験したことはないのでそこまでの対応力はわかりませんが少なくとも平均ペースを前目で進めても一脚使うことはできるでしょう。

少頭数ですしスローでも早めに動いて先団に取り付くという乗り方はできますし好走レンジは広い一頭でしょう。危険なパターンはスローペースで直線向いた段階で先頭と差があると瞬発力はそこまでないので出し抜けをくらう可能性はある。今回は前哨戦ですし後方で構えるでしょう。

あと1番人気が弱いと言われるレースでその理由の叩き明白なのは不安要素。大阪杯も見据えつつ安田記念が目標なので『近年圏外の1番人気とは同様のパターンで無条件消し』という様なものではありませんが減点要素である事は間違いないでしょう。言っても中位の人気所の馬と比べて抜けたパフォーマンスをしてきたとは言えないのでこの減点要素含めて好走パターンは多いですが勝ち切りとなると他の要素から相当なプラスが必要でしょう。

まず仕上がり差は記載している通り。あと展開に関しても難しかったでしょう。

マルターズアポジーとアエロリットが大きく離して2番手集団はそれらを無視する流れ。結果的にはこれが厳しかったです。前2頭は速いペースを物ともしないタイプで一脚使ってくるのでリードを作られすぎると残ってしまいます。この2頭の馬のレベルに好きなようにやらせた上で差しきるとなると流石にG1級の馬でも厳しくなりますし、ましてや仕上げ途上となれば当然難しいです。

まず前2頭に敗れた理由はこれ。そして後2頭のウインブライトとサクラアンプルールに対しては、ウインブライトには上述した理由でサクラアンプルールに対してもコーナリングの差と位置取りの差が響きました。

コーナー勝負にならない為にもう少し早く押し上げればという事はありますが、前哨戦のここでそういったここを勝ち切る為に負担の大きい競馬はしたくないですし結果的には『中山記念は1番人気が不振』と言われている要因が当馬にも嵌ってしまった感じ。

まとめ
・前哨戦故の仕上げ途上の分
・前哨戦仕様の無難な騎乗で持ち味出し切れなかった=先着した馬は持ち味活かした分の差で能力評価は落とさない


為になったらクリック!
このクリックが記事作成のモチベーションになっているので、ポチッとだけご協力お願いします( ;∀;)



 

重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

 



鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!抽選や応募は本日は下記LINE@にて!!
締切:3/7 23:30 時間短いのでチャンス!毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!
友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/