【中山記念2018】出走有力馬分析 その3

【中山記念2018】出走有力馬分析 その3


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

抽選や応募は本日はLINE@にて!!
締切:2/22 23:30 時間短いのでチャンス!

毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

■中山記念考察
ウインブライト・ペルシアンナイト
マルターズアポジー・アエロリット
展開とローテーション分析

 

■目次(各馬まとめへ)
1.ヴィヴロス
2.マイネルハニー

中山記念予想オッズ

ヴィヴロス

秋華賞2016
着順:1着
前半後半3F:35.8-34.4
ラスト4F:11.7-11.4-11.3-11.7

評価
加速⤵
持続⤴

前後半3F1秒以上のスローで更に坂の上りにあたるラスト5F地点が12.6で緩んでおりかなり直線の瞬発力勝負に寄ったレース。直線での動きだがジュエラーを比較対象にすると一度後ろから抜かれて再度差し返しているので加速は鈍い感じ。ラスト1Fで最高速に入ってから一気に差しきりで持続性能が高いタイプに見えた。


府中牝馬S2017
着順:2着
前半後半3F:36.8-33.7
ラスト4F:12.5-11.2-11.0-11.5

評価
加速⤵

前後半3F3秒以上のスローペースで中盤も緩んだ完全な直線勝負。2着に屈したがクロコスミア大得意の展開で直線前が中々開かずに追い出しが遅れたのが敗因で臨戦過程も分が悪かったし力負けではなかっただろう。ただここでも加速はやや見劣った感ある。


エリザベス女王杯2017
着順:6着
前半後半3F:36.5-34.4
ラスト4F:12.2-11.6-11.2-11.6

評価

ここも前後半2秒以上のスローペース。ラスト4Fの下り坂から一気に加速して直線でも一脚。序盤外枠からポジション主張してその際に掛かってしまった。前走仕掛け所遅れてスローペースからクロコスミアに敗れているのでここは致し方無かったがここのロスの分ラストの一脚が足りない分差しきれなかった。

まとめ

ドバイでとてつもないメンバーで勝利した当馬。ただ個人的には現状これ!という強さが見つけられていない馬です。というのもスローペースだと瞬発力で見劣りしてしまいますし、ペース流れると後方からになります。エリザベス女王杯で持続性能に見劣りを感じましたが距離が長かったからと仮定し、府中牝馬は前詰まりなのでスローペース×1800mを中団前目からやや早仕掛けで脚を出し切るのがベストなのかなという推測は出来ます。

少なくともスローペースを直線のみの瞬発力勝負にしてしまうと一線級では見劣りしてしまう可能性が高いです。流れたペースを後ろで構えて脚を出し切る形も合う可能性が高いです。何にせよ好走は相手依存のパターンが多いのが強さがはっきりわからない要因。とりあえず今回の扱いは・・・


E:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

マイネルハニー

ポートアイランドS2017
着順:2着
前半後半3F:34.9-34.5
ラスト4F:11.7-11.0-11.5-12.0

評価
持続⤴

前後半3F水準からはほぼ平均ペースに近いラップ。このラップを逃げてラスト3F地点で一気に加速してそこが最速。持続性能問われる展開でゴール寸前でムーンクレストに差されて2着。相手関係からは主張できないがこのラップで粘ったのはやや評価可能。


キャピタルS2017
着順:6着
前半後半3F:35.2-34.2
ラスト4F:11.5-11.3-11.4-11.5

評価

スローペース水準ではあるが中盤全く緩むところがなく淡々としたペース。内の馬がポジションをしてスタートは五分であったがポジション取り切れず道中徐々に捲っていく事になりここで脚を消耗してしまった。そして直線でもポジション取り切れなかったことが原因で一脚使ったもののこれでリードが全く作れずにラスト1F地点で捕まってしまい凡走。


ディセンバーS2017
着順:1着
前半後半3F:37.1-35.6
ラスト4F:11.7-11.9-11.5-12.2

評価
平均ペース適性⤴

前後半1秒以上のスローペースだが向正面手前の下り坂で加速して4F目から11秒台に突入。そして直線向いた段階では先頭に立ちそこから一脚使って後続との差を付けてそれを守り切る競馬で1着。道中淡々としたペースで後続の脚を削ぎながらの競馬で結果を出せたのは高評価も相手関係は楽だった。


白富士S2018
着順:1着
前半後半3F:36.0-34.9
ラスト4F:11.9-11.4-11.3-12.2

評価

ここはスローペースで中盤も少し緩んで息が入った。3コーナーから徐々に加速して直線先頭で迎えて一脚でリードを作りそれを守り切るいつもの好走パターンで1着。

まとめ

当馬の好走パターンは中盤から淡々としたペースで後方馬や他の先行馬の脚を削ぎ落し、自身は直線で一脚使って押し切る競馬。逆に凡走する際は直線で一脚を使ってリードを作れなかった時。なので多頭数外枠や内側に先行馬多数いる時はもろに煽りを受ける可能性ある馬。

マルターズアポジーとの対戦成績がよく取りざたされているがこれの原因は簡単でマルターズアポジーの方が速い。これに尽きます。前述した一脚でのリードが作れないのでそのまま共倒れするか自身のみ後続にやられるかになってしまうのが原因。ならばマルターズアポジーより前で競馬をコントロールすればいい!というのは一つの答えだとは思うのですがマルターズアポジーが控えずに自らの競馬に徹して場合は道中に当馬の脚まで削ぎ落されてしまいます。

しかし今回はしっかり使ってきている数少ない馬ですしマルターズアポジーに勝てる要素こそなくとも後続を制しきる可能性は見いだせるかもしれません。そんな当馬の現時点評価は・・・


F:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!