【中山記念2018】出走有力馬分析 その2

【中山記念2018】出走有力馬分析 その2


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

抽選や応募は本日はLINE@にて!!
締切:2/20 23:30 時間短いのでチャンス!

毎回沢山の応募ありがとうございますm(__)m
外れた方にお返事出来ていないのがとても申し訳ないのですが、ブログも誠心誠意書いておりますのでそちらだけでも楽しんで頂ければ嬉しいです!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

■目次(各馬まとめへ)
1.アエロリット
2.マルターズアポジー

中山記念予想オッズ

アエロリット

クイーンC2017
着順:2着
前半後半3F:34.8-34.1
ラスト4F:12.3-11.3-11.2-11.6

評価
持続⤴

ややスローペースを早めに外から動き出して4角突入時には3番手へ進出。そしてラストもレースラップ11.3-11.2-11.6をラスト1F過ぎで先頭を捉えて33.9の上がりを使っているので最後までラップを落とさず2着。ここで高い持続性能を見せた。


NHKマイルC2017
着順:1着
前半後半3F:34.5-34.4
ラスト4F:11.8-11.3-11.3-11.8

評価
持続⤴

平均ペースを外枠から前目を主張して、早めに動き出した。ラスト1Fで先頭に立ち最後まで大きく落とさず1着。加速性能は高い所を見せたわけではないが、外々を回して最後まで止まらなかった事は評価でき、持続性能の高さを見せた。


クイーンS2017
着順:1着
前半後半3F:35.2-35.5
ラスト4F:11.9-12.1-11.5-11.9

評価

序盤から結構速いペースで流れて向こう正面でもしっかりペースを上げていった。そして3角でペースダウンし後方馬を引き付けて4角出口手前までしっかり息を入れた。そこからその息を入れた分直線向いて再加速して突き放してそのまま完封勝利。これは能力は否定しないが展開恵まれた感もあったし、好騎乗も光ったレース。


秋華賞2017
着順:7着
前半後半3F:35.6-37.0
ラスト4F:12.1-12.5-12.1-12.4

評価

前後半1秒以上のハイペースでやや引っかかるところも見せて2番手追走。ラストの踏んばりも効かずにズルズル下がっての凡走。ここは距離も馬場も言い訳効くところではあるので度外視扱いで良いレースだと思う。

まとめ

持続性能に偏った馬。瞬発力勝負に寄り過ぎると分が悪いが当馬の良い所はそれを早めに動きだし自らの展開を作る事が出来る所だろう。クイーンSの様に中盤絞めて4角で息を入れて直線突き放す競馬もできる。前目でレースをコントロールする事に長けた馬。

ハイペースまで上げ切ってそこからの一脚で後方馬を相手にするよりも、番手でスロー~平均ペースを早仕掛けで自分で展開を作って前目の馬を潰す動きや平均ペースで逃げてしまう競馬の方が結果的には向くだろう。ただスローペース過ぎると瞬発力に劣る分で早仕掛けで形にはできても勝ち切りは難しい印象。なので変に逃げれなかった時に包まれて動き出すタイミングを逃す様な内枠ではなく中枠~外枠で力技が使える方がいい。

今回はマルターズアポジーやマイネルハニーといったペース流してなんぼの重賞級の馬がいるしその中でどういう競馬をするのかは素直に楽しみ。ハイペースまで上げ切られるとどう転ぶか不安はあるが平均までなら好走パターンは複数ある馬。現時点評価は・・・


C:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

マルターズアポジー

小倉大賞典2017
着順:1着
前半後半3F:34.8-36.5
ラスト4F:11.7-11.7-11.9-12.9

評価
ハイペース適性⤴
スピード⤴

前半5F57.6秒のハイペースで加速することなく徐々に減速しながらのゴール。前目の馬が壊滅するペースを押し切った当馬が好内容だったのは間違いないだろう。持ったままで直線を向き最後はラップ上は止まったが後方馬も脚を溜めれるペースではなかったためリードを活かして完勝。斤量は56キロでメンバー中で中間であったがこのメンバーならトップハンデでも同様の競馬で粘り込めたのではないかという内容。1番人気が上がり馬ストロングタイタンのメンバーレベルでラップからは非常に強さを見せたが過信は禁物。しかし同じく前目で粘って4着だった斤量54キロのロードヴァンドールが金鯱賞2着なのでMAXパフォーマンスはかなり高いレベルにあるか。


関屋記念2017
着順:1着
前半後半3F:35.2-34.3
ラスト4F:11.3-11.1-11.0-12.2

評価
持続⤴

中盤も息を入れる事なく淡々としたペースで運びラストはリードを残しきっての勝利。前半無理せずポジションを取れてペースを守れたのが復活の理由だろう。コーナーでしっかりペースを押し上げていって他馬の瞬発力を潰す競馬が出来たのもよかった。やはり前半を抑えれれば11秒台前半が3F続いても対応してくる強さを見せた。


京成杯AH2017
着順:4着
前半後半3F:34.6-34.5
ラスト4F:11.3-11.5-11.6-11.4

評価

ラスト1Fで捕まったので上がりから計算するとラスト3F11-5-11.6-12.0(35.1)というラップで流石に最後落としてしまった所で捕まったというレース。下り坂からのスタートで折り合いに難のある当馬にとっては難しいコースで、案の定序盤かなり勢いが付いてしまい他馬も下りを活かして取り付いて来てしまって直線にリードをあまり持って入れなかった。何にせよ前にいた馬は壊滅のペースを58キロ背負って4着なら悪くない内容。


マイルCS2017
着順:15着
前半後半3F:34.6-35.2
ラスト4F:11.9-11.5-11.6-12.1

評価

序盤やや出負けてそこから一気に押し出して先頭へ。ラストは外差し台頭の中で内を通ったし言い訳はできるがハイペースで強い競馬をしてきた馬なのでもう少し踏ん張ってほしかった。ただ敗因は仮説ではあるが中盤絞めてハイペースを作り出す競馬ではなく序盤で出し切ってしまう形でのハイペースではないだろうか。大崩れの際は序盤の勢い付き過ぎたレースばかりなので、今回もそれに当てはまったとも考えられる。

まとめ

戦績からは特性が案外わかりやすい馬で、距離は現状2000mまで(有馬記念除外)。ペースは2秒程度のハイまでなら対応可能(七夕賞除外)。そして大阪杯は調整不足感ありで除外できる。ベストは2秒程度のハイまでならばある程度リードを作った状態で直線さえ向ければいいというイメージ。

何より当馬にとって大切なのは前半コントロールできるかどうか。スタートからポジション取りに追い出してしまうとそのままコントロール不能になるので内枠が理想。外枠なら危険という解釈が現状は妥当。前走マイルCSの敗因も序盤出負けから勢い付けた分と考える。

関屋記念の完封具合を見るに淡々としたペースでコーナーから直線にリードを持って向いて前目の馬も後方馬も両方潰す展開がベストだし、ハイペースでも脚が出せてコーナーで加速も出来てその他要素も重賞水準並みにはあるのでこれが出来る。

今回はスタートから上り坂で前半のペースコントロールはしやすいので多少出負けたとしても前走よりは挽回しやすい。外枠からポジション取りに行ったら・・・の分に関しても少頭数なので割りあいマシだろう。あとは今回似たタイプのアエロリットやマイネルハニーとの兼ね合いで現状評価は・・・


D:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!