【中山記念2018】出走有力馬分析 その1

【中山記念2018】出走有力馬分析 その1


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
抽選や応募は本日はLINE@にて!!
締切:2/19 23:30 月曜日は応募少ないのでチャンス!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画などやってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

中山記念予想オッズ

ペルシアンナイト

アーリントンC2017
着順:1着
前半後半3F:35.3-35.0
ラスト4F:11.9-11.4-11.3-12.3

評価
平均ペース適性⤴
持続⤴
最高速⤴

前後半3Fでは平均ペース程度だがラスト5Fから11.9-11.9-11.4-11.3-12.3と段階的に加速していくラップでやや持続性能も問われた展開。当馬はラスト3Fから先頭との差を一気に詰めてラスト1F地点までの間に差しきり。ラスト2F地点では10秒台まで使っているのである程度瞬発力も示した。ラスト5Fから11秒台に入り息が入らなかった中でこの脚を引き出せたのは高評価。


皐月賞2017
着順:2着
前半後半3F:35.1-34.5
ラスト4F:11.9-11.4-11.4-11.7

評価
持続⤴

後方からの競馬。ラスト5F12.4秒と息が入ったところからラスト4F地点にかけて内ラチ沿いからポジションを押し上げて先頭集団に取りついた。そこからレースは11.4-11.4-11.7と展開していくわけですが当馬単体で見ればラスト2F地点で一度抜け出してゴール直前にアルアインに捕まったという内容。ラスト5F地点から11秒台に入れてゴール寸前まで粘っている訳なので持続性能は高いでしょう。そこから直線で更に一脚使えているのも良い点。ロスのない立ち回りと緩んだところで先頭集団に取りつけたのは展開向いたとも好騎乗とも言えますが能力なくできる競馬ではないでしょう。


ダービー2017
着順:7着
前半後半3F:37.1-33.8
ラスト4F:12.7-11.5-10.9-11.4

評価

直線だけで考えればラスト2F地点で最高速が見劣った分での敗戦とも言えるのですが、道中かなり行きたがったところを抑える場面が目立ちましたし行かせたのもレイデオロに捲られてから後出しでちょっとチグハグしてしまいました。距離も主戦場ではないですしそのロスを考えればラストの脚が足りなかったのを能力差と結論付けるのは控えた方がいいかなと思います。


富士2017
着順:5着
前半後半3F:35.6-35.0
ラスト4F:12.0-11.2-11.2-12.6

評価

不良馬場で行われたレース。当日全く伸びなかったインを突いた分ラスト伸びずに敗戦というレース。ここは馬場によるものが大きいので評価し難い。評価を下げる可能性はないが馬場差を考えて5着なら少し評価上げても良いレース。


マイルCS2017
着順:1着
前半後半3F:34.6-35.2
ラスト4F:11.9-11.5-11.6-12.1

評価
コーナリング⤴
持続⤴

ほぼ最後方集団にいたのでラップ分析は少々難しい。コーナーをしっかり加速しながら回りながらも膨れ過ぎずに即進路確保。そこから一気に先頭に迫るわけではなく直線を使い切ってのの差しきりなのでやはり持続性能で差しきったか。

まとめ

まだ明確な欠点を見せていない馬。ただどちらかというと持続性能に寄った馬だと思っています。これまで長く脚を引き出す場面が何度もありました。そしてもう一つの強みがペース依存度の低さ。ハイペースをまともに経験したことはないのでそこまでの対応力はわかりませんが少なくとも平均ペースを前目で進めても一脚使うことはできるでしょう。

少頭数ですしスローでも早めに動いて先団に取り付くという乗り方はできますし好走レンジは広い一頭でしょう。危険なパターンはスローペースで直線向いた段階で先頭と差があると瞬発力はそこまでないので出し抜けをくらう可能性はある。あと不安要素はここは叩き明白な点くらいか・・・


A:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

ウインブライト

スプリングS2017
着順:1着
前半後半3F:36.4-36.3
ラスト4F:11.8-12.1-11.8-12.4

評価
平均ペース適性⤴
持続⤴

前後半3Fでは平均ペース水準ですが、向こう正面にあたるラスト5F地点の下り坂でレースが動き出して11.7秒まで加速。その分ラストは速い脚を求められず勝ち切り。当馬はラスト3Fの緩んだところで一気に先頭に迫りコーナーは膨らんだ分プラチナヴォイスに一度離されたがラスト1Fで一脚使った。


皐月賞2017
着順:8着
前半後半3F:35.1-34.5
ラスト4F:11.9-11.4-11.4-11.7

評価
コーナリング性能⤴

スタートは外枠から後手を踏んで中団やや後ろくらいに位置。ラスト5F12.4のところから進出を初めてラスト4F地点から一気に先団に取りつきに行くもレース自体がここから動いたこともあってかなり外を回すことになりコーナーで脚を使った割に先頭との差は縮められずそのままロスなく回った馬が上位では為すすべなく。コーナーで攻めれた事は評価できる。


毎日王冠2017
着順:10着
前半後半3F:35.6-33.5
ラスト4F:12.1-11.1-10.7-11.7

評価
スローペース適性⤵
最高速⤵

ここは前後半3F2秒近いスローペース。直線ラスト2F地点の10秒台のところで完全に差を付けられてその分挽回できずに敗戦。ラストの持続性能に関してもやや微妙に映ったがこれだけ一気に脚を使うと厳しいか。瞬発力勝負は向かない感じが見えた。ただ加速は悪くない。


福島記念2017
着順:1着
前半後半3F:36.1-35.6
ラスト4F:11.6-11.6-11.5-12.5

評価
平均ペース適性⤴
コーナリング性能⤴
持続⤴

前後半3Fはスローペース水準だが、ラスト5F地点付近でマイネルミラノが捲って先頭まで立った事で一気にペースアップ。その中で先頭集団の位置はキープしながらラスト3F地点で動き出してコーナーで先頭に並びかけて直線へ。ラストこそ大きく減速したが実質ラスト5Fからレースが動いているのでそこは仕方がない。後方馬対等の流れを一脚使って抜け出したのは高評価。


中山金杯2018
着順:2着
前半後半3F:36.5-35.3
ラスト4F:11.7-11.5-11.6-12.2

評価

ここも福島記念と似たパターン。ラスト5F地点でマイネルミラノが先頭に立ちそこで一気にペースアップ。ラスト5F11.3-11.7-11.5-11.6-12.2で瞬発力よりも持続性能問われた展開。ラストはセダブリランテスに差されたがこれは斤量分程度のもの。

まとめ

一番の武器は流れたペースからの一脚だろう。瞬発力は重賞レベルでは脚を引っ張るが道中流れてもしっかりポジションキープすることができる。なので流れたペースからでは大崩れはしないだろう。あと道中の位置取りが悪くともコーナーで攻めることができるのである程度なら挽回もできる。

理想は流れたペースを前目で流れに乗りコーナーから勢いに乗せて先頭に近い位置で直線を向いて一脚で引き離し粘り込み。逆にスローペースで直線勝負に偏ると瞬発力が足りないので完全に置いていかれてしまい大敗を喫する。

少頭数で後方馬が出し切りやすいのは相対的に見ればマイナス。多頭数でゴチャ付いた方が器用なこの馬にとってはいい。今回はペースを流しそうなマルターズアポジーがいるし2番手辺りをキープしつつ一脚使えば展開は向きそう。


B:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!