【フェブラリーS2018】出走有力馬分析 その3

【フェブラリーS2018】出走有力馬分析 その3

ダートはラップ分析というよりはレースレベルや大雑把な展開で予想する方が効果的だと個人的には思っているので、

フェブラリーSはいつもの【解説】というより【短評】という感じで書いていきます!

 


鍵:予想プレゼント抽選のキーワードは?
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
抽選や応募はツイッターで!


ツイッターでは週末重賞の予想を無料プレゼント企画やってます!フォローお願いします(^^)/

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

 

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

■目次(各馬まとめへ)
1.ゴールドドリーム
2.ケイティブレイブ
3.ベストウォーリア

 

前回記事は
【フェブラリーS2018】出走有力馬分析 その1

フェブラリーS予想オッズ

ゴールドドリーム

昨年ドバイ遠征後は成績奮いませんでしたが前走チャンピオンズCで見事復活。今回も期待される1頭です。

元々地方では取りこぼしがありましたしこれが砂が合わないという事なんでしょうか。とりあえず私はそれで処理するつもりです。そう考えれば大抵の馬は海外遠征後調子を戻すのにかなり苦労しますし不調期間は納得です。

他に崩れたレースといえば3歳時に挑戦したチャンピオンズC。これは3歳だったので崩れたこと自体は評価を落とすものでもなく並の馬なら当然の結果。しかし当馬は当時の段階で古馬相手にやりあえていたので他に原因がありそうと考えた所、結構ポジションを外から主張した上でラスト4,5F最速でそこから減速していく展開でなし崩し的に脚を使わされたのが合わなかったと考えます。

そして前走のチャンピオンズCは後方で脚をしっかり溜めて直線弾けて押し切り。今回も後方から前走同様の競馬をしてくる可能性が高いでしょう。早仕掛けを誘発する馬がいたりテイエムジンソクが飛ばしてあまりに縦長になると差しあぐねる事はあるでしょう。それらを踏まえて現時点評価は・・・


A:現時点の評価は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

ケイティブレイブ

中長距離ダートで昨年一気に最上位まで駆け上がった当馬。

当然中長距離ダートを中心に使われてきていて前走川崎記念G1で勝利。普通に考えれば適性抜群と思われるG1のそちら(川崎記念)がメイチと考えるべきでしょう。

今回は出来落ちは想定の上でそれでいてどこまでやれるのか?を考えるべき馬だと思います。そういった意味ではチャンピオンズCでは平均ペースでテイエムジンソクには完敗していますし適性的にもそれよりも更に距離は短くなる。もちろん無理逃げからの前残り一発は一応頭に入れますが・・・


B:現時点の評価は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

ベストウォーリア

昨年フェブラリーSまでは超安定勢力として常に人気していましたが流石に人気を落としてきての出走。

武蔵野Sでは逃げの一手を打ったものの前残りの中で崩れてしまいました。それ以外の交流重賞でも昨年フェブラリーSを境に結果を残せていません。

その中で前走根岸Sがフレグモーネで取り消し明けで直行となると・・・


C:現時点の評価は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!