【小倉大賞典2018】出走有力馬分析 その1

【小倉大賞典2018】出走有力馬分析 その1

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!

■目次(各馬まとめへ)
1.ウインガナドル
2.ダッシングブレイズ
3.トリオンフ

小倉大賞典予想オッズ

ウインガナドル

寒竹賞2017
着順:3着
前半後半3F:36.0-35.3
ラスト4F:12.3-12.0-11.8-11.5

評価
スローペース適性⤵
最高速⤵

このペースを逃げて直線向いた所で一脚使うもペース緩んだ割にリードを持てなかった分で後方馬の瞬発力に屈して最後差し込まれて3着。緩めたからと言ってその分後方馬に優位を持てるほどの瞬発力はなさそう。平均ペースくらいに流して後方馬の脚を削る方がいいタイプか。


あすなろ賞2017
着順:7着
前半後半3F:33.7-36.1
ラスト4F:12.2-12.0-12.0-12.1

評価
ハイペース適性⤵

サマーサプライズが捲られてズルズル下がったのと同様に内で後方まで下がってしまった。前半の2,3F目がかなり早くなってしまいそこで無理したのもあったか。手応えも良くなく直線では見せ場なく終わった。前半あまりに流れると厳しい可能性あり。


夏木立賞2017
着順:1着
前半後半3F:38.3-34.9
ラスト4F:12.7-11.4-11.5-12.0

評価

重馬場だったにしろかなりのスローペースを逃げて勝利。直線で1.3秒加速に対応自体は評価したいが如何せんペースも馬場も特殊で何とも言い難い。メンバーレベルも微妙なレースで評価は難しい。水準並みにスローペースへの対応力はありそうかな?程度に留める。


ラジオNIKKE賞2017
着順:2着
前半後半3F:35.3-35.4
ラスト4F:11.7-11.9-11.6-11.9

評価
平均ペース適性⤴

これを先頭で引っ張って4角から加速。ラスト1F地点で一度並びかけられた所から再度差し返すも最後は脚色劣って2着。終始淡々とした流れで一脚使って後方馬達を封じ込めたのは一定評価は可能。1着馬は中山金杯で同様の淡々と流れたレースを勝ったセダブリランテスなので評価できるレース。


新潟記念2017
着順:4着
前半後半3F:35.2-34.6
ラスト4F:12.0-11.4-11.2-12.0

評価
最高速⤵

スローペース水準だが3,4F目が早く中盤でも息が入り切らず、コース平均よりはやや早めのラップを踏んで逃げた。最序盤外枠から脚を使ってポジション取りをした事が原因。その中でリードも大して作れずなら4着まで踏ん張れたの事をむしろ評価したい。多少流れた事でラスト10秒台に突入するような所がなかったのが良かったか。


菊花賞2017
着順:16着
前半後半3F:37.8-40.0
ラスト4F:12.9-13.4-12.7-13.9

評価

ペースも速かった上に極悪馬場に加えて完全前崩れのレース。流石に度外視で良さそう。


まとめ

スロー~平均ペースでは直線2Fでそこそこ速い脚を使えるのが当馬。ハイペースまで流れた時の信頼感は今のところない。もちろんサンプル少なく見えていない未知の部分はあるがやはりハイペースまで流れると現状は不安の方が大きい。しかし未勝利時に遡るが10秒台に突入する所があると完全に置いていかれるのであまりスローでも難しい。

ベストパターンを考えると、ややスローペース~平均くらいを先頭で進めてレース全体の動き出しが遅く、当馬は中速2Fの脚をラスト2.5-3F地点くらいから使ってリードをしっかり持てれば残しきれるかもしれない程度。あまりに他馬依存の要素が大きいし好走レンジは狭いと言わざるを得ない。

瞬発力は重賞レベルでは明らかに見劣るので、とにかくしっかり直線の一脚でリードを作りたい。平均ペースで他馬の脚を削ぎつつ前目が好走条件なので騎乗次第ではチャンスがあると言えるが。現時点評価は・・・


A:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

ダッシングブレイズ

洛陽S2017
着順:1着
前半後半3F:36.4-35.0
ラスト4F:11.9-11.5-11.6-11.9

評価
コーナリング性能⤴

前後半3F1秒以上のスローペースで坂の下りから動いたレース。ラスト3F最速で持続性能も求められるレースではあったが当馬は内を綺麗に回ってラスト3F地点の4角では他馬に勢いで見劣っているので当馬はラスト3F地点で脚を極力使わず、更に立ち回りの差でポジションをあまり悪くしなかった。そしてラスト2F地点で一気に先頭に迫って1着。


マイラーズC2017
着順:8着
前半後半3F:35.3-33.4
ラスト4F:11.4-11.3-10.8-11.3

評価
スローペース適性⤵

ラスト4Fから11秒台前半でラスト2F地点では10秒台。流石にこのレベルの瞬発力戦になると厳しかったのか?という内容。4角段階の位置取りからでは32秒台前半を使わなくては届かなかったので着順自体には言い訳が効くがそれでも瞬発力で他馬に見劣ったのは事実。ただラスト4F地点からかなり速いので持続性能の分でラストに脚が残せなかったという可能性もある。


京王杯SC2017
着順:7着
前半後半3F:36.4-34.2
ラスト4F:12.6-11.6-11.1-11.5

評価

重馬場でスローペースからラスト3F勝負。ここでもラスト2F地点やや厳しくそこの差を詰めきれなかった。瞬発力の割にポジション後ろ過ぎたのが敗因か。この距離だと前半苦労するし直線のみの勝負で何とかする事もできない様に見える。


エプソムC2017
着順:1着
前半後半3F:36.1-34.5
ラスト4F:11.7-10.8-11.6-12.1

評価
コーナリング性能⤴
持続⤴

ここは前後半3Fはスローペース水準ではあるがラスト5Fで加速してその後ラスト3F最速で10秒台でそこから減速していく前目の馬には持続性能大きく問われるタフな流れ。コーナーでポジション押し上げてラスト他馬を捉えて1着。距離延長で!というよりは持続性能問われたのがよかったか。

まとめ

純粋な瞬発力勝負では近況厳しかったが前走持続性能大きく問われる内容で結果を残した当馬。2走前京王杯SCと前半エプソムCの流れの厳しさを考えれば距離延長でどうこうという事ではなくとにかく持続性能求められる展開がいいという事だろうと思います。コーナリング性能は高いのでその点も活かせればより良いだろう。

スローペースになり過ぎると瞬発力の低さから厳しいが内を立ち回ってその点をカバーする事はできる馬。なので内枠がとにかく欲しい馬でしょう。そういった意味ではコーナーでレースが動きやすく最高速もそれほど求められない小倉は合いそう。1800mなのでポジションも取れればなお良し。現時点評価は・・・


B:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m

トリオンフ

筑後川特別2017
着順:2着
前半後半3F:37.1-34.5
ラスト4F:12.1-11.7-11.3-11.5

評価
持続⤴⤴

超スローペースで道中押し上げていく騎乗でカバー。それでも流石に中盤無理やり押し上げていった分で5F近く脚を求められて1着馬の瞬発力に屈してしまった。それでもラストそれ程落としていないので持続性能は結構評価できそうな感じがする。


若戸大橋特別2017
着順:1着
前半後半3F:37.1-35.5
ラスト4F:12.3-11.8-11.7-12.0

評価
持続⤴

前後半3Fで見ればスローペースだが全体で見ると12.7-12.0-12.4-11.7-11.7-12.3-11.7-11.8-12.0と中盤でペースアップ。ラスト4F地点で一度息が入っているが当馬はここで先頭との差を詰め始めてラスト3F地点で一気に先頭と並びかけたのでレースラップ以上にラスト3F最速の持続性能問われたレースだったと言える。ここでも持続性能が評価できそうなレース。


近江特別
着順:2着
前半後半3F:35.7-35.7
ラスト4F:11.8-11.9-11.7-12.1

評価

平均ペースではあったがラスト5F地点で大きく息が入って馬群が短くなってしまった。ラスト4F戦ではあるが後続馬とのリードも小さく大きく息が入った分後続馬の脚を削ぐ事ができなかった事により瞬発力に屈した様に映る。


1000万下2017
着順:1着
前半後半3F:37.8-34.3
ラスト4F:12.5-11.4-11.1-11.8

評価

ここは結構なスローペース。コーナーで仕掛けて直線向いた段階では先頭。かなりの加速をしているし最高速も悪くない。ここまでのレースを見ている限り瞬発力は劣るタイプだと思っていたがこっちがベストな展開で平均ペースよりもいいのかもしれない。


寿S2018
着順:1着
前半後半3F:35.4-35.3
ラスト4F:11.9-12.1-11.1-12.1

評価

平均ペース水準ではあるがデンコウリキがかなり離して逃げたので2番手以降の馬はスローペース水準だと思う。そしてコーナーで息を入れて後方を一度引き付けてから直線向いて1秒以上の加速で抜け出して最後はラップを落としているがこれは流してのもので余力あり。

まとめ

まだ強い相手とは戦っておらず明確に崩れたレースもないので難しい所ではあるが、まずコーナーリング性能の高さは評価したい。小回りのコースなら大きな武器になるだろう。

そして難しいのが近2走の圧倒的な勝ちっぷり。共にスローペースを前目で進めて瞬発力で抜け出してそのまま押し切るという競馬。もちろんこれだけならそういう展開が得意な馬で片づけたのだが3,4,5走前は持続性能も平均ペースから一脚使える所も見せておりどちらがベストなのかわかりかねる。単純にパフォーマンスが高いのは近2走なので現時点ではスローペースがベストとする。

重賞レベルでどこまでやれるかはわからないが、通用の可能性は充分感じる。もちろん平均ペースや持続性能求められる展開でも好走できる可能性はあるが現状はその展開では重賞ではやや足りないくらいで考えようと思います。


C:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!
※紹介文の文字数制限の兼ね合いで週末まで常時掲載はできないのでなるべく早めに見ておいてくださいm(__)m


重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]

 

友だち追加
ブログの更新情報やLINE@限定情報を配信予定です!
時間限定の情報も掲載するブログなので見逃さない様に友達追加よろしくお願いします(^^)/
まだまだ余裕はありますが5000人限定のLINE@なのでお早めに!