【クイーンC2018】予想と有力馬解説

【クイーンC2018】予想と有力馬解説

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

クイーンC予想オッズ

マウレア

新馬戦・赤松賞は共に今回と同じ舞台東京1600mで勝利。

新馬戦ではレースラップがラスト3F11.7-11.3-11.5で当馬は映像から確認するとおおよそ11.8-11.0-11.3くらい。少し加速に時間が掛かった気がしないでもないが瞬発力は最低限はあるだろうという内容。

赤松賞ではラスト3F11.7-11.1-11.2のレースラップを押し切り。ここはかなりのスローペースで瞬発力が問われる形になったが動き出しの速さで押し切った形。ラスト1F地点手前でエルフィンS勝ちのレッドサクヤに一気に差を詰められたので瞬発力に関しては見劣った。ここだけで見ればむしろラストまで脚を鈍らせなかった持続性能が良く見えた。

そして阪神JFではラスト3F11.9-11.0-11.5のラスト2F地点で見劣った分の着差負けました。ラストのゴール直前は再び着差を詰め返しているので瞬発力は世代トップ級(ここでは阪神JF上位=世代トップ級とする)相手だと劣る感じ。そこら辺相手だともう少しポジションを主張したり持続性能を活かす競馬したい馬でしょうか。

今回は東京ですし直線目一杯使えば当然力は発揮できると思いますが、瞬発力勝負になった時の前目を捕まえられず伸びるも・・・という取りこぼしも充分ありえるでしょう。

ツヅミモン

新馬戦はスローペースでラスト3F12.0-11.5-11.7の直線のみの瞬発力勝負。3着以下にば着差こそ付けたが2着フレッチアが未だに未勝利でくすぶっているし、スローペースから直線勝負でのラップなので別段目を見張るポイントはなし。

シンザン記念はラストまでほぼ減速はなしではあったが瞬発力に劣る分アーモンドアイには屈した。カシアス・ファストアプローチに先着で来たのはメンバーレベルからは一定ライン評価できそう。

個人的には正直現在ある情報だけでは捌ききれない馬です。シンザン記念のメンバーレベルからは牝馬限定のクイーンCのレベルならば充分通用という事で人気なのでしょうが、まだ馬のキャラが見えてこないので何とも言えない感じで評価保留としたい馬。

テトラドラクマ

新馬戦は距離も短くポジションを取れずに後方からで凡走止む無しで度外視で。

3走前のの未勝利はラスト4F12.2-11.2-11.3-11.6とコーナーで加速して直線入口で最速。ラスト2F地点でフェアリーS勝ちのプリモシーンに一気に差を潰されて差しきられてしまったが、当馬自身もラスト3Fは大きく減速せずに踏ん張ったのは高評価。持続性能は評価できそうなレース。ただ瞬発力はプリモシーンに明らかに見劣ったので、ある程度リードを持って直線に入らなくては苦しいかなと思えるレース。

2走前の未勝利は前後半3F34.7-34.8の平均ペース。ラスト4F12.4-11.7-11.6-11.5で息は入ったとはいえ前半速かった中で後半減速するどころか加速したまま押し切るのは非常に好内容。2着馬も次走勝ち上がっているしそこからも評価できる。プリモシーンに負けた未勝利から考えれば瞬発力が問われない流れになったのが良かったのではないかと推測できる。

フェアリーSはフィルハーモニーが捲って完全な4F戦になったレース。完全に前目は崩れているし展開が厳しかったのもあり、むしろその中で5着まで粘り込んでいるのだから高評価をしてもいいのかも知れないレース。ただ2走前の未勝利から考えると、ちょっと物足りなくも感じなくはないがこのペースで大外枠からポジションを主張したのもあるし及第点以上はあるだろう。

今回は東京でコーナー手前から動く意識を少しでも持っていれば自然と持続性能は活かせるし積極的な騎手が乗るのでそこら辺は期待しても良さそう。瞬発力勝負はまだ未知の馬にやられる危険が大きくなるがペースを流したうえで一脚を発揮できる馬となるとかなり限られるはずなのでポジションは主張して欲しい。

フィフニティ

新馬戦は新馬戦らしくスローペースからの直線瞬発力勝負。ラスト3F12.2-11.5-11.6でラスト2F地点で先頭を捉えているので加速性能は一定のものは持っていそう。メンバーレベルは次走以降好走馬が4頭でているし低くはないと思うが高いと言える要素も乏しい。現状では見えている要素が少なすぎるので何とも言えないという所。

流れたペースへの対応力は未知(単純に経験がないので丁半博打)なので人気していますし、流れる想定ならその他血統や調教からの推しポイントがない限り抑え以上にするのは期待値低いかもしれません。

オハナ

新馬戦は超ドスローかつ重馬場で補正する要素が大きく判断し辛いのですが、ラスト3F12.2-11.1-11.0で減速しなかったこと自体は動き出し遅いので何とも言えませんが、1秒以上の加速に対応した点は評価できそうです。

菜の花賞もレースラップは先頭が離して逃げた上で前後半3F36.4-35.2なので実質結構なスローペースだったと思います。ここもレースの動き出しは遅く直線の瞬発力勝負。加速にも対応しましたしラスト1Fで3馬身近く一気に差を詰めての勝利。

2走共仕掛け所が遅くそれを一気に加速して最高速もある瞬発力勝負で勝利でその展開に強い馬だと思います。持続性能は未知数ですがまあこの手の馬の相場はそれ程使える脚は長くないので、現状では所謂キレる馬だと考えるのがベターでしょう。もちろん使える脚が長かったり流れたペースにも対応できるなら今後とも活躍していく馬になるでしょうがそれは今回を含めてこれから判断していく事。今回に関してはとりあえずスローペースで直線勝負になると読むならば狙いやすいでしょう。あとこういう馬は器用な事が多く展開向かなくてもある程度形にしてくれる可能性は他馬よりは多少高いとも言えます(イスラボニータなど)。まあ流石に現段階でタイプを断定はできないので仮説の1つとして頭に入れてみてください。



この中で最も注目している馬は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

重賞最終結論・平場(主に京都阪神)全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]