【京都記念2018】予想と有力馬解説

【京都記念2018】予想と有力馬解説

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか


結局レイデオロはどうするの??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

京都記念予想オッズ

モズカッチャン


良馬場ではスローペースでしか結果を出していないが現状スローペース専用機だとは考えない。当馬の好走条件は瞬間的な加速で先頭に立ってしまうか、レース自体の仕掛け所が遅くなって射程圏に前の馬がいるかのどちらか。秋華賞では流れた中で一脚を使って3着確保したがコーナーで息が入って楽にポジションを押し上げられたのが最大の好走要因で展開が向いたと言えるだろう。コーナリング性能が高く持続性能の低くとも立ち回りの上手さで誤魔化せるタイプ。

アルアイン

当馬の特徴がコーナリング性能の低さ。まだ半信半疑の域は出ないが皐月賞はコーナーでラチ沿いで加速しようとしたが他馬比較でかなり置いていかれてしまった。たぶんコーナーで膨らまずに加速していくのが苦しいタイプ。今回この点はコース的にも頭数的にも大きくは問われないし数字だけだと苦手としているが、それぞれ敗因はあるので条件は悪くない。

とにかく瞬発力戦になると分が悪いのでラスト4Fの下り坂からしっかり動いていきたい馬なのは間違いなく鞍上には早めに仕掛けていく意識を持ってほしい。流れさえ作れればレイデオロ比較でもそれ程見劣らないはず。ただ馬場が渋ったのは歓迎ではないか。

クロコスミア

スローならばこの牡馬相手でも期待できる馬だと思う。武器は瞬間的な早い脚。加速性能に特化したタイプで最高速性能も高いのでスローになればなるほどいいだろう。理想は仕掛けは直線まで突かれずに待っての遅仕掛けだが、序盤が早くなると一気にダメになる可能性が高い展開依存が大きい馬なので割り切りの馬。

しかし近走は3走前淡々とした流れでの押し切りと新しい面を見せており、2走前もかなりスローペースではあったとはいえラスト3F全て11秒台前半を刻んでラストも落とさずで少しは成長あったと見て良さそう。ペースを落として仕掛け所が遅れる理想の展開は同時にモズカッチャンの理想の展開でもあり、それで前走僅差ながら敗れているので近走見えた持続性能の向上を活かしてちょい早めの仕掛けの方がモズカッチャン比較ではおもしろいかも。

何にせよある程度人気してくるならば、アルアイン辺りが動いてくる可能性もあるし、クリンチャーが淡々と流す可能性もあるので理想の展開でどこまでやれるか?よりもそうならなかった時に近走見せる成長分でどこまでやれるか?という考え方の方がいいと思います。

クリンチャー

淡々とした流れから3F程度そこそこの脚を使える馬。スローからでは主に最高速性能の低さで他馬比較で完全に見劣る。ただし当馬自身が展開を作る事ができる馬だし、当馬が4F戦に持ち込めば好走パターンとなる。

スタートからの出脚が遅いので内過ぎる枠だと中団からの競馬なんて可能性も考えられる。それでも前走は道中押し上げて行けたし内に包まれて身動き取れない状態にならない限りは自分の競馬に持ち込んでくれるか。

今回枠は内目だが頭数も少ないしその点から大きく減点は必要ないと思います。前走菊花賞は不良馬場で最高速求められない中で結果を出しました。今回のメンバーで瞬発力勝負になると相当道中恵まれないといけませんし土曜日の雨で如何に渋ってくれるかがカギになりそう。いっそハイペースで飛ばすくらいの競馬でも面白いと思います。

プリメラアスール

正直このクラスで通用する明確な武器は見えてこない。持続性能は並にはありそうだが加速・最高速性能が見劣り。3走前大原Sもペースと馬場の恩恵による所が大きいだろう。

ベストはスローから4F戦かなーとも思うがこの展開だとライバル多すぎて結局見劣りしてしまう。好走あるとすれば単騎逃げでリードを大きく持ったまま直線を向く展開くらいだがあまりに他力本願で平均ペースに流したいクリンチャーなどとも噛み合わず。

ミッキーロケット

今までのレースを見る限り明らかに加速地点が明確に入ると置いていかれるタイプ。なので坂の下りで勢いを付ける事ができて直線がそこそこ長いコースだと加速の悪さを補填しつつ仕掛け所が坂の下りからになる分で持続戦の色が出てくると好走パターンに持っていける。中京や京都阪神外回りで好走しているのはここから説明可能。

となると今回は京都外回りなのでコースは合う方ではある。ただ京都重賞で4着を外していないのは確かなのだが、稍重だったり中盤流れたりでどれも直線の最高速は大きく問われてこなかった。今回も雨予報でその点は向いてくる可能性はあるのだが前走が持ち味の持続性能にまでケチが付く敗戦で不安が残ります。ただし今回も結果的に馬場はかなり当馬に味方しそうで人気落ち分を加味すれば充分期待値ありそう。



上記6頭の中から消す馬は??
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

 

最終的な馬券や京都記念予想・京都全レース予想などに興味ある方はこちら記事から

[clink url=”http://takutinkeiba.com/sample-page/”]