【京都記念2018】出走有力馬分析 後編

【京都記念2018】出走有力馬分析 後編

記事中で出てくる用語解説
持続性能:速い脚を使える距離
加速性能:優~悪で評価。最高速に到達するまでの時間
最高速性能:自身の出せる最高速度
ペース依存度:低いほど優秀。ラストの脚に道中のペースがどれだけ影響するか
スピード:道中のペースの速さにどれだけ対応できるか

■目次(各馬まとめへ)
1. クリンチャー
2. プリメラアスール
3.ミッキーロケット

京都記念予想オッズ

クリンチャー

すみれS2017
着順:1着
前半後半3F:35.7-36.0
ラスト4F:12.1-11.8-11.9-12.3

評価
平均ペース適性⤴
持続⤴

中盤も大きく緩むところはなく淡々としたレース。そしてラスト3F地点が最速でそこから坂の分を考慮すればほぼ減速なく最後まで脚を使えたのは持続性能を評価できる。


皐月賞2017
着順:4着
前半後半3F:35.1-34.5
ラスト4F:11.9-11.4-11.4-11.7

評価
平均ペース適性⤴
持続⤴

ラスト4F11秒台を刻んだ。向こう正面の下り坂で11秒台に入ってしまい息が入る事もなく前後半3Fはスローペース水準といっても結構淡々と流れたレース。そして外からポジションを上げて先頭で直線を向いたので当馬に関してはラスト3Fが明らかに最速地点。それでも4着まで粘り込んだのはそこそこ評価できる内容か。


ダービー2017
着順:13着
前半後半3F:37.1-33.8
ラスト4F:12.7-11.5-10.9-11.4

評価

瞬発力戦になって仕掛け所も遅くなった。スローペースにコントロールされてレイデオロが捲っていく時にも動き出せずにポジションを下げてそのまま直線を迎えた。この展開で何とかできる要素は持っていないので凡走止む無し。


 

セントライト記念2017
着順:9着
前半後半3F:35.8-34.0
ラスト4F:12.0-11.7-11.3-11.0

評価

序盤3Fタイムこそ平均とさほど差のない平均的なラップ。しかし4,5,6Fが13.1-12.9-12.8と向こう正面の下りも含めてかなり緩んだ展開。序盤はかなり押していったがポジション取り切るのに苦労。ラスト3F地点で動き出すが展開自体が遅すぎて直線では11.3のところで置いていかれてしまってどうにもならず。前哨戦なので攻めたペースを作るのは難しかったのは仕方ないが、やはり緩んだペースでは厳しい。

まとめ

淡々とした流れから3F程度そこそこの脚を使える馬。スローからでは主に最高速性能の低さで他馬比較で完全に見劣る。ただし当馬自身が展開を作る事ができる馬だし、当馬が4F戦に持ち込めば好走パターンとなる。

スタートからの出脚が遅いので内過ぎる枠だと中団からの競馬なんて可能性も考えられる。それでも前走は道中押し上げて行けたし内に包まれて身動き取れない状態にならない限りは自分の競馬に持ち込んでくれるか。

今回枠は内目だが頭数も少ないしその点から大きく減点は必要ないと思います。前走菊花賞は不良馬場で最高速求められない中で結果を出しました。今回のメンバーで瞬発力勝負になると相当道中恵まれないといけませんし土曜日の雨で如何に渋ってくれるかがカギになりそう。いっそハイペースで飛ばすくらいの競馬でも面白いと思います。


D:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

プリメラアスール

マーメイドS2017
着順:8着
前半後半3F:36.0-35.0
ラスト4F:11.7-11.2-11.3-12.5

評価
平均ペース適性⤵

割と大きく緩むところはなく淡々としたペース。そしてラスト3F地点のコーナー最速でここでリードを失ってしまった。ここは正直力負けとしか言いようがない内容。コーナー最速を嫌って緩めて直線で巻き返す術はなかったし、道中をこれ以上ペース上げていてもたぶん自滅だっただろう。


博多S2017
着順:2着
前半後半3F:35.0-36.0
ラスト4F:12.2-12.3-11.8-11.9

評価

コパノマリーンが大きく離して逃げて作ったペースなので実質はスローペースだろう。ラスト3F地点位から先頭との差を潰し始めたので動き出しはその辺り。ラストはしっかり後方で脚を溜めた馬に差しきられた。リードなしで直線を迎えてそこからリードを作る為の瞬発力は乏しいのでここは2着までで止む無し。


ムーンライトH2017
着順:4着
前半後半3F:37.9-35.0
ラスト4F:11.6-11.5-11.7-11.8

評価
持続⤴

前後半のバランスは超スローペース水準ではあるが、向こう正面で一気の後続が突つき出してペースアップで5F目から11秒台に突入。序盤ここまで緩んでいるので評価はし辛いがラスト6Fから11秒台をラスト1Fまで粘って最後も僅差の4着まで残しているのである程度の持続性能も見込めるか。


大原S
着順:1着
前半後半3F:37.7-33.5
ラスト4F:11.9-11.3-11.0-11.2

評価

序盤かなり緩んだ超スローペース。坂の下りからコーナーでも減速せずにそのままの勢いでゴールまで押し切り。かなり時計も出ていてラストも全く止まらずのレースで1600万上位のメンバーの中で押し切ったこと自体は評価。あまりにもスローだったので最高速性能は評価し辛い。

まとめ

正直このクラスで通用する明確な武器は見えてこない。持続性能は並にはありそうだが加速・最高速性能が見劣り。3走前大原Sもペースと馬場の恩恵による所が大きいだろう。

ベストはスローから4F戦かなーとも思うがこの展開だとライバル多すぎて結局見劣りしてしまう。好走あるとすれば単騎逃げでリードを大きく持ったまま直線を向く展開くらいだがあまりに他力本願で平均ペースに流したいクリンチャーなどとも噛み合わず。


E:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!

ミッキーロケット

京都大賞典2017
着順:4着
前半後半3F:35.6-34.4
ラスト4F:11.7-11.5-11.4-11.5

評価
持続⤴⤴
加速⤵
最高速⤵
コーナリング⤵

前後半1秒以上のスローペースではあるが中盤やや早く流れたので多少タフな展開。ラスト4F地点では他馬の動き出しに対しやや後手を踏みポジションを悪くしてしまい直線へ。ラスト4F地点から大きく早くなることもなく数字のままに4F戦で最後まで脚は伸ばし続けたものの後方から差しきる瞬発力はなく4着まで。


中日新聞杯2017
着順:2着
前半後半3F:36.0-34.3
ラスト4F:12.1-11.6-11.2-11.5

評価
持続⤴
加速⤵
最高速⤵

ラスト2F地点での11.2秒地点では置いていかれたがラスト1Fでも脚を鈍らせる事なく伸び続けての2着。道中は徐々に加速していく流れでしっかり流れに乗れてポジションをキープできたのが良かった。やはりここでも瞬発力の低さは見せたので重賞級では明らかに脚を引っ張る要素になりそう。


日経新春杯2018
着順:4着
前半後半3F:36.0-34.6
ラスト4F:12.3-11.6-11.4-11.6

評価
持続⤵
最高速⤵

結構なスローペースでの1戦。コーナーで早めに仕掛ける意識は持ってラスト4F地点から勢いを付けて外目を回って直線へ。直線向いた段階で勝ち馬パフォーマプロミスと並んでいたがそこから突き放されての4着。瞬発力には元々期待できる馬ではなかったので直線出口で一度離されるのは許容範囲だったがラスト1Fで脚が鈍っているので持続性能にもケチが付く内容。

まとめ

今までのレースを見る限り明らかに加速地点が明確に入ると置いていかれるタイプ。なので坂の下りで勢いを付ける事ができて直線がそこそこ長いコースだと加速の悪さを補填しつつ仕掛け所が坂の下りからになる分で持続戦の色が出てくると好走パターンに持っていける。中京や京都阪神外回りで好走しているのはここから説明可能。

となると今回は京都外回りなのでコースは合う方ではある。ただ京都重賞で4着を外していないのは確かなのだが、稍重だったり中盤流れたりでどれも直線の最高速は大きく問われてこなかった。今回も雨予報でその点は向いてくる可能性はあるのだが前走が持ち味の持続性能にまでケチが付く敗戦で不安が残ります。なので個人的に今回の扱いは・・・


F:現時点での当馬扱い予定
バナークリック⇒ブログ説明文に書いてます!